【トットちゃん!】54話のあらすじと感想!守綱・山本耕史がナレ死、視聴者感涙!

2017年12月15日

【トットちゃん!】第54話が12月14日(木)に放送されました。

黒柳徹子さんの半生を描くテレビ朝日系・昼帯劇場の第2弾。

佑介(城田優)と徹子(清野菜名)の秘められた恋が描かれています。

今回は【トットちゃん!】第54話のあらすじと感想、まとめ。

スポンサーリンク

【トットちゃん!】54話のあらすじ

著書『窓ぎわのトットちゃん』を手に、『カレーのシイナ』を訪ねた徹子(清野菜名)は、『乃木坂上倶楽部』が老朽化のため取り壊されることを知る。シイナさん(小澤征悦) エミー(凰稀かなめ)は、これからの人生プランを徹子に打ち明けて…!? そんな折、ダニー市川(新納慎也)が『徹子の部屋』のゲストとして登場する。

人生プランとは移動カレー屋。トットの絵ハガキからもらったアイデアだった。徹子は『窓ぎわのトットちゃん』をサインしてプレゼントした。時代は変わるがこの本には思い出が残っている、と徹子は2人に感謝された。昭和56年のことだった。

ダニーはブロードウエーのミュージカルの作家で演出家になり、賞も獲得していた。賞は夢の気分だという。ダニーは徹子をさんづけで呼んだ。

戦時中は徴用され、戦後、日本についていけず、アメリカに渡りバックダンサーになった。主役でなく鬱屈していた。その想いを台本にした。足がハサミになり気に入らない人を殺すダークファンタジー。注目され人気作になった。

今後は、天涯孤独なのでニューヨークで生きると語るダニー。

収録後、徹子は自分の本を渡す。そして乃木坂を訪ねたというダニーに、エミーの現状を正直に話した。ダニーはプレッツェルのしょっぱくて甘い味を思い出し去っていった。

ルクセンブルクでの佑介のもとを訪ねた徹子は、教会でパパの話しをする。父・守綱はその年の春、他界していた。

ある朝、また本を依頼されていた徹子はNHK時代の話しの構想を伝えた。「がんばりなさい。」と父に言われた。そのときは元気で、朝からステーキを食べていた。それなのに、出張した徹子の講演さきに母から電話があって…「パパが亡くなった」と聞かされた。倒れたのに連絡しなかったらしい。

プロで、ヴァイオリンとママが1番大好きなパパだった…。

【トットちゃん!】54話の感想

ダニーがアメリカに帰り…

守綱さんがナレ死。回想シーンでみせました。

妻とヴァイオリンを愛した守綱さんを好演した山本耕史さん。

魅了された視聴者は多かったです。素敵な演技でした。

Posted by Jima