【わろてんか】88回のあらすじと視聴率!伊能栞・高橋一生の複雑な優しさが炸裂!

葵わかな主演のNHK連続テレビ小説・朝ドラ【わろてんか】第88回が1月17日(水)に放送されました。

いつも笑顔のてん(葵わかな)は必死に藤吉(松坂桃李)を看病している。倒れて3日たったころ、ついに意識が…

今回は【わろてんか】88回の視聴率、あらすじ、感想まとめ

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】88回の視聴率

【わろてんか】88回の視聴率は20.5%!

月曜日から3話連続の大台20%超えの視聴率となりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】88回のあらすじ

隼也がてん(葵わかな)にリンドバーグのように冒険したいと語る。父親を超えたいと聞いて、てんは藤吉の子だと再認識して嬉しくなる。そんななか、意識を取り戻した藤吉(松坂桃李)。倒れて3日後のことだった。

てんは会社のみんなに社長の意識が回復したと報告。すると、ラジオ局からお客がきて、天才落語家・団吾(波岡一喜)のラジオ出演を打診される。しかし風太が即座に断った。

藤吉の病状が安定した頃、京都からりん(堀田真由)と一緒にてんの母・しず(鈴木保奈美)が見舞いにやって来て、「夫婦水入らずの休みと思って」と言ってくれた。

だが、藤吉は体に麻痺(まひ)が残り思うように動けず焦りを感じ始める。

風太(濱田岳)は、ラジオで芸を披露すれば寄席に客が来なくなると考えていた。直接交渉されて乗り気の団吾。風太は借金を盾に資産を取り押さえ、ラジオ出演を取り止めるよう迫った。

伊能栞(高橋一生)も見舞いにきた。藤吉は不安になっていた。ちゃんと歩けず仕事も戻れない。てんに迷惑をかけて怖い…。

伊能はてんがどんな時も笑って看病していたと伝えた。「必ず歩け、張ってでも歩け。おてんさんを悲しませるな」と約束させた。

【わろてんか】88回の感想

伊能栞(高橋一生)のてん・藤吉への声かけ。2日にわたるシーンは見どころでした。

有働アナも伊能を良い友人だとベタ褒め。友人から入ってその先をいくとオチをつけてましたが(笑)

しかし伊能栞(高橋一生)の優しさ炸裂は確かにそうなんですが、その優しさは複雑だと思われます。

てんに恋心はあるからこそ、てんの肩しか触れないし、藤吉にてんを悲しませるなと激励。もちろん友人の夫婦というのもあるでしょうが、複雑なもどかしさも表現されているのでは?

ラジオの件は藤吉は賛成するかと思っていたら、寄せがダメになると風太と同じ考え。

藤吉は、後先を考えないで行動するのが取り柄だったのに、弱気になっているのでしょうか。

てんが藤吉に相談して断られたとき、浮かない顔でした。ラジオはこのままでは終わりそうにありませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク