【半分、青い。】131話あらすじと視聴率!律・佐藤健「好きだった」に反響!

半分青い22週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第22週「何とかしたい!」131話が8月31日金曜日に放送されました。

律(佐藤健)が妻のことを「好きだった」と発言し、視聴者からには大きな反響が!

今回は【半分、青い。】131話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】131話の視聴率

半分青い131

【半分、青い。】131話の視聴率は、22.6%

前回から0.6アップです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】131話のあらすじネタバレ

花野(山崎莉里那)と翼はお互いの夢を語りあった。花野はスケート選手になり、その姿を写真家の翼が撮る、と約束した。

東京でものづくりに情熱を注ぐ人たちと出会った鈴愛(永野芽郁)は、愛する花野(山崎莉里那)のスケート教室のためにも上京して、いずれはひとりでメーカーを立ち上げようと決意。

一方、律(佐藤健)は妻・より子(石橋静河)が大阪に戻るなと言われ落ち込んでいた。×2のまさ子(ふせえり)は、夫婦どちらかが悪いわけじゃないと言う。

鈴愛にフラれ、亀のフランソワも死んで、そんな時により子に助けてもらった。好きではあったが、妻にガーと言われると律は何も言えなかった…。鈴愛は、もう一度話し合うことを勧めた。

晴(松雪泰子)宇太郎(滝藤賢一)らもスケート靴をプレゼントしたり、2人を快く送り出そうとする。

和子が亡くなって2か月の月命日。鈴愛は和子から預かっていた母子手帳を渡した。そこに亡くなる1週間前、7月11日の手紙が挟まれていて…

【半分、青い。】131話の感想

律・佐藤健「好きだった」に反響!

【半分、青い。】131話のまとめ

律(佐藤健)の「好きだった」発言に反響が寄せられました。

支えられたから、だけじゃなく、ちゃんと好きで結婚したという意味の過去形…

しかし、今は好きな気持ちが分からなくなった、という意味も含まれているのか?

ともしびのまさ子さんが夫婦はどちらかが悪い、わけじゃないと断言。

より子の偏った描写に見ていてモヤモヤしていましたが、ついに律も弱さを見せ始めました。

人を愛せない律、彼の成長も残り1か月で描かれていくのか、期待です。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第22週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第22週「何…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク