【わろてんか】53回視聴率は19.0%!亀井・内場勝則の通訳が笑える!

葵わかな主演・朝ドラ【わろてんか】第9週「女のかんにん袋」第53回(12月1日金曜日)の視聴率、あらすじ、感想!

  • 第9週月・火・水曜が20%超えで絶好調!53回・金曜日の視聴率は?
  • あらすじをネタバレ紹介!
  • 視聴者の感想は…?
朝ドラ【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】…
スポンサーリンク

【わろてんか】第53回の視聴率

【わろてんか】第53回の視聴率は19.0%!

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】第53回のあらすじ

ついに堪忍袋の緒が切れたてん(葵わかな)は、藤吉(松坂桃李)と一言も口をきかなくなり、仕事場でも亀井(内場勝則)を介して何とか会話が成り立つような状態になっていた。そんな二人のことを心配したトキ(徳永えり)や伊能(高橋一生)が仲裁に入るが、両者とも一歩も譲らず埒(らち)が明かない。そのころ風太(濱田岳)は京都に戻らないまま大阪にいつづけ、意外な人物の元に身を寄せていた。

風太は子供が喜ぶ芸人を見つけて寺ギンに報告。見る目があると評価された。

風太とリリコが道端でバッタリ会う。寺ギンのもとにいるのは憎い藤吉を困らせるためか、とリリコに疑われる。風太は寄席を勉強していると反論。

風太は藤岡屋を分家し店を構える話しがあった。けれど風太は迷っている。嫁をとる必要があるからだ。「あんたとうちは写し鏡や」リリコは風太の気持ちが分かるのだった。

藤吉は栞の家でてんとのことを愚痴る。「女は母になると強くて面倒なんや…結婚してへんからわからんのや」栞は「結婚ねえ。失ってから後悔しても遅いぞ」

藤吉は新しい寄席の本契約をてんに知らせる。それでも、てんは喜んでくれない。しかも亀井に通訳を頼み口をきいてくれない。そこへ寺ギンがやってきて、風太が紹介されて…

【わろてんか】第53回の感想

新喜劇座長の内場勝則が演じる亀井。

その亀井さんの通訳が面白い!と話題です。

契約書をもってきたシーンの変換具合は・・・

藤吉「新しい寄席の契約書や」

亀井『新しい寄席の契約書や言うてはります。』てんがしまっといてと亀井にいう。

藤吉「なんで一緒に喜んでくれへんね。そりゃたしかにお前らをほっといたかもしれんけど。」

亀井『ほっといたのは申し訳なかった、いうてはりますけど』

藤吉「兜のことか。まだ怒ってるのか」

亀井『兜のことはすまなんだ、いうてはりますけど』

藤吉「そんなことで、いつまでも。ええかげんにせい」

亀井『もうそろそろ許してほしい』

藤吉「だああとっれ!…ああちゃう、てんはだまらんでええ」

言葉を謝罪に変換していて、険悪なシーンなのに笑ってしまいます。笑えない「わろてんか」と揶揄されてきた本作ですが、こんなに「面白かった」と楽しまれている回も珍しいです。今後もこの調子で!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク