【海月姫】3話のあらすじと視聴率!月9らしいストーリー展開に視聴者から好評の声!

2018年1月30日

海月姫

月9ドラマ【海月姫】第3話の視聴率・あらすじ・感想

「オタク女子」が奮闘する、月9ドラマ【海月姫】3話が1/29(月)に放送されました。

前回クラゲのドレスを作ると決めた蔵之介が尼~ずを巻き込み、さらに月海を覚醒させることに成功?

そして、月海と修の恋は一体どうなったのでしょうか?

今回は、月9ドラマ【海月姫】3話の視聴率とあらすじ、感想を紹介します。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

月9ドラマ【海月姫】3話の視聴率

海月姫3

月9ドラマ【海月姫】3話の視聴率は5.9%。

前回より1.0%ダウンで自己最低を更新してしまいました。

月9ドラマ【海月姫】3話のあらすじ

クラゲのドレスを作るため月海(芳根京子)の部屋に来ていた蔵之介(瀬戸康史)だったが、ばんばさん(松井玲奈)にバレそうになり自宅へ戻るとそこに修(工藤阿須加)がやって来る。

「月海に会いたい」という相談で、デートのセッティングをしてあげることにした蔵之介から話を聞いた月海は気絶、「断るなら自分で」と言われ嫌々デートの準備をされるのだった。

当日「メガネさえ外していればぼやけて見えない」という蔵之介の作戦の元、デートに向かった月海はこれまた蔵之介に言われた通り「そうですねー」を連発し、結果修を傷つけてしまうことに。

しかし、誤解であることを伝え2人はランチへ。

絵のことを褒められ、クラゲの話を振られると夢中になり興奮した月海はテーブルのグラスを倒し更に落として割ってしまう。

破片を拾おうとメガネをかけた月海の姿を見て、修は以前天水館前で「気色悪い」と言ったことを思い出した。

そこから修の様子がおかしくなったが、無事天水館へと戻ってきた月海。

中から悲鳴が聞こえ急いで入ると、尼~ずと蔵之介がドレス作りのため奮闘していた。

生地を1ロール丸ごと買ってきた蔵之介は、月海の部屋で布のカットを行おうと服を脱ぎ横たわると、クラゲをイメージして切っていく月海。

突然「デートどうだった?」と聞かれ動揺したが、「帰り弟さんの様子が変で…」と答え蔵之介は不思議に思うのだった。

その後、クラゲドレスのミシン掛けを千絵子(富山えり子)に頼みスカートが完成するもペラペラで納得いかない物だったが、月海が何かを思いつき変化させていく。

翌日、鯉淵家へ呼び出される月海だったが嫌がったため蔵之介がジジ様(木南晴夏)を買収し、千絵子と共に月海を連れやって来る。

蔵之介の部屋で真珠のネックレスを見た月海はさらに何かを思いつき、力任せにネックレスを引きちぎった。

驚く一同だったが、月海に言われるがままドレスに真珠を縫い付けていき蔵之介が居眠りをしている間に完成。

着替えるため千絵子とジジ様を1階のリビングへ行かせるが、2人はそこで父・慶一郎(北大路欣也)と会ってしまい、「息子」「蔵之介」というワードを耳にし疑問に思う。

詳しく聞き、後ろに飾ってあった写真を見て驚いた2人は先に帰ってしまった。

蔵之介が月海を送っていると途中で修と稲荷(泉里香)に会い稲荷から修との写真を見せられ、さらに修が「気持ち悪いオタクだと思ってた。化粧と服装に騙されて誘っちゃった自分を気持ち悪いと思っていた」と言っていたと聞かされ、ショックで逃げ出す月海。

天水館に戻り、目白先生(?)に相談し酒を飲みに屋台へ向かうが酔いつぶれてしまう。

そこへ蔵之介が現れ、お姫様抱っこで連れ帰った。

翌朝、目が覚めた月海はどうやって帰ってきたか覚えておらず「緊急事態!」とまやや(内田理央)・ばんばさんが部屋に入ってくる。

「男子禁制がルール」

蔵之介のこと・修が政治家の秘書であることなどがみんなに知られていた。

そこへ修が「月海さんと話したい」と天水館にやって来るが、まややとばんばさんが阻止。

「君を守りたいから抱きしめた。出てきてください!」と叫ぶ修に、月海は部屋から出ていこうとした。

一方の蔵之介は、千絵子とジジ様に呼び出され「あなた男ですね」と問いつめられていた。

千絵子「蔵之介さんでしょ。天水館にはもう来ないでください」

月9ドラマ【海月姫】3話の感想まとめ

回を増すごとに「面白くなってきた」との声が増えてきています。

月9らしいラブストーリー展開で、視聴者の心をグッと掴み続けていけるのでしょうか?

そして蔵之介の正体が尼~ずにバレてしまい、もう「天水館」に足を踏み入れることはできなくなってしまうのかなと心配していましたが、次回予告では再び天水館に蔵之介の姿があったのでホッとしました。笑

月海と修の恋の行方もどう動いていくのか、気になるところですね!

次回、第4話は2/5(月)21時~放送。

お見逃しなく!!

Posted by aya