【奥様は、取り扱い注意】9話視聴率は13.6%!綾瀬はるかがついに決意!夫と全面対決へ。

【奥様は、取り扱い注意】9話が11/29に放送されました。

前回の最後でようやく西島秀俊さんがタダものではないということが証明されましたね。残すところ、あと2話。果たしてどのような展開になってくるのか先が楽しみです。

広末涼子が巻き込まれる事件、そして玉山鉄二と綾瀬はるかや西島秀俊の関係なども注目ですね。

それでは、【奥様は、取り扱い注意】9話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【奥様は、取り扱い注意】9話の視聴率

【奥様は、取り扱い注意】9話の視聴率は13.6%

西島秀俊の正体が見えてきたこともあり視聴率がさらにアップしましたね。前半はマンネリの展開になるのかと思われましたが後半に差し掛かってくると謎がいろいろと明らかになってきました。

残すは最終回。最高視聴率で有終の美を飾れるでしょうか?

【奥様は、取り扱い注意】9話あらすじ

夫・啓輔(石黒賢)に不満を持っている優里(広末涼子)は自分に好意を持ってくれている安西(小関裕太)とのデートに安らぎを感じるようになっていました。

そんなとき菜美(綾瀬はるか)の住む町で一人の主婦が亡くなりました。死因は急性心不全と言われていましたが、京子(本田翼)によると本当の死因は自殺だそうです。

家に帰った菜美に夫の勇輝(西島秀俊)が話があると言います。海外赴任が決まって一緒にドイツに行ってほしいというのです。

夫に嘘の匂いを感じている菜美は小雪(西尾まり)に夫の身辺調査を依頼することにしました。

一方、夫・渉(中尾明慶)の浮気を疑っている京子は夫を尾行することにしました。すると渉の元に若い女性が現れ二人でホテルに入っていくのを目撃してしまいショックを受けます。

そして菜美の元に小雪から連絡が入ります。夫にも会社にも一切不審な点はないということでした。しかし実は勇輝が小雪に言わせていたのでした。

報告を受けた菜美は勇輝にドイツ行きをOKします。それを聞いた勇輝は喜びますが心の中で信じて良いのか葛藤します。

翌朝、菜美は京子に呼び止められます。そこに優里も合流し京子は夫・渉の浮気について報告しました。「どうしたい?」という菜美の問いに対して京子は夫への自分の愛情を再確認し、もう一度愛情を取り戻すために頑張ってみると伝えるのでした。

渉に「もう残業(浮気)は辞めて」という京子でしたが渉は聞く耳を持ちません。しかし、そこに姑の良枝(銀粉蝶)が現れて渉に対して「家を出ていきなさい」と言い追い出します。

京子の話を聞いた優里は安西に別れを告げに行きますが安西に強引に迫られ身を委ねてしまいました。啓輔が自分や息子のために歩み寄る努力をしてくれていることを感じた優里は罪の意識に苛まれます。

また、京子も夫が戻ってこなかったらと心配になり、菜美も夫のことで決断できずに悩んでいました。

いつものランチ会で「理想の夫婦とは?」について語った三人は、それぞれに決意を固めるのでした。

別れを告げるために安西を呼び出した優里ですが、そこに怪しい男たちが現れ優里の浮気をネタにゆすってきました。

一方、菜美はこっそり小雪を呼び出します。小雪の言動から前回聞いた報告は偽りだと感じ真相を聞くことにしました。夫との直接対決を覚悟した菜美でした。

【奥様は、取り扱い注意】9話の感想

【奥様は、取り扱い注意】9話のまとめ

これまで公安かと思われていた西島秀俊ですが玉山鉄二の組織の幹部のようですね。公安として潜り込んでいるという感じではないようです。

次回は最終回ですが関係者のネタバレであったように西島秀俊と綾瀬はるかの夫婦の対決が見られそうですね。

今回はアクションシーンはありませんでしたが展開としてはハラハラドキドキで面白かったと思います。

夫との戦いの中で広末涼子が巻き込まれていることにも気づくのでしょうか?

日本テレビ系の2017年水曜・秋ドラマ「奥様は、取り扱い注意」が10月4日に始まります。 ホームドラマでありながら、主演の綾瀬はる…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク