【半分、青い】45話あらすじと視聴率!トヨエツのジョジョ立ちが話題!

半分青い第8週

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い』第45話が5/23(水)に放送されました。

デッサンのモデルになった佐藤健、中村倫也。漫画家役の豊川悦司が教えたポーズが話題になりました。

今回は【半分、青い。】45話のあらすじと視聴率・感想まとめ!

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】45話の視聴率

半分青い第8週3

【半分、青い。】45話の視聴率は21.1%!

自己4位となる高視聴率となりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】45話のあらすじ

秋風(豊川悦司)の提案で、デッサンの猛特訓が行われることになった。秋風がモデルに指名したのは、で律(佐藤健)正人(中村倫也)。特訓開始から絶え間なく二人の姿を描き続ける鈴愛(永野芽郁)裕子(清野菜名)ボクテ(志尊淳)たち。休憩に入ると突然、裕子が鼻血を出した。女子校育ちで男性に免疫がないらしい。鈴愛だけが気づいて見守った。

夕食後。およそ10時間の特訓を終えた面々は、ジュースで乾杯した。秋風は皆にスケッチブックをプレゼントして「人は変わる。これから全ての時間が漫画になるための今だ」と激励する。

そんな中、律はひとりになり、不安になっていた。自分が何になるための今か、分からないからだ。秋風は「そういう時間もいい」と伝える。美大を中退してセールスマンもした。炎天下のある日30前に覚悟を決めて退社した。それからバイトと投稿の日々。回り道があって今につながっているという。「考えたりして生きるなら実りのある時間だ」と言われた律は、その後に会った鈴愛に「焦らない」と語った。楽しい日々だとしみじみ思う律に鈴愛は「幸せをみつける天才だな」といった。

そのころ、菱本は秋風が新連載を断ったことを知り、秋風に問い詰めると…。

【半分、青い。】45話の感想

漫画の猛特訓の回でした。

モデルになった律と正人。

”ジョジョ立ち”!とネットでは大きな反響がありました。

ちなみに本作の音楽担当:菅野 祐悟(かんの ゆうご)はTVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース』の音楽も手掛けています。

放送のころは、少年漫画全盛のころ。脚本・北川悦吏子の遊び心かと思っていたら…

実はジョジョ立ちは脚本にあったわけではなく、橋爪紳一朗監督の演出だったようですね。

面白い試みで朝から笑った人が多く、大反響でした。


【神様のメモ】(律と清(さや)をモデルに鈴愛が描いた漫画)アニメーションが公開中

【半分、青い。】関連記事

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【分半、青い。】第8週のネタバレあらすじと視聴率! 永野芽郁がヒロインを務めるNHK朝ドラ。漫画家の夢が途絶えた鈴愛(すずめ)…

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク