【民衆の敵】7話視聴率は5.8%に撃沈!田中圭のイクイケメンは“理想の夫ニュータイプ”

【民衆の敵】7話あらすじと視聴率!

新市長となった智子(篠原涼子)の支持率はうなぎ登り! 多忙な智子を支える夫・公平(田中圭)が人気沸騰!

千葉雄大とトレエン斎藤の副音声も話題!

今回は【民衆の敵】7話視聴率とあらすじ、感想、副音声企画について。

スポンサーリンク

【民衆の敵】7話の視聴率

【民衆の敵】7話の視聴率は5.8%! 月9なのに深夜ドラマ並みの視聴率に沈没! 副音声の斎藤さんいわくあと3回なので打ち切りはなし ?

【民衆の敵】7話のあらすじ

 市長となった佐藤智子(篠原涼子)は、副市長に前田康(大澄賢也)、秘書は富田恭一(渡辺いっけい)と犬崎和久(古田新太)の人事を受け入れ、あおば市議会は犬崎派が牛耳る形となった。それでも、福祉政策を進める智子の市民人気はうなぎのぼりで、ドキュメンタリー番組にも取り上げられる。この人気を盾に、犬崎は元市長の河原田晶子市長(余貴美子)が中止したニューポート開発を再び進めようと開発委員会を設置。その委員会に、智子は出席することが出来なかった。

智子と平田和美(石田ゆり子)の関係は相変わらずギクシャクしたままだ。和美はあおば市議会から資料として渡された黒塗りだらけのニューポート開発委員会議事録に不信感を抱くが智子に聞くことはできない。ならばと、移動中の犬崎を捕まえて質問をあびせる和美。だが、この和美の行動は犬崎に目をつけられることになる。和美は、藤堂誠(高橋一生)に取材をするが情報は得られない。
智子は誠に相談された非行少年、少女たちを立ち直らせ、子供たちの悩みや相談を受け入れられる仕組みに取り組もうとしていた。しかし、犬崎はニューポート開発地区で反対運動を行う市民の強制排除に動く。そのために智子は記者たちに取り囲まれてしまうが、何も答えることができない。智子は犬崎に真相を尋ねに行くのだが、市長にできないことを代わりにやっただけだと言われてしまった。智子は市民から得た信頼を瞬く間になくす窮地に立たされる。

【民衆の敵】公式ページより

【民衆の敵】7話の感想

田中圭が優しくてほっこりあたたかくて、理想の夫!

こんなにエプロンが似合うイケメン俳優はいるでしょうか?

主婦だっていろいろ葛藤あるのよ、と言わんばかりの主夫・公平をほっこりと見事に演じるイクイケメン田中圭! 抑えの演技、サイコーですね!

“公平パパ泣いちゃったんよね( ; ; ) 切ない… もう嫌(´༎ຶོρ༎ຶོ`) #民衆の敵 #田中圭”

そんなイクイケメンパパ・田中圭にまさかのねつ造不倫報道!

筆者は夫にバリバリ働いてもらって自分は楽したいタイプですが、こんなにほっこりやさしいイクイケメンが夫だったら、人生観が変わってしまうかもしれません!

何より、田中圭さんの無理のない自然な演技がたまりませんね!

私生活でもすっごくいいパパなんだろうなぁと想像してしまいますね。

【民衆の敵】7話のまとめ

智子(篠原涼子)が新市長になって、波乱の7話。

高橋一生の「やり方を変えれば」という提案から「裏を全部表にする」と思いついた智子。

犬崎(古田新太)一派をやりこめたように見えたけど、そんなにうまくいくかなぁ? と疑問。

というか、なんでもうまく行き過ぎなのが、このドラマの微妙なところですね。

残すところあと3話。

智子(篠原涼子)はどこまでいくのでしょうか? ドラマのゴールはどこに?

【民衆の敵】7話の副音声企画

【民衆の敵】7話の副音声企画は、千葉雄大(UD=ユーディー)とトレエン斎藤でオンエア!

ドラマの内容やキャストへのつっこみより個人的な話が多くて、おもしろかったですね!

とくにトレエン斎藤さんのフリからの〜千葉雄大の下ネタトークが話題に!

2017年10月期のフジ月9は、【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】に決定! 主演は、篠原涼子。 学歴…
千葉雄大公式ブログより 月9ドラマ【民衆の敵〜世の中、おかしくないですか?】7話で副音声企画第2弾を開催! 今回の副音声キャスト…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク