【半分、青い。】29話視聴率とあらすじ!北川悦吏子の二度と書けない台詞とは?

半分青い第5週

永野芽郁がヒロインの朝ドラ『半分、青い。』第5週「東京、行きたい!」29話が5/4(金)に放送されました。

29話は北川悦吏子の”二度と書けない台詞”が話題沸騰!

今回は朝ドラ『半分、青い。』29話のネタバレあらすじ・視聴率・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

『半分、青い。』29話の視聴率

半分青い29話

『半分、青い。』29話の視聴率は18・3%!

前回から0.4ポイントの微増となりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

『半分、青い。』29話のネタバレあらすじ

5月4日(金)放送の第29話あらすじは…

クリスマス間近、久しぶりに喫茶ともしびに集まった梟(ふくろう)会の4人。鈴愛(永野さん)の上京話で盛り上がる中、鈴愛を心配する律(佐藤健)は、一人表情を曇らせる。その帰り道は、菜生(奈緒)の計らいで鈴愛と律の2人で帰った。

雨が降っていたが、鈴愛は傘に当たる雨音が半分聞こえないため、「律、左側に雨が降る感じ教えてよ」

律は… 「傘に落ちる雨の音って あんま綺麗でもないから 右だけくらいがちょうどええやないの」とフォローする。

直後。泥はねで鈴愛の服が汚れ、律はしゃがんで鈴愛の足元を吹いた。受験シーズンで梟会の集まりが久しぶりだったからだ。律はちゃんとわかっていた。立ち上がった律と鈴愛は見つめ合い……。

思わずドキドキする鈴愛だったが、自分の気持ちはなかったことにしようとした…。

『半分、青い。』29話の感想

第29話では、脚本の北川悦吏子が「一生、生きても、もう二度と書けない台詞」がひとつある、と放送前に気づいてツイートしていました。

それは雨の音について。別のツイートで北川悦吏子は自分の創作ではない、と明かしています。登場人物の律に言わされたという意味のようです。

雨音のシーンには多くの反響が寄せられています…

幼少期には律の前でだけ泣いた鈴愛は、家族や梟会でいつも明るく元気なのに、律の前ではふと本音が出てしまう。この何気ない距離感…。

「好き」という言葉を使わずにお互いが好きで・大切なことを観る者に伝えるシーンは見事で、心打たれます。

恋愛の神様と称される北川悦吏子の神がかった台詞・シーンでした。

『半分、青い。』29話の関連記事

23話で登場した鈴愛(すずめ)が描いた漫画、「カセットテープの恋」アニメーションがNHK1.5chで公開中!

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第5週のネタバレあらすじと視聴率! 永野芽郁がヒロインを務めるNHK朝ドラ。第4週で主人公・鈴愛(すずめ)は就…

U-NEXTで『半分、青い。』動画配信中】

永野芽郁主演のNHKオンデマンド『半分、青い』見逃し配信中! 見逃した、もう一度見たい方にオススメ。

U-NEXT

(記事内の画像出典は公式サイトより)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク