【探偵が早すぎる】7話のあらすじと視聴率!橋田・水野美紀の黒幕は引っかけ?

探偵が早すぎる表紙

ドラマ『探偵が早すぎる』7話のあらすじと視聴率!

滝藤賢一、広瀬アリスのW主演でおくるドラマ『探偵が早すぎる』の第7話が8/30(木)に日本テレビ系列で放送されました。

今回はドラマ『探偵が早すぎる』7話の視聴率・あらすじネタバレ・トリックネタバレ・感想について。※見逃した方はHuluで視聴できます。

2018年7月19日スタートの読売テレビ・日本テレビ系木曜ドラマF枠は『探偵が早すぎる』! 滝藤賢一、広瀬アリスがダブル主演!…
スポンサーリンク

『探偵が早すぎる』7話の視聴率

探偵が早すぎる7話

『探偵が早すぎる』7話の視聴率は、2.3%

【探偵が早すぎる】あらすじと最終回ネタバレ! 滝藤賢一と広瀬アリスのW主演でおくるミステリードラマ。 ココでは、全話のあ…

『探偵が早すぎる』7話のあらすじネタバレ

朱鳥(片平なぎさ)の刺客となり、一華(広瀬アリス)の命を狙った城之内(佐藤寛太)。屋上から転落し、病院で意識不明の状態に。千曲川(滝藤賢一)のことが許せない一華は、千曲川を解雇すると告げる。しかし、橋田(水野美紀)がそれを許してくれない。そんな中、千曲川の知られざる過去が明らかに――いったい、なぜ事件を未然に防ぐ“早すぎる探偵”となったのか…一方で、大陀羅一族のまた新たな刺客が一華の命を虎視眈々と狙う!さらに、城之内の妹までもが危険に晒されて――!!

十川一華(そがわ・いちか)(広瀬アリス)に解雇された探偵・千曲川(滝藤賢一)

橋田(水野美紀)によると、千曲川は過去に証人の女性を失った。以降、未然に防ぐように。

城之内(佐藤寛太)の妹・早苗(優希美青)が襲われ、一華は早苗を側に置くから二人セットで守ってと千曲川に命令。早苗を自宅へ呼ぶ。

一華の家では水道局員・大陀羅舞輝斗(駒木根隆介)が来ていた。密室殺人が狙いだ。

しかし千曲川が未然に防いだ。水道がにごっていたことから気づいた。

水道局は地面の下の管轄。工事会社が地面の上だ。

液体窒素を密閉させて大爆発させる作戦を見抜いた千曲川。

トリック返しで、舞輝斗が乗る水道局を装った車に液体窒素を充満させ爆発させた。

一華は母に似た人を見かけた。さらに橋田の腕の傷から早苗を襲った疑惑が浮上。そして城之内が病院から失踪して…。

『探偵が早すぎる』7話の感想

橋田・水野美紀の黒幕は引っかけ?

『探偵が早すぎる』7話のまとめ

7話は急に物語が動き出しました。

千曲川の過去、橋田が黒幕疑惑、生きていた一華の!?

本当に水野美紀が演じる橋田が、早苗を襲ったのか。味方でなく敵なのか?

相変わらずコミカルな展開ながら、いよいよ一華の母の死の真相に近づきそうで、楽しみ。

次回は必見です!


※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク