【わろてんか】71回視聴率は20.0%!北村笑店追いつめる寺ギン(兵動大樹)が強敵すぎる

2017年12月22日

葵わかな主演、NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第12週「お笑い大阪 春の陣」第71回が12月22日金曜日に放送されました。

ついに寺ギン対決編もクライマックスに!

今回は【わろてんか】71回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

スポンサーリンク

【わろてんか】71回の視聴率

【わろてんか】71回の視聴率は20.0%!

月曜日から5回連続の大台超えです。

【わろてんか】71回のあらすじ

3軒の寄席のうち2軒が休業に追い込まれた。

藤吉(松坂桃李)の懸命の外回りもむなしく、京都や神戸の芸人にも寺ギンの圧力がかかっていた。

てん(葵わかな)は伝統派の文鳥師匠(笹野高史)の助けを借りるべきと、席主の藤吉に提案する。「日本一の席主になる夢が遠のきます。それでよろしいんですか」

風太(濱田岳)はうちも月給制ですべきだと寺ギン(兵動大樹)に申し出るが、甘やかすだけだと拒絶され、しかも「芸人の替えはきく」と言われた。

その言葉に反応した風太は尊敬していた寺ギンを「変だ」と指摘。「芸人をモノ扱いする金の亡者」と言い放ち、クビを言い渡される。

藤吉が文鳥のもとを訪ねると、そこには寺ギンがいて。伝統派とオチャラケ派は結託したと追い返されてしまう。

そして寺ギンが札束を用意し、風鳥亭を買い取りにきた。

【わろてんか】71回の感想

寺ギンがすっかり悪役になり、対立構造が分かりやすく好評です。

許せないと思う声が大多数ですが…

笑いで生きてる人を救う、なんて途中よいエピソードがあったので、寺ギンが本当に悪か信じられない視聴者も。

月給が本当に良いかも分かりませんし。事実なのは寺ギンには強大な力があること。

けれど北村笑店4つめの家訓「人財」で打開できるか?次週持越し?12週の最終・土曜日に期待!

Posted by Jima