【リピート】2話のあらすじと視聴率!貫地谷しほり×本郷奏多が夢を求む思考実験ドラマ!

貫地谷しほり主演×乾くるみ原作のタイムリープ・ドラマ「リピート」の第2話が1月18日木曜日に放送されました。

大どんでん返しの触れ込みで話題沸騰。無料動画Tverでの視聴ランキング上位5作にも入る人気。

1話ではリピート後に見事プロポーズを受けた鮎美。しかし思いもよらぬ展開に…。10人のうち1人亡くなり第2話は誰が…。

今回は【リピート】2話の視聴率、あらすじ、感想まとめ

読売テレビ・日本テレビ系、2018年1月期のプラチナイト・木曜ドラマは、【リピート~運命を変える10か月~】。 主演は、貫地谷…
スポンサーリンク

【リピート】2話の視聴率

【リピート】2話の視聴率は分かり次第更新します。


全話のあらすじと視聴率もまとめていきます。

貫地谷しほり・本郷奏多・ゴリ主演のドラマ【リピート】が絶賛放送中! ここでは【リピート】全話のあらすじと視聴率、視聴率予想のほ…

【リピート】2話のあらすじ

2018年1月11日から10か月前の2017年2月24日23時13分に戻った。2月26日に集まった9人は高橋がトラック運転中にリピートし事故を起こしてしまった。坪井は東大に受かった。鮎美(貫地谷しほり)はプロポーズを受けた。みんなリピートに感謝していたが…。


3月7日、鮎美(貫地谷しほり)は一樹(松田悟志)から「両親に会わせたい」と電話で言われた。幸せだ。3月12日、一樹の実家を訪ねると、彼の母は鮎美の土産や服装、仕事など何かと鮎美にケチをつけてきて、鮎美は(人の味覚を笑うな、人のセンスを笑うな、人の仕事を軽く見るな)と、妄想し疲れ切ってしまう。

鮎美は図書館でリピート仲間の主婦・横沢佐知子(手塚理美)と出会い、相談する。結婚は我慢だという佐知子は夫の癌が判明する前に、夫の夢だった社交ダンス発表会に出場して一緒に踊ると言う。


圭介(本郷奏多)はカメラマンの助手をしていた頃を思い出す。機材を盗んだと責められた。…圭介はお金持ちの恋人・由子(島崎遥香)に別れを告げる。未来では圭介を犬扱いするのだ。泣きすがる由子はホワイトデー(3月14日)までに考え直して欲しいと言う。

その日は、圭介の店にカメラマンの先輩が来てケンカしてカメラを壊してしまった。それで由子に弁償代の100万円を借りることになった日。由子の飼い犬になった日。

圭介はトラブルを回避するため14日当日の店を休み、天童のカフェで過ごしていた。が、新人の急病で急遽出勤するはめに。天童と鮎美も気になってキャバクラへ。結局リピート前と同じトラブルを起こした圭介は、競馬で儲けた金を支払い、由子に別れを告げる。


3月15日。リピート前にはなかった連続放火事件でダンス会場が使えなくなり、落ち込む佐知子。鮎美は図書館の休館日を利用し、イベントスペースをダンスに使うことを佐知子に提案する。

3月16日、佐知子は夫とラストダンスを踊り満足する。「結婚はダンスに似ている。足を踏まれても相手と繋がり生きるの」と鮎美は励まされた。


帰り道、鮎美は婚約者の一樹が見知らぬ女性との車内でのキスを目撃。一緒にいた圭介も見て、話しながら帰る。夢みたことを後悔する鮎美。圭介は夢みてもいい、と激励。圭介の夢は買えないものだった。

翌朝、連続放火事件に巻き込まれて佐知子と夫が死亡したというニュースが流れた。

【リピート】2話の感想

リピートした人生は、幸福なのか?

そんな思考実験が第2話から本格スタート。なぜなら思いもよらぬストーリーが加速するのです。

鮎美、圭介、佐知子を軸に構成されたので3人に焦点を当てて感想をまとめます。

リピート2話の感想①鮎美はキョドコ?

鮎美はさんざんな第2話。

一樹の母親にずけずけ言われて、しかもその一樹は別の女性とキスしていました。ショックですね。分かります、が…

実家に挨拶パートはみんな演技がありきたりでちょっと残念。野際陽子さんや渡る世間を見てきた人には拍子抜け。

これくらいで疲れた、って「はやっ!」とツッコミたい。お母さんもあんな豪邸に住んでいるのだから、もっと外の顔は取り繕えないのかな。結婚考え直すべき。

キス現場を目撃しても鮎美「私なんかが…」と自己卑下。これはTBS火曜22時の「きみ棲み」キョドコと同じ自己評価の低さ。ちょっとイライラします。(笑)

一樹を演じる松田さんは「ソースさんの恋」でもゲスでしたが今回も!なんだか似合います。

リピート2話の感想②あきらめないで、圭介

圭介のことで判明したのは二点。

①犬になったわけ

第1話で恋人・由子から犬扱いされていた圭介は、彼女に100万円を借りたことが始まりでした。

②圭介の夢

圭介がカメラマンを目指していました。盗みの疑いで辞めたことも、明らかに。(自宅のカメラは別?)

うーん。これ、本当は盗んだのかも。盗んでないなら、辞める必要なかったし。だから家でカメラを見てたんだ。

と、思ったら、リピート後もケンカするってことは盗ってない?

分かりにくかったです。多分、先輩が嫌いだし批判されるとケンカ買ってしまう、衝動的なタイプ。辞めたのも勢いですね。

買えない夢…圭介も終わってないと思う。違うカメラマンのもとでもやり直してほしいな、圭介は。

リピートしたため別れ話しが成功も、ストーカーになりそう。いや、ぱるるのどSをまた見たいんです。(笑)

リピート2話の感想③佐知子の夢と結婚

リピート前にはなかった放火事件が起こります。この火事が元で2話ラストにつながるとは!その前にダンス大会にも繋がりましたね。

手塚理美さん演じる横沢佐知子がリピートしてやりたかった夢、夫とのダンスが家事で中止も鮎美のおかげで成功。

上司に場所を借りる依頼シーンもないのであっさりしてましたが、良かった良かったとはなります。

「足を踏まれても」の台詞は苦労や我慢の積み重ねが感じられいというか描かれてないので、やや浮いてしまう印象も…、結婚に悩む鮎美と絡めた構成は巧いです。

見ていて、結婚ってつらいけど頑張ろう、仲良さそうな佐知子夫婦いいなあとほっこりします。

優しさ、思いやりにあふれた表情で、夫や鮎美にとって癒しでしたが、視聴者にとっても安定感ある演技のベテラン。しかしラストでいなくなってしまい、残念。

ただ、安心してください。ゴリさん、安達祐実さんらのエピソードも楽しみですよ。

まとめると…

【リピート】2話は、貫地谷しほり×本郷奏多が夢を求む思考実験ドラマになったことが分かりました。リピートしても夢を叶えるのは自分なのですね。

しかし、2人目の死亡者が叶えると亡くなるパターン?次はどうなる、誰か死ぬ⁉

見逃せませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク