ドラマ【中学聖日記】のキャストとあらすじ!有村架純の相手役は岡田健史!

ここでは火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS)の詳しいキャスト・登場人物を紹介します。

放送回が進み次第、キャストの情報も追記していきます。

スポンサーリンク

【中学聖日記】のキャスト

町田啓太(役:川合勝太郎)

キャスト:川合勝太郎(かわい しょうたろう)〈28〉…聖の大学時代のサークル仲間であり恋人。

商社に勤めるエリートで、常に海外を飛び回っている。現在は大阪に赴任しており、聖とは遠距離恋愛中。すれ違いが続いているが、余裕のない婚約者の聖を常に心配し、気を遣う優しい男性。

聖にとっては最大の理解者であると同時に、晶との恋愛関係を築くには最大の障壁となる。

登場人物:町田啓太(まちだ・けいた)…1990年7月4日生まれ。劇団EXILEのメンバー。 群馬県出身。LDH JAPAN所属。

主な作品に『花子とアン』『美女と男子』『人は見た目が100パーセント』『女子的生活』『西郷どん』『ラストチャンス 再生請負人』など。

勝太郎について

町田啓太「なんでもできて、壁に当たったことないタイプかなと僕の中で思っていて、聖と晶の関係が分かったり、周りの変わる人間模様という壁に勝太郎がぶちあったてどうなるか、今、勝太郎に寄り添いながら挑戦させてもらっています」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

『中学聖日記』の魅力は?

町田啓太「観てみたらドキドキしましたね。ゾワゾワもワクワクもしました」」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

町田啓太「美しい映像だったり、爽やかさ、青春だったりとか、温かさが凝縮されています」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

マキタスポーツ(役 :上布茂)

中学聖日記マキタスポーツ

登場人物:上布茂(じょうふ しげる)〈45〉…晶の母親・黒岩愛子とは旧知の仲。愛称:“ジョフィ”。

愛子が離婚した経緯もおおむね知っている。愛子と共にアジア雑貨輸入販売会社を立ち上げ、苦労を共にしてきた友人であり部下。

愛子の息子との悩み相談に乗ったり、晶に対しても実の兄のように接してくれる良き理解者

キャスト:マキタスポーツ…1970年1月25日生まれ。山梨県出身。ワタナベエンターテインメント所属。お笑い芸人でミュージシャン。

俳優として映画『苦役列車』でブルーリボン賞新人賞・東京スポーツ映画大賞新人賞を受賞。ほかに『みんな!エスパーだよ!』などに出演。

夏木マリ(役 :塩谷三千代)

登場人物::塩谷三千代(しおや みちよ)〈55〉…子星中学校の教頭。通称“塩バァ”。

校長よりも発言力があり、中学校に多大な影響力と決定力を備えている。

強引な性格で、教師や生徒たちから嫌われているが、保護者からは絶大な支持を得ている。

新しく赴任してきた聖に対しても容赦ない態度で接していく。

キャスト:夏木マリ(なつき マリ)…1952年5月2日生まれ。主な作品にドラマ 『Gメン’75』 『野ブタ。をプロデュース』 『医龍-Team Medical Dragon-』 『カーネーション』など。

TBSのドラマ出演は『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(2016年4月期)以来、約2年半ぶりとなる。

友近(役 :丹羽千鶴)

登場人物:丹羽千鶴(にわ ちづる)〈43〉…小学校教師で、教育実習中だった頃の聖の指導担当者。聖が中学校教師に赴任してからも、何かと聖の相談に乗っている。教師としての自分に思い悩む聖の姉御的存在であり、非常に大らかな性格のため聖から頼りにされている。聖にとっては心が開ける唯一無二の存在であると同時に、常に聖の心に寄り添う理解者でもある。

登場人物:友近(ともちか)…1973年8月2日生まれ。生まれ。愛媛県出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

ひとりコントや、ものまねで人気のお笑い芸人。「キャサリン」や「水谷千重子」名義でも活躍中。

俳優として主な作品に『がんばっていきまっしょい』『おみやさん』『あさが来た』『Chef〜三ツ星の給食〜』などがある。

吉田羊(役 :原口律)

登場人物:原口律(はらぐち りつ)〈39〉…勝太郎が勤務する商社の先輩同僚。バイセクシャルであり、強い精神力と行動力を兼ね備えた女性。

そのためか、狙った獲物や恋は決して逃さないという執拗さをも持ち合わせる。勝太郎から恋の相談を受けることもあるが、そのたびに歯に衣着せぬ発言で勝太郎の心情をくすぐったりもしている。

キャスト:吉田羊(よしだ・よう)…2月3日生まれ。年齢非公表。福岡県出身。ORANKU(おらんく)所属。

朝ドラ・大河ドラマ出演後、ドラマ『HERO』(2014)の馬場礼子役で知名度を上げた。

以降、『嫌な女』(2016)にて映画初主演、WOWOWの『コールドケース 〜真実の扉〜』(2016)で連続ドラマ初主演、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(2016)で地上波の連ドラ初主演、『ラブ×ドック』(2018)で映画単独初主演を務める。主演映画『ハナレイ・ベイ』が2018年10月19日から全国公開。

『中学聖日記』主演の有村架純とは、『映画 ビリギャル』(2015)で親子役、『コーヒーが冷めないうちに』(2018年9月21日公開)でも共演している。

「あさイチ」(2018.10.11)吉田羊・出演回より

朝ドラ『瞳』(2008)の看護師役で中井貴一が注目し色々なプロデューサーに紹介した。「すごい人を共有したい」想いから。/脚本家・三谷幸喜は、中井貴一から吉田羊を紹介されたが、自分の作品に出てからフィーチャーされたことを訴えている。(「あさイチ」吉田羊プレミアムトーク出演回2018.10.12より)

デュエット曲もだしたJUJUからは「吉田羊は聞き上手」だと言われる。人生について語り合うことが多い。(「あさイチ」吉田羊プレミアムトーク出演回2018.10.12より)

芸名は本名に羊が入ってるからつけた。よう(こ)先輩と応援メッセージがきたので一部を取ったことが判明(?)。(「あさイチ」2018.10.12より)

「あさイチ」(2018.10.12)出演の時のFAXの差出人、吉田羊のファン=ヒツジストをほとんど知っていると答えた。インスタのコメントや手紙などで覚えていると語る。例:「(座右の銘を尋ねた)ai(アイ)さんは手の込んだアルバムくれるんです」

高校のころは地味だった。しかし3年(女子校)のとき、体育祭の応援団長を務めてファンクラブができるなど人気を集めた。(吉田羊の自転車のサドルに頬ずりする生徒がいたと噂になるほど)吉田羊団長のもと太鼓を叩いていた高校の後輩(松本知恵さん)からも応援メッセージが届いた。(「あさイチ」2018.10.12より)

Q年齢不詳はいつまで?

「引くに引けない」ので「葬式のときも享年非公表としてほしい(笑)」(「あさイチ」2018.10.12より)

Q美容について

「(疲れていても)メイクを落とす。一晩メイクして寝ると1年、年をとると聞いたから」「ピラティスに週一回かよっている」(「あさイチ」2018.10.12より)

Q元気の秘訣、普段の生活について

「美味しいご飯。食べに行ったり作ったりする。」

冷え性にならないための防御策:自己流の冷え取り靴下=四枚(絹・綿・絹・綿の素材)を重ねているものを一年中履いている。納豆だけ(塩かける程度)が大好きで食べている。おやつ代わり。(「あさイチ」2018.10.12より)

Q支えにしている言葉は?

「『今日がダメでも明日がダメなわけじゃない』(理由は)クヨクヨする時間がもったいないから」(「あさイチ」2018.10.12より)

原口役について

吉田羊「バリキャリ、帰国子女、マクロビアン、バイセクシャルって、多すぎて1周周ってよくわからない役。役作りとしてそれらを封じ込めてミステリアスに作ることで皆さんに想像してもらおうとしました」(「中学聖日記 解剖ナビ」2018.10.6より)

「原作を読んでも原口さんの説明が少なくて、わりとニュートラルな印象を持ったんですね。吉田羊・私自身で演じると違う、と思ったので…

ふだん自分がしない動き・セリフ回しをすることで、吉田羊の考えでは到達できないような原口さんの思いがにじむといいな、と思って、あえて気持ち悪い方向に演じています」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

早く観たいシーンは?

「晶が自分の恋心に戸惑うシーン。彼がどう表現したのかなって」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

『中学聖日記』の魅力は?

「中学生の恋愛の話しでしょと思って見たら、火傷しますよ」(「中学聖日記 解剖ナビ」2018.10.6より)

「恋のドキドキ・キュンキュンを描くのではなく、その先にある立ち行かなくなった恋愛の苦しみとか、恋愛って素敵だけどでも痛いのよ…と突きつけられるような、大人の恋愛ドラマだなって思いました。

このドラマの魅力は、晶という台風の目を中心に、なかなか本音を言わない大人たちが変化していく物語でもあると思う。

頭では分かっていても止められない恋心、まさかこの人を好きになるなんて人を好きになって戸惑って、理屈抜きで人を好きになっていく(ことを描くドラマ)」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

画像出典:公式サイト 【中学聖日記】吉田羊(原口役)通報説の考察! ドラマ【中学聖日記】(TBS)最終回が2018年12…

夏川結衣(役 :黒岩愛子)

夏川結衣

画像出典:https://www.t-poche.jp…/

登場人物:黒岩愛子(くろいわ あいこ)〈45〉…晶の母親。上布と共にアジア雑貨輸入販売会社を大きくしてきたやり手の女社長で、シングルマザー。

会社や息子を守るためならば、如何なる手段をも講じる強気な性格。

晶を放任主義で育ててきたが、反抗期も殆どなく良好な親子関係を築いてきた。晶が聖に恋をしていることにも最初はあまり気にしていなかったが、晶が思いも寄らぬ行動を取るようになると、次第に聖に対して警戒感を強めていく…。

キャスト:夏川結衣(なつかわ ゆい)…1968年6月1日生まれ。熊本県出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。

主な作品にドラマ『結婚できない男』(2006)映画『歩いても 歩いても』『孤高のメス』『家族はつらいよ』シリーズなど。

黒岩愛子役について

夏川結衣「先生は女性だし、自分も女性として恋愛してきていると思うので、気持ちが分からないこともないけれども、(母親の)立場上すんなり許せることでもない…という難しい感情の中に愛子さんはいる、と思っています。

難しいんですけど、やりがいもあるな、と思っています」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

早く観たいシーンは?

「子供たちが出演するシーン、特に晶君をどうやって演じたのかは観たいです」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

『中学聖日記』の魅力は?

「何の仕事をしてるとか、どこの大学を出てるとか、そういうことを考えない、純粋に気になる・会いたいという晶の気持ち?

(聖と晶の)2人の揺れる思いに、みんなも揺れて考えて決断したり迷ったり傷ついたり(していくドラマ)」(「TBS秋の新ドラマ祭」2018.10.9より)

小野莉奈(役:岩崎るな)

中学聖日記小野

登場人物:岩崎るな(いわさき・るな)……イマドキのオシャレな女の子。負けん気が強く自分の信じた道を突き進む。晶に一途な片思いをし、徐々に聖を敵視するように・・・。一見冷静で大人びた発言もするが、本当は自分の気持ちに嘘をつくくらいなら傷ついてでも心に正直に動く、素直で熱いタイプ。通称・るなち

キャスト:小野莉奈(おの・りな)…2000年5月8日生まれ。東京都出身。フラーム所属。

出演作に『先に生まれただけの僕』第7話ゲスト、『セシルのもくろみ』スピンオフドラマ「セシルボーイズ」第4話ゲスト、HKT48短編映画企画「ロマネスコ」、『コールドケース2〜真実の扉〜」(WOWOW)第8話ゲスト出演など。

2017年、LINE社のWEB CM「告白ムービー 好きなんて、言えるわけない。」に出演し話題になった。

関連記事:小野莉奈のデビュー・出演作など詳しいプロフィールはコチラ。

1ページ目にもどる
3ページ目(キャスト詳細2)はコチラ

※記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク