【わろてんか】126回のあらすじと視聴率!つばき(水上京香)はかまってちゃん!?

わろてんか126話1

【わろてんか】126回のあらすじと視聴率!

  • 葵わかな主演、大人気NHK朝ドラの126話が3月2日(金)に放送されました。
  • てん(葵わかな)は、リリコ(広瀬アリス)と四郎(松尾諭)を上海に送り出す。しかし、一難去ってまた一難!
  • 隼也(成田凌)の前につばき(水上京香)が現れて…
スポンサーリンク

【わろてんか】126話の視聴率

【わろてんか】126話の視聴率は、20.3%!

隼也とつばきの恋に注目が集まり、2回連続の20%超えとなりました。

関連記事:わろてんかの視聴率一覧

【わろてんか】126話のあらすじ

わろてんか126話2

四郎(松尾諭)とリリコ(広瀬アリス)は最後の高座に上がり、観客に結婚と引退の報告をする。

伊能(高橋一生)もお祝いに駆けつけた。いつもやめると困らせていたリリコ。これで最後になると笑いあう。

「どこにいってもうちらの仲は一生ものや。おき張りやす」てん(葵わかな)は、感謝して送り出す。風太(濱田岳)は困ったらいつでも助けると励ました。

隼也(成田凌)は伊能と酒を飲んだ。リリコたちがいないのは寂しいという隼也。伊能は愛を貫いたから良かったと語る。

つばき(水上京香)が家出してきた。結婚をやめるという。一目だけ隼也に会いにきたが、てんは風太の家に連れて行く。

隼也が帰宅しても、てんは二人を会わせない。つばきの父が来た。しかし、つばきは結婚しない。帰らないという。娘をビンタする父の加納。隼也は思わず間に入った。友人と名乗ったが…。

【わろてんか】126話の感想

てんと隼也の駆け落ちがブーメランのように戻ってきた感じの脚本です。

つばきは見ていて「メンヘラ」「かまってちゃん」「お嬢様」と視聴者に思われても仕方ない少し(?)強引な、分かりやすい描写の数々。

特にばあやがいる時にわざわざ髪を切るのは狙い過ぎ。食べないのはまだしも、困らせたいのがありありでした。

ふと思い出すのは、てんと藤吉のときも視聴者の多くは伊能栞や風太の方が良いのに…と理解不能でした。恋は盲目。2人にしか分からない世界があるのでしょう。土曜日の結末が楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク