【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話視聴率は7.9%!星名(向井理)の「死にてえ」に視聴者震える!

きみが心に8話

【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話の視聴率・あらすじ・感想!

  • 怖いけどハマる人続出!?吉岡里帆初主演で話題のドラマ「きみ棲み」8話が3月6日火曜日に放送されました。
  • セレブタレント・アイカ(石田ニコル)とのコラボ企画メンバーに選ばれた今日子(吉岡里帆)は、星名(向井理)に撤回を頼むが、吉崎(桐谷健太)と別れることが条件と言われ…。
  • 一方、飯田(石橋杏奈)は、星名の母・郁美(岡江久美子)に接触!?
スポンサーリンク

【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話の視聴率

【きみが心に棲みついた】8話の視聴率は…7.9%!

前回より1.4ポイントアップとなりました。

【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話のあらすじ

きみが心に8話2
(写真はうっそでーすと今日子が抱きつく場面)

ラプワールでは新ブランドの新作発表展示会が行われていた。そこにタレントの山藤アイカ(石田ニコル)が現れた。彼女とのコラボ企画が立ち上がるのだ。

今日子(吉岡里帆)は胸騒ぎを覚えるが、その予感は的中。新ブランドを離れてコラボ企画を担当するよう命じられる。

これも星名(向井理)が糸を引いていると気づいた今日子は意を決して「今後一切かかわらないで欲しい」と星名に詰め寄る。すると、明日自分と付き合ったら関係を終わらせると星名は約束。新たな一歩を踏み出すため、今日子は吉崎(桐谷健太)に嘘をついてこのデートに臨む。

一方、星名から冷たくされている飯田(石橋杏奈)は、何とかして星名を振り向かせようと彼の母・郁美(岡江久美子)の家を突撃する。郁美を取り込もうとする飯田だが、星名家の壮絶な過去を知り…。

翌日、何事にも動じないと心に決めた今日子だが、星名はあまりにも優しい。そして星名は「本気で逃げたいなら俺を殺せ」とつぶやく。

出典TBS

「今日子」と吉崎に呼ばれドキドキする今日子。ネックレスをプレゼントされるなど楽しい日々。

飯田が知った「星名家の壮絶な過去」とは、星名が父親から暴力を受けていたこと。と、さらにもうひとつ。母が殺害したのは別の父親。浮気相手であり、漣の本当の父親の方だった。

星名を支えたい思いが溢れる飯田は、今日子が計算して星名に近づいてると激怒。また、牧村のバーにも行くが星名は来ない。牧村に抱きつかれ逃げ出した。


今日子は星名とタクシーで言い合いになった際にネックレスがちぎれてしまい、修理に出した。

今日子は、吉崎(桐谷健太)に嘘をついて星名とデート。今日子はひざ枕やキスをされた。逃げたいなら殺せ、という星名。今日子はいまだに星名を嫌いになれない。

デート中、偶然、漣の姉に会い、漣の母が人殺しと知る。お金が足りないと叫ぶ姉を置いて去る星名。

星名の母は自殺未遂を起こしたことがある。何で死なねえんだよ。そう嘆く星名。大学のころ、星名と離れないと約束したことが思い出された。


一方、映美のサイン会にきたスズキと吉崎。帰り道、スズキが今日子と星名を見かけた。

今日子は星名の自宅へ上がった。襲われそうになるが今日子は拒否。結婚し星名は、周りを振り回すのも人間関係も仕事も暇潰し、どうでもいいという。「死にてえ」と嘆く。

飯田は今日子に逆恨み。星名のマンションに入る今日子を撮った動画を吉崎に送った…。

【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話の感想

【きみが心に棲みついた/きみ棲み】8話のまとめ

なぜデートしてしまうのか。しかも家に上がるのかはツッコミどころですが…

星名の切ない過去が明らかになった第8話。

嗚咽混じりの「死にてえ」が視聴者の母性本能をくすぐりました。

飯田の狂気も爆発。怖かったですね。

残り2話でしょうか。最終回まで見逃せません。

【関連記事】

【きみが心に棲みついた】のキャストとあらすじ

【きみが心に棲みついた】の視聴率と最終回ネタバレ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク