WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】のキャストとあらすじ!織田裕二、松嶋菜々子出演で話題

2017年12月23日

織田裕二主演ドラマが、2018年1月14日スタートのWOWOW・連続ドラマW枠にて放送されます。

松嶋菜々子、岸谷五朗、古谷一行、ユースケ・サンタマリアら豪華キャストが結集!

舞台はバブル崩壊後の1990年末。正義を貫く銀行員・野崎修平の活躍を描く痛快ドラマです。

今回は、WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】の基本情報・キャスト・あらすじまとめ。

スポンサーリンク

WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】の基本情報

放送日:2018年1月14日スタート 毎週日曜よる10じ(全8話)

放送局:WOWOWオンライン

原作:周良貨・能田茂『監査役野崎修平』 (集英社刊)

脚本:前川洋一(「連続ドラマW 沈まぬ太陽」「連続ドラマW アキラとあきら」)

監督:権野元(「連続ドラマW 楽園」「デッドストック〜未知への挑戦〜」)

音楽:羽岡佳

WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】のキャスト

織田裕二(役:野崎修平)

登場人物

野崎修平(のざき しゅうへい)……不正と戦い、改革を叫ぶ熱血監査役

熱い正義感と人情、そして冷静な判断力をもつ。入行当初は同期一のエリートと目されたが、ある事件の罪をかぶり関連会社に左遷される。その後、銀行に戻り地蔵通り支店長を勤めていたが、突然監査役に抜擢された。

キャスト 

織田裕二(おだ ゆうじ)……1967年12月13日生まれ。神奈川県川崎市生まれ。BAC CORPORATION所属。1987年、映画『湘南爆走族』で主演デビュー。以降ドラマ『東京ラブストーリー』『踊る大捜査線』などで人気に。WOWOWへの出演は2014年の『株価暴落』以来となる。

岸谷五朗(役:武田真吾)

登場人物

武田真吾(たけだ しんご)……豪腕にしてキレ者の武闘派専務

おおぞら興産社長から、京極により専務として呼び戻された豪腕実力者。銀行の改革を推し進めながら、頭取の座を狙っており、京極の弱みを探っている。

キャスト

岸谷五朗(きしたに ごろう)……1964年9月27日生まれ。所属事務所はアミューズ。東京都武蔵野市出身。2017年はドラマ『脳にスマホが埋められた!』社長役、『ウチの夫は仕事ができない』デザイナー役で出演した。

 

古谷一行(役:京極雅彦)

登場人物

京極雅彦(きょうごく まさひこ)……圧倒的権力を持つ銀行頭取

穏やかな外見とは裏腹に、その実は冷徹な策士。政治家とも近く、権力を意のままに操る。野崎を監査役に抜擢、さらに武田を銀行に呼び戻し、おおぞら銀行のさらなる繁栄を目論む。

キャスト

古谷一行(ふるや いっこう)……1944年1月2日生まれ。東京都出身。フロム・ファーストプロダクション所属。『横溝正史シリーズ』金田一耕助役などが有名。2017年は朝ドラ『ひよっこ』などに出演。

松嶋菜々子(役立川祥子)

登場人物

立川祥子……女性役員の座を狙う野心家

おおぞら銀行女性初の支店長。上昇志向の強い女性で、初の女性役員になるという大きな野心を抱き、野崎に接触を計る。

キャスト

松嶋菜々子(まつしま ななこ)……1973年10月13日生まれ。神奈川県出身。セブンス・アヴェニュー所属。夫は俳優の反町隆史。代表作に『ひまわり』『GTO』『やまとなでしこ』『家政婦のミタ』など。今作は特別出演になる。

ユースケ・サンタマリア(役:阿部龍平 )

登場人物

阿部龍平(あべ りゅうへい)……野崎と因縁の過去を持つ取締役

かつては野崎の部下として共に職務を行っていたが、阿部のある行動がきっかけで野崎が出向。因縁の関係となる。その後は着々とキャリアを重ね、最年少役員として取締役になる。

キャスト

ユースケ・サンタマリア…… 1971年3月12日生まれ。大分県出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。本作の主演・織田裕二とは『踊る大捜査線』シリーズで共演している。

瀧本美織(役:吉野美保)

登場人物

吉野美保(よしの みほ)……監査役室付きの秘書。原作では、野崎のスタッフの一員となる。女を武器に野崎に擦り寄る立川祥子(松嶋奈々子)のことを良く思っていない。

駿河太郎(坂本正義)

登場人物

坂本正義(さかもと まさよし)……業務推進部で西條進(三浦誠己)の部下。原作では、人事異動で監査役室のスタッフとなり、野崎修平の片腕的存在となる。

小林且弥(沖田浩二)

登場人物

沖田 浩二(おきた こうじ)……検査部の社員。のちにおおぞら銀行時代に入手した会社の弱み等の情報を元にコンサルタント業を始めるが、野崎に不正を見破られ駆け引きされる

三浦誠己(役:西條 進)

登場人物

西條 進(さいじょう すすむ)……不良債権の管理業務を担当する業務推進部長。原作ではリストラ対象者を告発し、武田(岸谷五朗)に取り入る。

利重剛(役:林一郎)

登場人物

林 一郎(はやし いちろう)……おおぞら銀行の専務。野崎を疎ましく思っている。原作では東都政策研究室への一連の利益供与に関わっていた責任を取らされる形で解雇・告発される。

松尾諭(役:安藤慎二)

登場人物

安藤慎二……おおぞらローンサービスの社員で、木村ウメから恨みを買っている。野崎から協力を要請される。

小市慢太郎(役:柏木竜馬)

登場人物

柏木竜馬(かしわぎ りょうま)……記者。原作では、元々は政治記者歴が長く鷹山(勝部演之)の番記者を務めていたこともある。野崎に興味を抱き、仲間として行動する。

本田博太郎(役:松崎 源陽)

登場人物

松崎 源陽(まつざき げんよう)……総会屋。原作では、元々は関西で活動していたが、海藤(宇梶剛士)の後見人を務めていた関係から、海藤が逮捕されたのを見て関東に進出する。

勝部演之(役:鷹山光司郎)

登場人物

鷹山 光司郎(たかやま こうしろう)……内閣総理大臣。原作では、京極とは都立外山高校時代からの同級生。京極は経営が傾くあおぞら銀行の生き残りを賭けて鷹山への資金供与を行っていた。

田島令子(役:木村ウメ)

登場人物

木村ウメ……木村ビルのオーナー。おおぞらローンサービスの安藤を恨んでいる。

山本圭(役:橘一郎)

登場人物

橘 一郎(たちばな いちろう)……あおぞら銀行の母体企業の一つである日本橋合資の社長。原作では野崎があおぞらファイナンスに出向していた際の上司。その後あおぞら銀行専務を務めた後、現職に。

甲本雅裕(役:渡辺勝利)

登場人物

渡辺勝利……あおぞら銀行の検査部長。原作では、温和な性格の常識人で、東都政策研究室への利益供与事件の当初より野崎に協力的な数少ない人物の一人。リストラの一環で関連会社に出向させられてしまう。

西田尚美(役:野崎志穂)

登場人物

野崎志穂……野崎修平の妻。

宇梶剛士(役:海藤 義己)

登場人物

海藤 義己(かいどう よしみ)……総会屋。「東都政策研究室」という右翼団体を率いている。原作では、あおぞら銀行とは古い付き合いがあり、政府・特に鷹山への資金供与の窓口となる。その関係を絶とうとする野崎とトラブルを起こす。

光石研(役:柳沢秋保)

登場人物

柳沢秋保……京極の懐刀でカミソリの異名を持つ副頭取。
かつて京極に使い捨てにされ関連事業部に飛ばされたが、おおぞら銀行の不正を追求する野崎対策のため、副頭取として呼び戻された。計算高い策士。

キャスト

光石研(みついし けん)……1961年9月26日生まれ。福岡県出身。鈍牛倶楽部所属。テレビ東京では『バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜』『下北沢ダイハード』などに出演している

WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】のあらすじ

野崎修平(織田裕二)は、おおぞら銀行地蔵通り支店長。出世コースとは程遠い行員生活だが、正義感と人情味ある人柄から行員や街の人々に好かれている。

ある日、支店が閉鎖。野崎の異動先はなんと役員に昇進し監査役へ就任した!

野崎は銀行内での不正を目の当りにし、「究極の闇」に辿り着く。

そこには、現おおぞら銀行頭取・京極雅彦(古谷一行)の影が…。京極は出向先から豪腕の行員・武田真吾(岸谷五朗)を呼び戻し、おおぞら銀行初の女性役員を目指す立川祥子(松嶋菜々子)も加わる。

今の銀行を変えようとする野崎は、銀行内で抵抗勢力との熾烈な戦いを繰り広げる。

WOWOWドラマ【監査役 野崎修平】のまとめ

主演・織田裕二、特別出演・松嶋奈々子でワクワクするドラマです。

織田さんの正義感あふれる役は真骨頂!

豪華キャストもあわせて楽しみです。

【監査役 野崎修平】を視聴するには

【監査役 野崎修平】は、WOWOWオンラインで視聴できます。

高良健吾、城田優、妻夫木聡ら毎月豪華キャストでオリジナルドラマを制作。テニス・スペインサッカー・音楽・映画も満載です。

Posted by Jima