【いつかこの雨がやむ日まで】5話あらすじと視聴率!星野真里犯人説の理由とは?

いつかこの雨が表紙

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』5話のあらすじと視聴率!

”まゆゆ”こと渡辺麻友・主演の『いつ雨』(愛称)5話が9月1日(土)に放送されました。

まゆゆのキスシーンが話題ですが、真犯人も混迷を極める第5話。

新事実が分かっても、それでも星野真里が何かしらの犯人説が高まる?その理由とは?

今回はドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』5話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。(見逃した方はFODプレミアムで)

ドラマ【いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)】のキャストとあらすじ! 主演は元AKB48の”まゆゆ”こと渡辺麻友! 原…
スポンサーリンク

【いつかこの雨がやむ日まで】5話の視聴率

いつ雨5話1

【いつかこの雨がやむ日まで】5話の視聴率は、分かり次第更新します。

ドラマ【いつかこの雨がやむ日まで】視聴率と最終回ネタバレ! 渡辺麻友がAKB48卒業後、連続ドラマ初主演! 劇中のまゆゆ…

【いつかこの雨がやむ日まで】5話のあらすじネタバレ

ひかり(渡辺麻友)の目の前でまた事故が起こる。「ロミオとジュリエット」のゲネプロ中、突然の照明の落下により、芽衣(宮澤エマ)が負傷してしまったのだ。劇団『ウミヘビ』でまたも起きた異変――さすがの天竺(吹越満)も劇団の一時休止を決める。劇団員らが動揺する中、ひかり(渡辺麻友)は兄・國彦(桐山漣)が関与しているのではと不安を抱いて……。

一方、ひかりの思いを尊重し、ひかりとは距離を置くことを決めた和也(堀井新太)。そんな和也の身にも大きな困難が降りかかっていた。「たにがわ」の経理を預かっていた兄・幸一郎(間慎太郎)が失踪。銀行からの融資を、個人的な借金の返済に充てていたことが発覚したのだ。

店はすでに赤字経営、さらに板長の父・純一(橋爪淳)が心労で倒れてしまう。信頼を失った「たにがわ」は仕入先からの取引中止が相次ぎ、食材の調達すらままならなくなってしまう。和也は先々代の時代から野菜を卸してくれていた原田(鶴田忍)に何とか取引を続けてもらえないか電話するが、考えが甘いと厳しく言われる。「もう諦めてくれ」原田の言葉に途方に暮れる和也。

そんな和也に沙耶(筧美和子)が言う。銀行役員である父に融資継続を頼むことを申し出る、と。しかしそれは、沙耶との結婚が条件だった。どうすべきか悩む和也。

和也の事情を知ったひかりもまた悩んでいた。自分には何も出来ない――そんなひかりに母・由布子(斉藤由貴)が思わぬ言葉をかけて…。

ひかり(渡辺麻友)は、剛田(木村祐一)から兄・國彦(桐山漣)が復讐していること、そして谷川和也(堀井新太)の兄の失踪、たにがわの板長が倒れたことを聞く。

剛田は和也の店に来て、劇団ウミヘビの公演中止を伝えた。交換条件に幸一郎のパソコンを開くよう指示。しかしパスワードがわからない…

剛田の非合法な捜査の裏には、衆議院議員・矢吹洋一(京本政樹)がいた。麻美(三倉 茉奈)と千尋(星野真里)の父だ。

剛田は、和也が改ざんされる前の記憶が思い出してきている、と不安になる

由布子(斉藤由貴)は父から「自分より相手を大切に思う」本当の恋を教わったという。ひかりと和也にもそうなって欲しいと”思わな言葉”をかける。

麻美は生前、姉・千尋に「どうしよう」と相談していた。國彦を裏切ったとのだ。

和也は原田(鶴田忍)の農園に直談判に行く。すると、ひかりが農作業を手伝っていた。相手の気持ちを知るためだ。

ひかりはお客様にアンケートを実施。好評な声を見せて原田に願い出たが、こっちの苦労を知らないでと言われたのだ。和也とひかりは一日手伝い、仲良くなり、仕入れの継続を許された。

電車もなく原田家に泊まることに。同じ部屋で2人は気持ちを確かめ合い、キスをして、結ばれて…

そのころ、千尋は國彦に、亡き妹・麻美の妊娠の相手は天竺要だと伝えた。

【いつかこの雨がやむ日まで】5話の感想

真犯人当ては混迷!?

【いつかこの雨がやむ日まで】5話のまとめ

5話はアイドル・渡辺麻友がキスシーンあり、ネットは騒然!

その後のベッドシーンは割愛されましたが、布団に横になり、一夜をともにする前までの描写がありました。

ファンには衝撃でしょうが、ドラマ的には真犯人探しが混迷して面白い展開に!

吹越満に新事実!しかし星野真里があやしい!?

5話ラストで衝撃の事実!麻美の妊娠の相手は、恋人・國彦ではなく、吹越満が演じる天竺要でした。

天竺は浮気相手?それとも無理矢理?そもそも真実なのか?

新登場の麻美・千尋2人の父親。京本政樹が演じていましたが、コチラは真相を隠そうとしているようです。

一体なぜ?なにを?

父親が麻美の妊娠相手かも、と疑いたくなりますが、父としてかばう相手・娘がいます…

星野真理犯人説の理由とは?

父・洋一(京本政樹)がかばいたい娘は千尋(星野真里)!

現代の劇団関係者の2つの事件(舞子が殺害、天竺要が狙われ、芽衣がケガ)に着目すると…

その劇団の事件は、姉・千尋(星野真里)犯人説が高まります。

動機は妹の復讐のため。

そうなると15年前の真犯人は、舞子。麻美が死んで一番得しましたし。あるいは天竺と共犯?

國彦が服役したのは、千尋(星野真理)をかばうため?今頃、真犯人を探しているのは、実は千尋の復讐を止めるため?だから事件現場に2度現れた?

あくまで予想です。…当時、雨が降ってたかがどう関係するのか。剛田の過去も気になります。

次回第6話は一週お休みで、9月15日(土)に放送です。ご注意ください。

(記事内の画像・あらすじの出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク