ドラマ【ホリデイラブ】のキャストとあらすじ!仲里依紗が不倫される妻役であなそれ怪演再び!

2018年1月スタート!金曜ナイトドラマ【ホリデイラブ】のキャストとあらすじ!

主演は仲里依紗で、テレビ朝日初主演!

TBSのドラマ『あなたのことはそれほど』(あなそれ)で浮気される妻の怪演が再び!?

王道の不倫ドラマでは異例! 浮気された正妻の視点から描く異色の“夫婦再構築の物語”です。

今回はドラマ【ホリデイラブ】の基本情報、キャスト、あらすじ、みどころまとめ!

2018年1月スタート! 2018冬ドラマ情報のまとめ! 嵐・松潤、木村拓哉、亀梨和也、滝沢秀明、山田涼介とジャニーズ主演ドラ…
スポンサーリンク

ドラマ【ホリデイラブ】の基本情報

放送日:2018年1月スタート 金曜23時15分から

放送局:テレビ朝日系列(一部地域除く)

原作: こやまゆかり 漫画: 草壁エリザ 『ホリデイラブ~夫婦間恋愛~』 (講談社コミックス、DeNA「マンガ ボックス」連載)

脚本:渡辺千穂(『名前をなくした女神』『ファースト・クラ ス』『べっぴんさん』ほか)

ゼネラルプロデューサー:大川武宏(テレビ朝日)

プロデューサー:飯田爽(テレビ朝日) 木曽貴美子(MMJ)

演出:松田礼人(ドリマックス・テレビジョン ) 山本大輔(アズバーズ)

ドラマ【ホリデイラブ】のキャスト

仲 里依紗 (役:高森杏寿)

登場人物

高森杏寿(たかもり・あず)(30) ………

夫と子どもの3人で暮らす、ごく普通の幸せな家庭の、ごく普通の主婦。真っ直ぐで明るい性格。

出産後、ちょっと無理して建てた家のローンや家計の足しになれば…と、ネイルアートを勉強し、ネイルサロンに勤務。数年後に自宅開業して軌道に乗せるなど、タフでバイタリティーのある女性。夫とは微笑ましい出逢いから恋愛関係になり、夫婦となった。

その関係性はいつの間にか、「男女」より「家族」といった感じになってしまっているが、それも悪くないと思っている。夫に“女”として見られていないことだけが少々不満ではあるが、自分たちは不倫や離婚から最も縁遠い、平和で幸せな夫婦であり、「自分たちだけは大丈夫」と思っていた。

ところが、夫が一度限りの過ちを犯してしまったことから、苦悩の夫婦生活が始まり…。

キャスト

仲 里依紗(なか りいさ)………1989年10月18日生まれ。 長崎県出身。アミューズ所属。夫は俳優・中尾 明慶。1児の母。「ニーナをさがせ!!モデルオーディション!!」特別賞を受賞し、その後、雑誌『CANDy』のモデルに。2017年東京ドラマアウォード助演女優賞を『あなたのことはそれほど』で受賞。7月期連ドラ『黒革の手帖』でも存在感を示した。

仲 里依紗さんコメント

自分を信じ、夫を信じて生活していれば、きっと神様は笑ってくれるはず!――そう信じて、元気に明るく演じていきたいです。目指すは“主婦の強い味方”。全国の主婦の皆さん! モヤッとしてしまうことがあったときは、ぜひ杏寿を見て「自分も頑張ろう」って思っていただけたら、嬉しいです。そして世の旦那さん! 気を付けてください。奥さんはちゃんと見てますよ(笑)。一番近くで支えてくれる人を悲しませないでくださいね。

塚本 高史(役:高森純平)

登場人物

高森純平(たかもり・じゅんぺい)(31)………

杏寿の夫。大手ゼネコンに勤務。現在は妻子を東京に残し、名古屋の建築事務所に単身赴任中。体育会系でアツい男。明るくてやや単純なところもあるが、現場の荒くれ者をまとめあげる熱血さと誠実さを兼ね備えている。誰からも信頼され、同性からも好かれるまっすぐな男。本来なら分別もあるタイプだが、心の隙間に巧妙に入って来た里奈の誘惑に負けてしまう。

キャスト

塚本 高史(つかもと たかし)………1982年10月27日生まれ。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。『木更津キャッツアイ』『マンハッタンラブストーリー』『タイガー&ドラゴン』『ガンジス河でバタフライ』『なくもんか』『監獄のお姫さま』など宮藤官九郎脚本作品に数多く出演している。テレビ朝日では『刑事7人』シリーズにレギュラー出演。

中村 倫也(役:井筒渡)

登場人物

井筒渡(いづつ・わたる)(34)………

里奈の夫。男尊女卑の志向の持ち主であるうえに、独占欲が強く、妻を所有物とみなす。浮気をした里奈を、ことあるごとに責めたてる非情な男。東京・港区の一等地にある実家に生まれ、中高一貫の御三家から一流私立大学に進学し、現在は外資系会計事務所でコンサルタントとして働いている。何事も把握していないと気が済まない性格で、無駄や非合理的なことが大嫌い。それを妻の里奈にも強要する。

キャスト

中村 倫也(なかむら ともや)………1986年12月24日生まれ。東京都出身。トップコート所属。。2005年、映画『七人の弔』で俳優デビュー。ドラマ出演に『闇金ウシジマくん Season3』『100万円の女たち』『伊藤くん A to E』などでクセのある役を好演。2017年10月期は『新宿セブン』に出演した。

松本 まりか(役:井筒里奈)

井筒里奈(いづつ・りな)(29)………

純平の単身赴任先で一緒に働く女子事務員。ゆるフワ系で男が放っておかないタイプ。頭はいいが、金銭的な問題で高卒。一流大学卒の夫・渡と、彼の裕福な実家に対してコンプレックスがある。渡にすべてを管理されており、肩身の狭い生活を送っている。だが、自分ひとりでは生活する術がないので、渡に対する不満を飲み込んでいる。純平を運命の相手だと信じ込み、自分のモノにすべく、あの手この手で純平に近づいていく。

松本 まりか(まつもと まりか)………1984年9月12日生まれ。A-team所属。東京都出身。2017年10月期はドラマ『先に生まれただけの僕』加賀谷専務の秘書役でレギュラー出演した。

山田 裕貴(役:黒井由伸)

登場人物

黒井由伸(くろい・よしのぶ)(30)………

スピリチュアル・アプリを介し、夫の浮気で参っている杏寿と、同業者として出会う。聞き上手で、男としての魅力もあるタイプ。ネイルサロンとエステ、全8店舗を経営している経営者。

キャスト

山田 裕貴(やまだ ゆうき)………1990年9月18日生まれ。愛知県出身。ワタナベエンターテインメント所属。俳優集団D2およびD-BOYSのメンバー。2011年、テレビドラマ『海賊戦隊ゴーカイジャー』のゴーカイブルー役で俳優デビュー。2014年、『ライヴ』で映画初主演を務めた。ほかに『三人のパパ』『僕たちがやりました』『伊藤くん A to E』などに出演。

飯島 寛騎(役:小泉駿)

登場人物

小泉駿(こいずみ・しゅん)(26) ………

純平の後輩社員。純平を慕っている。事務員として新採用された里奈に一目惚れする。

岡田 龍太郎(役:一ノ瀬真人)

登場人物

一ノ瀬真人(いちのせ・まさと)(27) ………

純平の後輩社員。純平を慕っている。男っぽくてガサツな性格で、お酒が大好き。

三津谷 葉子(役:橘亜沙美)

登場人物

橘亜沙美(たちばな・あさみ)(34)………

杏寿の姉。バツイチ。雑誌にもインタビューされるほどの腕を持つインテリアコーディネーター。仕事に生きるキャリアウーマンで、新しい恋には消極的。

壇蜜(役:坂口麗華)

登場人物

坂口麗華(さかぐち・れいか)(33)………

杏寿のネイルサロンにやって来た新規の客。スピリチュアルな世界に通じる霊的能力の高い女。杏寿に対して「運命の相手は純平ではなく、他にも相手がいる」と持論を展開。うっかり引き込まれる話術を持っている。

キャスト

壇蜜(だん みつ)………1980年12月3日生まれ。所属事務所はフィットワン。テレビ・グラビアタレント、エッセイストとして活躍。ドラマ出演に『ウチの夫は仕事ができない』『フリンジマン』など。2013年『甘い鞭』で第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞した。

平岡 祐太(役:春田龍馬)

登場人物

春田龍馬(はるた・りょうま)(30)………

杏寿のネイルサロン時代の同僚。杏寿の親友で、良き相談相手。美容関係の仕事をしていることもあり、中性的な雰囲気で、女性から見たら安全パイなタイプ。杏寿も「ハルちゃん」と呼んで心を開き、“女友達”のように何でも話し、互いに信頼関係を築いている。子どもが好きで、高森家の娘・七香の面倒もよく見てい

キャスト

平岡 祐太(ひらおか ゆうた)………1984年9月1日生まれ。広島県生まれ。アミューズ所属。 2002年、第15回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」グランプリを受賞。2004年、映画『スウィングガールズ』で第28回「日本アカデミー賞」新人俳優賞受賞した。

ドラマ【ホリデイラブ】のあらすじ

【ホリデイラブ】第1話あらすじ

愛する夫・純平と5歳の娘・七香の存在に支えられ、ごく普通の幸せな家庭を築いていた杏寿(仲里依紗)。そんなある日、杏寿が自宅で経営するネイルサロンに、新規の女性客・麗華がやって来る。麗華から、あなたは他の男から見ればまだ充分オンナよ、とほのめかされた杏寿はふと、心にざわめきを覚えるが…。

その矢先のこと。一体何があったのか、顔に多数のアザを作った純平が帰宅して…!?

何かとは・・・信じていた夫の浮気のこと。

高森杏寿(仲里依紗)は平和な日常から一転します。

試練の末に“本当の意味でのパートナー”として成長していく夫婦の純愛物語。

ドラマ【ホリデイラブ】のみどころ

「あなそれ」の仲里依紗がまたも不倫された!

今作の主役・仲里依紗さんは、通称「あなそれ」ことドラマ『あなたのことはそれほど』(2017年・TBS)で主人公と不倫する夫を追い詰める妻役を怪演。怖いと反響が大きかったです。

今回も不倫される正妻役、いわゆる【サレ妻】……「あなそれ」を彷彿させると話題沸騰です!

本領発揮? サレ妻を描く脚本・渡辺千穂氏の過去作は…

ドラマといえば脚本。本作を担当する渡辺千穂氏は、1972年生まれ。夫は元・日テレアナウンサーの羽鳥慎一さんです。『天体観測』『パパとムスメの7日間』『名前をなくした女神』『ファースト・クラ ス』『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』などヒット作を書いてきた方。

しかし2015年の『戦う!書店ガール』は平均視聴率4.8%の爆死。『べっぴんさん』は20%台の高視聴率も、不評が目立ちました。最新連ドラ『ウチの夫は仕事ができない』も8%台。

ヒットも失敗(数字上ですが)も書いてきた方なので、真価が問われる本作。ただし『ファースト・クラ ス』など女性のマウンティングが巧いので、不倫ドラマは本領発揮か?

不倫×仲里依紗×渡辺千穂のドラマで注目です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク