【トットちゃん!】42話のあらすじと感想!徹子(清野菜名)の競わない生き方に共感!

清野菜名主演【トットちゃん!】第42話(11月28日放送)のあらすじと感想まとめ!

大人気放送中、黒柳徹子さんの半生を描く昼帯ドラマも11月最終週。12月末の終了に向けて、徹子のNHK編に突入中です。NHKの満島ひかり主演「トットてれび」と比べながら楽しんでいる視聴者が多いようです。

今回は【トットちゃん!】42話のあらすじと感想まとめ!

【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! テレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳徹子さんの怒涛の半生を、…
スポンサーリンク

【トットちゃん!】42話のあらすじ

「お兄ちゃん」「お嬢さん」と呼びあうほど仲良しになった徹子(清野菜名)渥美清(山崎樹範)の熱愛報道が出て、父・守綱(山本耕史)は、ぶ然。そんなある日、徹子は守綱から、母・朝(松下奈緒)も交えて、たまには家族ですき焼きを食べに行こうと誘われるが…!?

守綱は熱愛報道を目にして、「結婚するまで娘は親のものだろう」と怒りがおさまらない。

朝はフォローする。「徹子は皆さんのものになったのよ、これからもでたらめの噂がたつかもしれないけど、怒るんじゃなく、信じてあげましょうよ。守ってあげましょうよ」

しかし守綱は、好き焼きを理由に徹子をお見合いに誘う。歯科医の息子、松本明彦とのお見合いだった。

徹子は生まれたからには一度は結婚したかったが、松本の話しが長くて肉や野菜がくたくたになり、泣きそうだった。

野際陽子は見合いに反対だった。

あるテレビ番組にて、金剛丸は台詞が覚えられなくて苦戦していた。徹子は白菜に書いておくことを提案。目線も自然だからだ。

しかし息子役の二木健太郎が鍋に入れてしまう。金剛丸は台詞がでてこないため降板した。

放送後、キャスト陣のギスギスした雰囲気に、徹子は普通のお嫁さんがいいかなと思うのだった。

3人目のお見合い相手は脳外科の先生だったがハゲ頭…小林校長のようでいい人だろうと徹子は思う。

徹子は彼を好きかはわからないが、ママは自分の意見を尊重してくれるし、パパはトット助がいいならと悪くない様子なので・・・

徹子は結婚を決めた。なぜか嬉しい顔はしなかった母・朝だがオーバーを3着l買ってくれた。

【トットちゃん!】42話の感想

競わない徹子が話題です。

「蹴落とせ」と金剛丸に以前アドバイスされたのに…

今回、徹子はカンペを手伝います。テーブルの上が不自然だし、スタッフに消されたことから、白菜に書くよう提案し書くお手伝いをいいだします。

トモエ学園の教えが徹子の根底にあります。

いままで何度も筆者は本作をベタ褒めしていますが、もうこれは・・・学校の道徳の授業で本作を流せばいいのでは?というくらい良いドラマです。楽しいし、生き方も学べます。

ハゲの容姿も気にしない独特の感性も、徹子らしさ。

守綱は自分は駆け落ちしたのに、娘には見合い。矛盾している自分勝手さが人間らしいです。

結婚…とはならいはず。今後も注目です。

スポンサーリンク