【この世界の片隅に】7話ネタバレと視聴率!原爆投下から目を背けてはいけない!

この世界の片隅にドラマ表紙

【この世界の片隅に】7話のネタバレと視聴率!

ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)第7話が9/19(日)よる10時20分から放送されました。

7話は運命の日、広島の原爆投下がついに描かれました。

視聴者からは「つらい」という声が多いですが、一方、現実にあった戦争から目を背(そむ)けてはいけないと反響が!!

今回はドラマ『この世界の片隅に』7話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年7月期のTBS日曜劇場は、ドラマ『この世界の片隅に』! 主演はアニメ映画版の"のん"(能年玲奈)ではなく松本穂香。 …
【この世界の片隅に】視聴率と最終回ネタバレ! 2018年7月期の日曜劇場はドラマ『この世界の片隅に』 原作の同名漫画はア…
スポンサーリンク

【この世界の片隅に】7話の視聴率

この世界の片隅に7話1

【この世界の片隅に】7話の視聴率、関東地区の予想

前回、関東地区での6話視聴率は番組ワーストの8.5%。

ただし6話の放送時間は通常より1時間20分遅れで、キミスイの実写映画が裏番組にありました。

7話の裏番組は「NHKスペシャル」、「行列…」(日テレ)「スポーツ王…」(テレ朝)「池の水全部抜く…」(テレ東)「逃走中」(フジ)など。

池の水も逃走中も人気なのでまた視聴率は苦戦?バラエティとは視聴者層が違うので、6話よりは大丈夫?

⇒【予想】6話の裏だった映画『きみの膵臓を食べたい』の地上波初放送のときよりは、視聴率が上昇か。視聴率ワーストから脱出して、9%台には乗せたいところ。

【この世界の片隅に】7話の視聴率(関東地区)

7話視聴率(関東地区)は、9.8%

6話から1.3ポイントのアップ。二ケタ台も見えてきました。

「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦」(テレビ東京)の平均視聴率は9.4%

やはりバラエティとの棲み分けができたようです。

【この世界の片隅に】7話の視聴率、広島地区は?

広島地区での7話視聴率は、22.0%

広島地区の6話視聴率・20.4%から1.6ポイントの大幅アップ!

広島地区の最高視聴率です。

(視聴率はいずれもビデオリサーチ調べ。リアルタイム視聴率)

【この世界の片隅に】7話のあらすじネタバレ

この世界の片隅に7話2

すず(松本穂香)は不発弾の爆発に巻き込まれた。全身包帯だらけとなり、北條家で目を覚ます。

径子(尾野真千子)は、すずがついていながら娘・晴美(稲垣来泉)が亡くなったため、生き残ったすずを罵倒する。

その一方で、径子は隣保会館で会った幸子(伊藤沙莉)志野(土村芳)にすずの精神的なケアを頼む。 サン(伊藤蘭)もまた、径子の言葉は本心ではないとすずに謝る。

そんな中、周作(松坂桃李)が家に帰ってくる。戦局の変化で訓練が中止になったのだ。久しぶりに夫の顔を見て緊張がゆるんだすずは、倒れてしまう。凄い熱だった。

すずは、「すみませんすみません」と繰り返す。「あんたが生きていて良かった」周作はそう言うが、良かったと言われても「何がえがった」と思ってしまう。

すずは歪(いが)んでいた。北條家が焼夷(しょうい)弾の被害に遭った時も、燃えれば家を出られると思ってしまった。

すずは周作に友達のリン(二階堂ふみ)を見てきて欲しいと頼んだ。そこへ妹のすみ(久保田紗友)が家族代表で見舞いに来た。すみは、居場所がない姉を気遣い、空襲のない広島へ帰ってくるよう伝えた。

昭和20年7月。呉は毎日のように空襲を受けた。空襲警報が鳴る中、鷺(さぎ)が広島方面へ飛ぶのを見送るすずは、空から銃撃される。そこへ周作が来て守ってくれた。しかし広島に帰ると言い張るすず。周作は残らないならリンの近況は教えないと言う。

同年8月6日。径子は広島に帰るのは無理だと言いつつ、すずを人殺しと責めたことを謝罪した。自分で決めた道だから不幸せじゃない、すずは周りに決められたからつまらないはず、だからいつでもいなくなればいいと伝えた。

ただし、径子はすずの世話や家事は苦でなかった。気兼ねせず自分で決めていい、「あんたが嫌にならん限り、すずの居場所はここや」と伝えた。

そこへ激しい光があった。すずはここに居させて欲しいと径子にしがみつく。光から遅れて激しい振動があった。空には大きな雲が上がっていた…

新型爆弾か?呉には情報が届かなかった。すずは広島方面へ行く人に同乗させてもらうようにお願いした。長い髪を結わなくていいように、肩より上までバッサリと切った。

【この世界の片隅に】7話の感想

運命の日=原爆投下から、目を背けてはいけない!

【この世界の片隅に】7話のまとめ

原爆投下の日、昭和20年8月6日が描かれた第7話。

尾野真千子の演技が光ります。トマトを見て晴美を思い出し嗚咽するシーンや、すずを責めていたのにすずの友人たちにフォローを頼んだり、すずに居ていいと伝えるシーンも見ていて胸に迫ります。

ドラマオリジナルキャラクターの幸子(伊藤沙莉)も良いです。すずを殴り元気づけるシーンなんて泣けます。伊藤沙莉の素なのか、自然すぎて…。つらすぎて…。

もちろん主演・松本穂香も難しい役を演じ切っています。これまでと爆弾後の表情・目つきの変化が凄い!

悲惨で見ていられない7話ですが、役者たちの熱演に対し、視聴者も目を背むけずに最後まで見届けることで応えたい。そして戦争の惨劇を後世に伝えたい。そう思う7話でした。

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク