【わろてんか】147話のあらすじと視聴率!風太の無事に視聴者感涙!

わろてんか147話

【わろてんか】147話のあらすじと視聴率!

  • NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」最終週「みんなでわろてんか」第147回が3/27(火)に放送されました。
  • てん(葵わかな)は大阪に大空襲があったことを知り、だからこそ笑って過ごす。
  • しかし治平(西川きよし)は怒り出して…
スポンサーリンク

【わろてんか】147話の視聴率

【わろてんか】147話の視聴率20.8%!

3話ぶりの20%台に回復です。

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】147話のあらすじ

昭和20年3月13日。大阪は大規模な空襲にあった。

滋賀に疎開中ののトキ(徳永えり)は空襲で大阪が焼け野原になったことを知りあわてる。

てん(葵わかな)は大阪へ戻ろうとするトキを、子供が心配する、と引き留める。

経っても風太(濱田岳)や芸人たちの消息は不明のまま。

不安を募らせるトキに風太の「俺には笑いの神がついているから大丈夫や」という言葉を思いださせた。

笑いは神さんへのお供え物。笑っていればまた会える。そう思って、てんたちはいつにも増して笑顔を心がける。

だが、治平(西川きよし)はてんたちに、「わらいたかったら出ていけ」と真顔で怒り出す。

りんによると治平の孫が兵隊にとられ、笑わなくなったという。

てんは、治平に隼也が戦地に行っていて毎日泣きたいと話す。けれど隼也は泣くことを望んでないと話す。そして兄の「つらいときこそ笑うんや」という言葉を伝える。

…心打たれた治平は、その後、笑顔を取り戻した。

風太は戻って来た。妻子の笑顔を見るまで死ねないと生き残り、笑いの神に感謝する。

風太は焼ける風鳥亭の看板だけ持ち帰った。てんは風太の身が一番と伝える。

また風太はリリコたちを探すため、大阪へ行く。

【わろてんか】147話の感想

【わろてんか】147話のまとめ

「わろてんか」ものこり4回!

風太が生きていてほっとしました。泣く視聴者も多数です。

そして、つらいときこそ笑う、というテーマ、原点にもどった第147回でした。

土曜日。どんなフィナーレを迎えるのかも楽しみです。

関連記事:【わろてんか】全話あらすじと最終回ネタバレ!

(今回の記事内の画像出典:NHK

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク