【半分、青い】140話のあらすじと視聴率!永野芽郁の旗とOPが繋がった!

半分青い24週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第24週「風を知りたい!」

?話が9月?日?曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】?話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】140話の視聴率

半分青い24週4

【半分、青い。】140話の視聴率は、22.0%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】140話のあらすじネタバレ

律(佐藤健)は、鈴愛(永野芽郁)のひと言から、そよ風の扇風機を作ることをひらめいた。

そこで律は、鈴愛に扇風機のデザインを任せた。花のような絵だった。

扇風機を解体した律。ロボットの研究開発に比べれば簡単だ、と自信をのぞかせた。

律は、いつか秋風(豊川悦司)からまわり道も繋がっている、といわれた言葉を胸に菱松電機を退社。

扇風機を作るためにシェアオフィスに事務所を構える。

そして正人(中村倫也)も巻き込んで、そよ風の計測をスタートさせる。扇風機と自然の風の違いを調べていた。鈴愛は理系の本を律に借りて勉強。風を知ることに一生懸命だ。

鈴愛は律や正人との別れを思い出していた。時間がすべてを解決してくれた。

律は引き止められたことに救われた。見返してやる、小さなプライドがなくなったからだ。人生は根性なのか、とも思う。まだ失敗したらと考えていた。正人も同じで、50才の恋人にプロポーズをためらっていた。

そんなとき、鈴愛に草太(上村海成)から電話がきた。母・晴(松雪泰子)が急変したという…

【半分、青い。】140話の感想

【半分、青い。】140話のまとめ

140話:永野芽郁の旗とOP(オープニング)が繋がった!

『半分、青い。』OP(オープニング)では、リボンを鈴愛(永野芽郁)がリボンをヒラヒラさせます。

これが140話で繋がりました!

風の計測のときにリボンをヒラヒラさせる永野芽郁。

オープニングもですが、秋風羽織先生も秋の風を羽織ると書きましたね。岐阜でのお墓参りの時から風が意味深に描かれてきた本作。

鈴愛と律のそよ風の一大発明に注目です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第24週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説【半分、青い。】第24…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク