【わろてんか】90回のあらすじと視聴率!団吾・波岡一喜の「死神」に視聴者の期待高まる!

NHK朝ドラ【わろてんか】第90回が1月19日金曜日に放送されました。

ラジオ番組にし新しい時代の到来を告げると語る団吾師匠。風太らの反対をくぐり抜けられるのか?

今回はNHK朝ドラ【わろてんか】90回の視聴率とあらすじ、感想まとめ

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…
スポンサーリンク

【わろてんか】90回の視聴率

【わろてんか】90回の視聴率は21.5%!

5回連続の20%台となりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】90回のあらすじ

風太(濱田岳)はキースが賛成するのを聞いてラジオ出演禁止と張っとけ!と大声を出す。

ラジオ放送の当日、大阪のラジオ局前で団吾(波岡一喜)を捕まえようと社員たちに見張らせる。

藤吉(松坂桃李)は万丈目が書いた万歳のネタを見て、笑ってしまう。てん(葵わかな)は新しいことを生み出す万丈目を褒め称えた。藤吉も負けてはならないと笑いあった。

藤吉は見舞いにきた風太に今の心境を聞かせた。三途の川まで行ったが、笑い声が聞こえて戻ってきた。だから新しいことを始めて日本中に笑いを広めたい、そう思っていた。

息子の隼也(大八木凱斗)が病院へきた。自分にとっての一番の冒険は、藤吉(松坂桃李)の跡を継いで北村笑店で働くことだ、と言うのを聞いて、うれしい気持ちで一杯になる。

藤吉も「勉強して、一生の仕事だと思ったら継いでくれ」と継ぐことを了解した。

放送直前になっても団吾はラジオ局に現れず、風太の出演阻止が成功したとおトキ(徳永えり)たちも安堵(ど)するが…

なんと団吾がラジオ出演

京都から放送しているのだった。「写真のように怖がる人ばかりでもったいない、何より怖いのは魂をもっていく死神って話しで…」

【わろてんか】90回の感想

【わろてんか】90回のまとめ

風太の妨害もむなしく、団吾師匠がラジオに!

「土曜日が楽しみ」と死神の演目が聞けることに視聴者はわくわくしています。

「わろてんか」は土曜日にクライマックスを持っていく構成が巧い。

隼也の「冒険」の解釈も良い言葉ですが、悩み苦しむシーンはほぼないので残念。けれ父親が倒れたというのは転機にはなりますね。

さあ「わろてんか」盛り上がってます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク