【わろてんか】61回視聴率は大台20.5%!すれ違う夫婦をトキ・亀井が意訳で「面白い」!

NHK連続テレビ小説・朝ドラ「わろてんか」第11週「われても末に」第61回が12月11日月曜日に放送されました。

第10週の土曜日放送で、落語を途中で投げ出した夫・団真(北村有起哉)はお夕(中村ゆり)に手をあげました。てん(葵わかな)が団真を勝手に風鳥亭の高座にあげたことで、藤吉(松坂桃李)の関係は険悪に。2つの夫婦の今後は?

男女2人が別れても川の流れのように合流する百人一首。それを扱う演目『崇徳院』がテーマの週・後編で、視聴者の期待が高まります。

今回は【わろてんか】61回のあらすじと視聴率、感想まとめ。

【わろてんか】全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】 …
スポンサーリンク

【わろてんか】61回の視聴率

【わろてんか】61回の視聴率は20.5%!

第60回は19%台でしたが回復!20%台の大台となりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】61回のあらすじ

てん(葵わかな)が勝手に団真(北村有起哉)を高座に上げたことで、てんと藤吉(松坂桃李)は口もきかない仲違いの状態になった。藤吉は思いやりのつもりで仕事を休んで子育てに専念すればいいと、てんに告げる。だが、てんはショックを受けさらに夫婦はすれ違ってしまう。てんがいなくなった風鳥亭では藤吉が経理から雑用まで引き受けるが、慣れない仕事にてんてこ舞いになる。そんな時リリコ(広瀬アリス)がてんを訪ねて来た。

リリコは、時流に合う花形の芸人がいて全体の底上げになる、と藤吉の考えを支持した。

「あんたが女やから仕事に口だしするなと言われたんやない。芸のことも芸人のこともわかってへんからや。」

てんはショックを受けた…。

【わろてんか】61回の感想

「崇徳院編」は好評です。不満の感想が多かったわろてんかが「面白い」「楽しみ」の声が多くなりました。ただ、あいかわらずヒロイン夫婦にはやきもきしてるようで…。

てん・藤吉夫婦や芸人たちとのすれちがいはコミュニケーション不足。両者の立場の違いがわかってないこと。お前の分までやるという藤吉がてんの苦労を知って、てんもリリコの言葉から藤吉の立場を理解する、という展開でしょう。なかなか上手い構成。かんにん袋の週を繰り返してるような気もしますが、そう簡単には人間関係うまくいかないものですし、リアルか…。

そして今回も亀井さんの伝言ゲーム、勝手な通訳が面白かったです。

トキも加わりさらにパワーアップしていましたね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク