【相棒16】12話視聴率は15.5%!MeTooと詩織さん事件彷彿の社会派と評判!

【相棒16】12話のあらすじと視聴率!

  • 「相棒」のシーズン16、第12話が1月17(水)にテレビ朝日系で放送されました。
  • 衣笠副総監(大杉漣)襲撃事件が発生!4年前の脅迫事件に繋がりが?
  • 渦中の衣笠家で働く家政婦(長野里美)の“秘密”とは…?
  • あらすじネタバレ、ゲストや感想で話題なことも紹介します。
スポンサーリンク

【相棒16】12話の視聴率

【相棒16】12話の視聴率15.5%!

12%台の前回から大幅上昇の高視聴率となりました。

【相棒16】12話のゲスト

筒井真理子(役:衣笠祥子)

衣笠祥子(きぬがさ しょうこ)…警視庁副総監である衣笠の妻。4年前、衣笠家で脅迫状が見つかった一件以来、体調を崩していまだ療養所から自宅に戻れず、家族と離れて暮らしている

桜田ひより(役:市原里奈)

市原里奈(いちはら りな)…衣笠の一人娘。防犯のため母・祥子の旧姓を名乗る。1年前、殺人事件の目撃者となった一件(相棒15・第11話)で特命係と知り合い、信頼感と親しみを感じている。その一方、家庭を顧みない父には「警察官じゃない。ただの役人」と反発心を抱いている。

長野里美(役:沖田晃子)

沖田晃子……衣笠副総監宅の家政婦。紹介所の斡旋で2年程前から請け負っている。家庭内のことは一切話さないという取り決めを忠実に守っている。

【相棒16】12話の脚本・監督

「相棒16・12話」脚本:山本むつみ

山本 むつみ(やまもと むつみ)…代表作に朝ドラ『ゲゲゲの女房』、NHK大河ドラマ『八重の桜』、『コウノドリ』(2015年版)など。

相棒シリーズでは

  • season(=s)12 第15話「見知らぬ共犯者」
  • s13 第13話「人生最良の日」
  • s14 第16話「右京の同級生」
  • s15 第4話「出来心」、第11「アンタッチャブル」
  • s16 第9話「目撃しない女」

「相棒16・12話」監督:橋本一

橋本一(はしもと はじめ)…1968年1月17日生まれの演出家、映画監督。

「相棒」の映画版監督に

  • 「相棒シリーズ X DAY」
  • 「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断」

「相棒」のドラマ版監督に

  • S2 第8話 「命の値段」
  • S3 第9話 「潜入捜査〜私の彼を探して! 」 第14話 「薔薇と口紅」 第17話 「書き直す女」
  • S4 第12話 「緑の殺意」 第14話「アゲハ蝶」第17話「告発の行方」第18話「節約殺人」
  • S5 第18話「殺人の資格」第19話「殺人シネマ」
  • S7 第11話 「越境捜査」 第12話「逃亡者」
  • S8 第4話 「錯覚の殺人」 第5話「背信の徒花」
  • S9 第8話 「ボーダーライン」 第11話「死に過ぎた男」
  • S10 第6話「ラスト・ソング」第8話「フォーカス」
  • S11 第17話「ビリー」 第18話「BIRTHDAY」
  • S12 第8話「最後の淑女」 第9話「かもめが死んだ日」 第13話「右京さんの友達」 第14話「顔 」
  • S13 第4話「第三の女」第6話「 ママ友 」 第11話 「米沢守、最後の挨拶 」第12話 「学び舎」、第13話「人生最良の日」脚本:山本むつみ、第14話 「アザミ 」 第17話 「妹よ 」第18話 「苦い水 」
  • S14 第2話「或る相棒の死」 第3話 「死に神」 第5話 「2045」 第7話 「キモノ綺譚 」 第10話 「英雄~罪深き者たち」 第12話 「陣川という名の犬 」 第15話 「警察嫌い」 第18話 「神隠しの山 」 第19話 「神隠しの山の始末」
  • S15 第1話 「守護神」 第6話 「嘘吐き」第9話 「あとぴん~角田課長の告白」
    第11話 「アンタッチャブル」ゲスト:桜田ひより/ 脚本:山本むつみ、
  • S15 第13話「 声なき者~籠城」 第14話 「声なき者~突入」 第18話「悪魔の証明」S
  • S16 第1話 「検察捜査」

【相棒16】12話のあらすじ

第12話「暗数」

警視庁副総監の衣笠藤治(大杉漣)が、青木(浅利陽介)と会食後、2人の暴漢に切りつけられる事件が発生。

7年前、衣笠は県警本部長時代にカウエボ神義教団を一斉検挙した。警視庁はそのカルト教団の関与を疑い、当時の捜査員・田川(久保田磨希)らを加えた緊急対策チームを編成。捜査対象がリストアップされるが、その中には、なぜか青木年男(浅利陽介)の名前が含まれていた…。

青木から助けを求められた特係の右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、独自の視点で捜査に乗り出す。4年前、衣笠家には殺害予告めいた脅迫状が届いていた。そのため娘の名字を変えたのだ。

衣笠家を訪れた特命係は以前、事件の目撃者(相棒15・11話「アンタッチャブル」)として面識を持った衣笠副総監の娘・市原里奈(桜田ひより)から話しを聞く。

手紙は書斎に落ちていた。「大切な者を失う痛みを知れ」とあった。

里奈の母・祥子(筒井真理子)は脅迫状で体調を崩し、今も療養先から戻ってないという。以来、家事は沖田晃子(長野里美)という家政婦が担っている。

右京は晃子の存在に引っ掛かるものを感じ、派遣元の事務所に訪問すると、晃子の履歴書の身元引き受け人は市原祥子とあった。里奈の母の旧姓が市原だ。

教団の裏サイトでは「卵(=ウエボ)は割られた」「報復の時が来た」とあり、7年前に教団検挙に関わった尾花沢弁護士のところに毒物が届く。捜査本部は教団の怨恨の線で引き続き捜査する。

特命は、衣笠家での様子から、本部を手伝う川崎北署の田川千波と晃子との関わりも疑う。晃子は田川が4年前に担当した事件関係者。沖田真穂・24才は上司に性暴力を受けた。母の晃子は告訴に反対したが、真穂は戦った。しかし田川は警察の上層部・おそらく衣笠の指示で断念。そのため悲観した真穂は住宅火災で死んだ。(自殺の可能性が高い)

里奈が家を抜けだした。そこへ暴漢2名がきたが、晃子がまず助け、右京たちが逮捕した。

ケガをした晃子は入院。右京は、4年前の脅迫は祥子と晃子の共犯と推理。

病院へ祥子が来て、中庭で右京たちに白状した。脅迫の主犯は祥子だった。圧力をかけた夫が許せなかった。祥子も同じ経験があった。22のとき性被害を受けた恐怖や屈辱が忘れられない。

祥子は復讐をして心を病んだ。元気になるまで娘の面倒を見ると晃子は祥子に約束してくれた。暗数…警察では認知できない事件の数。

祥子は正義をあると信じたいから声をあげる、戦うと言った真穂の思いに応えたかった。右京は理解しながらも、他にやりようがあったと告げる。

実は、対策チームの一人・谷崎が教団の者だった。青木が証拠を掴んだ。

衣笠は、右京に上からの指示だったと答える。

「法では裁けない。あなたの良心以外には」右京は斬った。

衣笠家に踏み込み過ぎたからややこしい関係になった、と右京と亘は「花の里」で嘆く…。

【相棒16】12話の感想

タイムリーな社会問題だ、さすが相棒、と話題です。

ハリウッドのセクハラ騒動から発展した『MeToo』私も、という声を上げる運動を思わせるタイムリーな題材。

また、もう1つ、思い出すのは…

声を上げた伊藤詩織さんの件です。

警察権力のトップが捜査に不当介入した疑いも似ています。

「他に方法があったのでは」という右京さんが現実にいれば…きっと警察権力と戦ってくれるのに、と思ってしまいます。

振りかえると、襲撃犯は結局教団だけど、別の脅迫問題を特命が解決したという複雑な展開。スッキリはしないのですが、社会問題を考える契機とはなった相棒12話でした。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク