【きみが心に棲みついた/きみ棲み】3話のあらすじと視聴率!吉岡里帆の下着ランウェイが話題

2018年1月30日

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話のあらすじと視聴率・感想まとめ!

星名・向井理が怖くて、どんくさいキョドコ・吉岡里帆にイライラするけど面白い!?

新感覚ラブストーリーにはまる視聴者多数の話題作!

3話は原作でも衝撃のキョドコが下着姿になるシーンがあります。視聴者は吉岡里帆さんが振り切って演じきれるのか不安なようですが…

スポンサーリンク

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話の視聴率

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話の視聴率は8.4%!

前回から0.1ポイント減です。

しかし「脱落した」の声があるなか支持者も多く、「初めて見た」「(録画から)追い付いた」とツイートする人も散見されます。

イライラと怖い、キュンキュンの混ざる話題作で新規も開拓か。

今回も、数字を落とさず、ほぼ横倍になりました。

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話のあらすじ

約束をすっぽかしただけではなくボロボロの状態で目の前から逃げ出した今日子(吉岡里帆)を吉崎(桐谷健太)はメールで問い質すが、今日子は上手く答えることができない。なぜなら、過去の非道な仕打ちがあっても、どうしても星名(向井理)と繋がっていたいと願う自分の気持ちに気付いてしまったのだ。

会社では相変わらず八木(鈴木紗理奈)とは衝突してばかりで、一緒に組んでいる新プロジェクトの企画が全く進まない。しかも、星名からは実際に企画が通るのは今日子のチームと堀田(瀬戸朝香)のチームのどちらか1つだけだと告げられてしまい不安が募っていく…

そんな時、新作下着の発表会が開催された。取材で吉崎も担当作家のスズキ(ムロツヨシ)と共に会場を訪れている。今日子も忙しく動き回っていたが、星名に呼ばれ紙袋を手渡される。中に入っていた意外な物を見て戸惑う今日子に、「俺のために生きるって、言ったよな?」という星名の言葉が突き刺さる。星名はとんでもない試練を仕組んでいたのだ…

出典TBS

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話のネタバレあらすじ

今日子は下着姿でランウエイを歩く。ざわめく会場。

(こんな私を受け入れてくれるのは星名さんだけ)今日子は星名のために歩いたが転んでしまう。

吉崎が機転を利かせマイクでフォロー。スズキも登場させて盛り上げた。

「余計なことしないでください、罰っせられるべきなんです。私なんかに関わらないで」今日子は吉崎を全否定。

星名から逃げた自分を許してもらえる!その気持ちでいっぱいのキョドコは意気揚々。しかし星名が飯田に部屋の鍵を渡すのを目撃して落ち込む。


八木に企画をダメ出しされるが、本音では卑劣なことばっかり考えてると気づいた今日子。男に媚びる下着を提案。却下する八木に、今日子は八木のライバル堀田を意識させた。


その頃、星名の姉・谷山祥子から手紙がきて母が出所するという。本当のことを知りたいと星名は欲望に任せ飯田を抱いた。


吉崎は偶然、元カノの売れっ子作家に会い道端でキスされた。そこを今日子が通り過ぎていった…

【きみが心に棲みついた(きみ棲み)】3話の感想

まず、吉岡里帆さんの下着姿の体当たり演技が話題です。

胸が大きいなどネットがざわざわ。

しかし、痛々しいという声も多かったです。吉崎さんとスズキが登壇して、スズキ役のムロツヨシさんに癒されました。

もちろん吉岡里帆さんについても…

吉岡里帆の体当たり演技に絶賛!

原作の再現であるランウェイも好評!

しかしイライラするのは相変わらず?

キョドコにこだわっている星名の過去は一体?

…星名の母が出所。父の暴力。整形疑惑。

次回も目が離せない展開になりそうですね。

Posted by Jima