【明日の約束】8話視聴率は6.0%に上昇!霧島ミッチーと日向(井上真央)がついに対決!

【明日の約束】8話のあらすじと視聴率!

いよいよ最終章!攻めの一手だった毒親・真紀子(仲間由紀恵)が攻められる側に!

DV男に豹変してしまった本庄(工藤阿須加)と日向(井上真央)はどうなる?

【明日の約束】8話の視聴率、あらすじ、注目キャスト、犯人予想、感想について!

スポンサーリンク

【明日の約束】8話の視聴率

【明日の約束】8話の視聴率は6.0%! 前回より1.7%と大幅アップです!!登場人物たちの闇が次々と明らかになっていく最終章!
「犯人探し」だけで終わらない、奥深い結末・最終回に向けて上がっていく予感!

【明日の約束】8話の注目キャスト

立野沙紀(役:望月朱里)

香澄(佐久間由衣)をいじめていた望月朱里役を演じているのは立野沙紀さん!

秋元康プロデュースの劇団4ドル50セント所属の女優さんです。

何か重要な情報を香澄(佐久間由衣)に教えたようです。

【明日の約束】8話のあらすじ

【明日の約束】8話/DV男に豹変した本庄(工藤阿須加)の脳裏に蘇ったのは…

本庄(工藤阿須加)との婚約で、両家の食事会に向かう日向(井上真央)は、偶然出会った生徒たちから圭吾の妹・英美里(竹内愛紗)の危機を知り、助けに向かう。

英美里を援助交際から救えたが、食事会には間に合わず、尚子(手塚理美)が怒りくるう。母親の愚痴を聞いていた本庄の態度が豹変。「親を悪く言うな」と日向に手をあげる。

我に返った本庄の脳裏には、家庭内暴力で家族を怯えさせていた兄の姿が蘇る。

【明日の約束】8話/香澄(佐久間由衣)が狙う「あとひとり」は霧島(及川光博)!

本庄のマンションから逃げたものの家にも帰れない日向は、街で霧島(及川光博)と遭遇。学校へ向かう2人。そこに香澄(佐久間由衣)から「学校にいる」とメッセージがくる。

日向と霧島が香澄を探している間に、香澄は霧島の鞄からノートパソコンを盗み出す。

【明日の約束】8話/本庄(工藤阿須加)の深い闇の理由は…

本庄(工藤阿須加)は、日向(井上真央)に暴力をふるったことを謝罪しに藍沢家を訪問。

日向に暴力をふるったことを知った尚子(手塚理美)は激怒するが、本庄と向き合う日向。

日向に兄のことを話す本庄。兄が事故で死んだとき、これで両親は自分のほうを向いてくれると思っていたが、両親は相変わらず本庄にはあまり関心を向けなかった。

そのため、過干渉を愚痴る日向に対するイライラがついに爆発してしまったのだ。

【明日の約束】8話/英美里(竹内愛紗)が大胆行動に!

ネット上では真紀子(仲間由紀恵)の“毒親”ぶりが炎上! 弁護士たちも圭吾の件から手を引くことに。

英美里(竹内愛紗)は、真紀子(仲間由紀恵)の盗聴データを「週刊ワイド」の記者・小嶋(青柳翔)に提供し、真紀子はますます窮地に。

【明日の約束】8話の感想

「(ほら)ママの言った通りでしょ」って毒親の典型的な台詞を吐く尚子(手塚理美)がヤバイ。

「明日の約束」のノートを全部ちゃんととってある日向。捨てちゃえばいいのに、とも思いますが、呪縛されているから捨てられないんでしょうね・・。

英美里(竹内愛紗)もついに爆発! 「死んでもいい」「殺されてもよかった」以外はすべて正論!

【明日の約束】8話の犯人予想とまとめ

本庄 (工藤阿須加)の闇もわかり、ついに正体をあらわした黒ミッチー!

霧島はやはり、「犯人探し」ゲームを提供して傍観者として楽しむ愉快犯なのか?

でもまだ来週が最終回ではありません。

それに家族の問題も全然解決していないし、日向、本庄、毒親たち、香澄に救いはあるのか ?

最終回までにどうなるんでしょう? 今後の展開も見逃せません!

【明日の約束 チェインストーリー】6.5話のキャストとあらすじ! チェインストーリーとは、本編の各話をつなぐ物語。 各話…
火9ドラマ【明日の約束】は、ひとりの生徒の謎の死をめぐるヒューマンミステリー。 不登校だった生徒の突然の死。なぜ彼は死んだのか…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク