ドラマ【警視庁・捜査一課長3】のキャストあらすじ!新シリーズは家なき子コンビとヤホー塙で心機一転!

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3が2018年4月スタート!

内藤剛志×安達裕実が、23年ぶりの共演。その名タッグにナイツ・塙宣之が加わり、さらにパワーアップ!

ここでは、ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3、キャストやあらすじ、主題歌、見どころをご紹介します。

ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の視聴率一覧!最終回まで随時更新! 内藤剛志さん演じる、叩き上げの捜査一課長の活躍を描く人気シリ…
ドラマ【警視庁・捜査一課長3】の全話あらすじ、感想と最終回ネタバレ! 内藤剛志さん主演の人気シリーズ。 新メンバーに安達…
スポンサーリンク

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3の基本情報

放送日:2018年4月12日スタート。毎週木曜よる8:00~8:54(初回は2時間SP)

脚本:安井国穂 / 田辺満 / 谷口純一郎 / ほか

監督:濱龍也 / 池澤辰也

音楽:山本清香

ゼネラルプロデューサー:関拓也(テレビ朝日)

プロデューサー:秋山貴人(テレビ朝日)/ 島田薫(東映)/ 高木敬太(東映)

制作:テレビ朝日 / 東映

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3のキャスト

内藤剛志(役:大岩純一)

大岩純一…警視庁捜査一課長。400人を超える捜査一課のリーダー。都内で起きた凶悪事件の現場すべてに臨場し、指揮に当たる。ノンキャリアで叩き上げの刑事として捜査員からの信頼も厚い。ひとり娘を病で亡くした過去がある。

内藤剛志…1955年5月27日生まれ。大阪府出身。代表作、映画【ヒポクラテスたち】ドラマ【ホテルウーマン】【家なき子】【QUIZ】【わかば】【科捜研の女】【水戸黄門】など多数。

内藤さんは、このドラマを『ライフワークのような作品なので、戻ってこられて嬉しい』とコメントしています。

安達祐実(役:谷中萌奈佳)

谷中萌奈佳…警視庁広報課セルフブランディングルーム室長。幼少期は柔道の国民的スターだったが、期待に背きメダル獲得ならずに引退、警察官になった。挫折や人生経験が豊富なゆえ、人間の本質を見抜く力を持っている。大岩の新たな右腕として捜査を進める新機軸となる。

安達祐実…1981年9月14日生まれ。東京都出身。1994年、ドラマ【家なき子】で主人公の相沢すず役を演じ、12歳とは思えない演技力で一躍脚光を浴びる。直近ではドラマ【女囚セブン】【海月姫】【リピート~運命を変える10か月~】などに出演。

本田博太郎(役:笹川健志)

笹川健志…警視庁刑事部長、大岩の上司。捜査に行き詰った大岩を激励する。捜査方針をめぐって重大なリスクが生じる場面でも、その責任を部下には決して背負わせず、自らがすべてを被ろうとする男気の強い人物。

本田博太郎…1951年2月8日生まれ。茨城県出身。独特なセリフ回しで映画、ドラマ、CMに活躍。代表作、映画【北京原人 Who are you?】、ドラマ【ただいま放課後】【必殺仕舞人】【警視庁鑑識班】シリーズ、【君の手がささやいている】など多数。

矢野浩二(役:武藤広樹)

武藤広樹…警視庁捜査一課・鑑識課主任。犯罪を人一倍憎む鑑識官。検視官としての能力も高く、現場検証において瞬時に状況を見極め、臨場する大岩らに事件解決への端緒を与える。

矢野浩二…1970年1月21日生まれ。大阪府出身。いくつかのテレビドラマのエキストラを経験した後、中国ドラマ【永遠の恋人】に主役級で出演。以降、中国に渡り、中国語を勉強しながら多数の中国映画、中国ドラマに出演する。日本の最近の出演作は、ドラマ【さくらの親子丼】【新宿セブン】【どこにもない国】【相棒16】など。

鈴木裕樹(役:天笠一馬)

天笠一馬…警視庁捜査一課刑事。遊軍刑事として、現場の最前線で事件捜査に当たる。事件発生時には管理官・小山田と共に行動することが多い。大岩が乗りこむ公用車の運転を担当していたことから、一課長からの信頼も厚い。

鈴木裕樹…1983年10月3日生まれ。岩手県出身。主な出演作、映画【テニスの王子様】【シャカリキ!】、ドラマ【クピドの悪戯 虹玉】【獣拳戦隊ゲキレンジャー】【チーム・バチスタの栄光】【家売るオンナ】など多数。

塙宣之(ナイツ)(役:奥野親道)

奥野親道…大岩一課長の公用車の運転担当刑事。元々優秀な刑事だったが、妻の病死後、子育てのためしばらく事務職に移り、再び現場に戻ってきた異色の刑事。主夫経験で得た生活の知恵や女子力を武器に、事件捜査に奔走する。大岩からは“ブランク”というあだ名で呼ばれている。大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことができる存在でもある。

塙宣之(ナイツ)…1978年3月27日生まれ。千葉県出身、佐賀育ち。ご存知、漫才コンビ「ナイツ」のボケ担当。テレビ出演は、圧倒的にバラエティが多い。ドラマの出演は、【梅ちゃん先生】【55歳からのハローワーク】【まれ】【孤独のグルメ】など。

床嶋佳子(役:大岩小春)

大岩小春…大岩の妻。愛娘の死を乗り越え、多忙を極める夫・大岩をいつも笑顔で支えてきた。小春との何気ない日常会話から、大岩が事件解決のヒントを得ることも多い。

床嶋佳子…1964年9月23日生まれ。福岡県出身。主な出演作、ドラマ【やんちゃくれ】【九門法律相談所】シリーズ【検事霞夕子】シリーズ【天国の恋】【海月姫】など多数。

金田明夫(役:小山田大介)

小山田大介…警視庁捜査一課・庶務担当管理官。大岩の右腕となって捜査を進めていく。
多数の捜査員を動員して行う“大捜索”で目標物を探し当てる能力が人一倍高いことから、“見つけのヤマさん”ともよばれている。恐妻家で、妻には弱い。

金田明夫…1954年10月13日生まれ。東京都出身。代表作、ドラマ【3年B組金八先生】シリーズ、【スウィート・ホーム】【風林火山】【科捜研の女】【民王】【東京タラレバ娘】など多数。

黒豆君(役:ビビ)

ビビ…黒岩家の愛猫。

黒豆…内藤剛志さんの事務所の社長さんの猫。

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3のあらすじ

第1話

東京のお台場で女性の絞殺死体が発見された。被害者は前夜、2000年頃のファッションを身に着け、自由の女神像をバックに写真を撮ってほしいと通行人に頼んでいた。臨場した一課長の大岩(内藤剛志)は、そのファッションから18年前に謎の転落死をとげた同期の谷中明彦(中村梅雀)を思い出す。大岩はその死に疑問を持ちながら証拠を掴めず、事故死として処理されていた。死の直前に谷中に偶然会っていた大岩は、彼が今回の被害者と同じ服を着た女性の写真を持っていたことを覚えていた。谷中はその女性を”ミズキ”と呼び、しかもその写真は自由の女神像をバックに撮影したものだった。

被害者はファッションブランドの専属モデル・神楽瞳(尾藤亜衣)と判明する。そしてそのブランドの社長兼デザイナーは河井田瑞希(高島礼子)という名だった。18年越しに繋がった諸々の事象に、谷中の死と今回の事件の関連を直感した大岩は、ある人物を捜査本部へ迎い入れる。その人物こそ、”警視庁広報課セルフランディングルーム室長”と言う肩書きを持ち、元柔道の人気選手だった谷中の娘・萌奈佳(安達祐実)だった。

第2話

女性の刺殺体が見つかり、大岩一課長(内藤剛志)は、運転担当刑事の奥野(塙宣之)と共に臨場する。被害者は、大手商社「樋口物産」の子会社”樋口物産販売”の総務課長・三波圭子(宮田早苗)で、派手なパーティードレスを身に着け、勤務先の裏路地で刺殺されていた。最大の疑問はバックの中にあった”謎のご祝儀袋”。袋の金額欄には百万円と書かれているにもかかわらず、中身は千円札1枚だったのだ。

事件当日の圭子は、部下の一色貴代(柳ゆり菜)と、親会社の社長の息子・樋口淳史(岩永徹也)の結婚式に出席していたが、式が終わる昼12時半頃までしかおらず、午後1時からの披露宴には姿がなかったと言う。出席者の話では、ブーケトスの際、新婦が同僚・立花美穂(黒川智花)に投げたブーケを圭子がダイビングキャッチするというハプニングがあり、その美穂も披露宴にいなかったことがわかる。

しかし、圭子が奪い取ったはずのブーケはどこにもなく、参列者全員の拇印を押して作ったウエディングツリーの色紙もなくなっていた。そして美穂自身も姿をくらましていることが判明、大岩たちは美穂の行方を追うが…!?

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3の見どころ

見どころ① 大福から最中(もなか)へ

なんと言っても名作『家なき子』でのコンビ、内藤剛志さんと安達裕実さんの23年ぶりの共演でしょう。あのドラマの影響からか、”二人は仲が悪い”と思われていたとか。2014年の【科捜研の女】で安達裕実さんがゲスト出演した際に、撮影の合間に二人で話していたら。周囲がザワついていたと言うエピソードを話しています。しかし、内藤さんは安達さんに、ずっと娘のような不思議な絆を感じていて、ふたりで「『家なき子』を超えるものをやりたいねと話していたので、今回のキャスティングは嬉しい」とコメントしていました。名物だった”大福”こと斉藤由貴さん演じる平井真琴がいなくなりましたが、今度は”もなか”とのコンビで難事件を解決してくれるでしょう。差し入れも”もなか”に変わるのかも(笑)

見どころ② 運転手が田中圭から塙宣之へ

シーズン2で大岩一課長が乗る公務車の運転を担当していた、田中圭さん演じる刑部公平が塙宣之演じる奥野親道に変わります。田中圭さんももちろんよかったのですが、今回は同局の同クールで主演の【おっさんずラブ】と被ってしまうので変わったのかもしれません。設定としては『大岩の側近として一課長の苦悩や本音を唯一聞くことが出来る存在』という刑部公平と全く同じ立ち位置。しかし、「おくのちかみち」と言うふざけた名前と、ナイツの塙ということを考えると、勝手な捜査をしては小山田管理官に怒られていた刑部とは違う感じになるのではないでしょうか。それに何と言っても「ヤホー」などの小ネタをブっ込んでくるのか?そして一課長はそこをツッこむのか?に期待が高まります。

見どころ③ 黒岩一課長の愛猫ビビちゃん

本名は黒豆君。内藤剛志さんの事務所の社長さんの家の猫ちゃんだそうです。ビビちゃんは、黒岩が捜査で疲れ、家に戻った時に奥さんと共に黒岩を癒してくれる大事な役なんです。撮影以外の時も内藤さんらの癒し担当なんだそう。そしてもちろん演技もなかなかのものです(笑)

ドラマ【警視庁捜査一課長】PR動画

主題歌はGLIM SPANKYの「All Of Us」に決定!

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3の主題歌は、GLIM SPANKYの「All Of Us」に決定しました。

GLIM SPANKYとは

60~70年代のロック、ブルースを基調に独自で現代風に昇華させたサウンドで幅広い世代から支持されている男女2人組のロックユニットです。松尾レミのハスキーで存在感のあるボーカルと、亀本寛貴のブルージーで感情豊かなギターから成り、「日本語の楽曲で世界に打って出たい」という野望を持った二人は、洋楽をルーツとしながらも日本語で歌うことにこだわっているようです。

今回の主題歌「All Of Us」は、昨年の『警視庁・捜査一課長 season2』の主題歌「美しい棘」に続いての起用となります。2018年5月9日(水)リリース。

内藤剛志さんのコメント

『心配しなくていい、君はたった1人じゃないよ』
とGLIM SPANKYの2人が
語りかけてくる

今年もまた
素晴らしい曲をいただきました

高い空に突き刺さっていくようなレミさんの歌声、太く暖かくうねる亀本さんのギター

『みんなと、懸命に生きていきたい、できるだけ上機嫌に』と言うこのドラマのテーマを、美しく力強い曲として表現してくださいました

『1日が終わる頃には笑ってるはずだ、そして、明日は必ず晴れる』のだと、そっと背中を押してくれるGLIM SPANKYの曲

この美しい曲をエネルギーに、スタッフキャスト一同、力を合わせて今年も全力で走りたいと思います

『心配しないでおこう、僕はたった1人じゃないから』

松尾レミさんのハスキーながらもパンチの効いた歌声が、今回もラストを飾ってくれます。詩の内容もこのドラマのラストにふさわしい素晴らしい曲ですね。早く聞いてみたいです。

ドラマ【警視庁捜査一課長】シーズン3公式サイト

テレビ朝日 木曜ミステリー「警視庁・捜査一課長シーズン3」番組サイト。2018年4月12日(木)スタート!内藤剛志×安達祐実 あの名タッグ再び!!作品の魅力はそのままに『捜査一課長』がさらなる進化を遂げる!ナイツ・塙宣之も新加入!!

記事内の画像出典公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク