【わろてんか】82回の視聴率は20.2%!7話ぶり大台回復は志乃役・銀粉蝶の演技力か。

葵わかな主演NHK朝ドラ【わろてんか】82回(1月10日水曜)のあらすじと視聴率、感想まとめ

てん(葵わかな)と藤吉(松坂桃李)は、2人の夢である日本一の席主になるため東京進出を目指す。

しかし、関東大震災が発生。風太(濱田岳)が東京にかけつけ、浅草にいるキース(大野拓朗)と東京のお母ちゃん(銀粉蝶)を連れ帰ってきたが、なにやら伊能栞(高橋一生)の様子がおかしくて…。

スポンサーリンク

【わろてんか】82回の視聴率

【わろてんか】82回の視聴率は20.2%!

正月モード返上か?ついに大台回復となりました。


これまでの視聴率一覧はこちら。

【わろてんか】82回のあらすじ

志乃は伊能のことは覚えていないようだった。

藤吉は伊能に「知り合いか」と尋ねたが、「人違いだった」という。

医者に診てもらったところ一時的な記憶喪失だった。

隼也がやってきて…

志乃「名前ってのは親の願いが込められてる。

はやぶさなら空高く飛んで欲しいだ

大事にするんだよ」

志乃には自慢の息子が外国にいるそうだが…


アサリはキースに「(もう一度コンビを)組んだってもええで」というが…

キースは「地震を考えると

笑う気にならない」

てんの妹・りん(堀田真由)がお薬をもってきた。母も元気とお互いに近況を語りあった。

志乃は北村笑店を手伝った。伊能に「東京の人だろ、あおっちろい顔してるね。」と話しかけた。

伊能は藤吉とてんに話した。「あの人は僕の母親なんだ。

向島の芸者で

中学まで暮らしてた

お金で伊能家に売ったんだ。体の弱い本家の兄の保険として。」

やがて志乃が来て「さっきのは口に合わなかったようだから」と卵焼きなどを持ってきた「しっかり食べて元気出さなきゃ、さ、食べとくれ」

しかし伊能は何も言わず口をつけず立ち去る。


伊能に記者から電話で質問がきた「あれは売名という声がありますが?実の母はご無事でしたか」

伊能は記者や世間の声を無視し、電話を切り思い悩んだ…。

【わろてんか】82回の感想

伊能栞役の高橋一生さんと志乃役の銀粉蝶さんがからんだシーンは良かったです。

まるで別のドラマのようでした。

視聴率が回復したのは、ベテランの銀粉蝶さんの演技も大きいかもしれません。

「わろてんか」は決して評判が高くはないのですが、月ノ井団吾と団真・お夕の争いの週など時々「これは!」と惹きつけられてしまいますね。

スポンサーリンク