【わろてんか】55回視聴率は20.5%!藤吉(松坂桃李)が人財軽視でピンチの予感!

朝ドラ【わろてんか】55回のあらすじと視聴率、感想まとめ!

葵わかな主演、松坂桃李、高橋一生、濱田岳ら人気俳優が共演の大人気あさのNHK連続テレビ小説。12月4日に第55話が放送されました。

第9週の平均視聴率20%超で絶好調。第10週の月曜日は?あらすじと感想まとめます。

朝ドラ【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】…
スポンサーリンク

【わろてんか】55回の視聴率

【わろてんか】55回の視聴率は20.5%!

第9週平均20%超えに続き、好調キープです。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】55回のあらすじ

大正5年(1916年)の秋。第1次大戦の影響もあり、大阪は「東洋のマンチェスター」とうたわれる工業都市へ。「風鳥亭」もにぎわうなか席主・藤吉は……

藤吉(松坂桃李)は寄席を2軒に増やすことに成功し、さらに売り上げ倍増をもくろんで、客が呼べる芸人を風鳥亭の専属にしたいと躍起になっていた。てん(葵わかな)は子育てと仕事の両立に四苦八苦し、昼間は息子の隼也を子守りに預けるようになる。集金に来た風太(濱田岳)から天才落語家・団吾の人気ぶりを聞いた藤吉は、やはり団吾のような大看板が必要だとてんを説得し、獲得のための資金を用意するよう頼み込む。

風太が落語家・団吾を教えてくれたきっかけは、アサリが賽銭泥棒に間違われたこと。

警官が「けったいな芸人」が人気で風紀が乱れるともらしていたのだ。

風太によると、団吾は通天閣とならぶ「二大名物」で「落語界の風雲児」

古典落語に今の世相をいれて笑わす芸は絶品。しかし借金があるらしい。

藤吉は、団吾の芸を見てきて大看板として団吾を獲得しようと決めた。風鳥亭の芸人は自分たちより師匠に出す金を出すのか、とふてくされぎみ。

そのころ、団吾は借金とりに追われていて…

【わろてんか】55回の感想

今週も藤吉はまったく成長しません(笑)

藤吉の才能の分析、風太との比較が話題です。

藤吉は寄席さがしをしまわる程に外出しているのに、風太の方が「二大名物」の落語家を知ってるとは!藤吉は啄子さんの血をひいている証明のように「人財」を大切にしません。嫌な予感がするのですが…。見方として、てんがフォローする展開を楽しむことにした方が懸命のようです。

いまだに筆者は風太の方が夫にはいいと思いますが、好きは理屈ではないのですね。苦労してるてんなので、藤吉を好きでよかったと思わせてくれるエピソードがくることを願います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク