WOWOWドラマ【名刺ゲーム】のキャストとあらすじ!堤真一主演で鈴木おさむ原作小説実写化

主演:堤真一、共演:岡田将生らでおくる12月のWOWOW新ドラマ連続ドラマW 名刺ゲーム」!

名刺ゲーム、それは自分がもらった名刺を持ち主に「正しく返す」ことがルールの生死をかけたゲーム!

今作は、現役の人気放送作家にしか書けない衝撃作!

なにせ原作は人気放送作家の鈴木おさむさんなのです。テレビ番組制作の裏側、芸能界の「闇」を焦点に描くヒューマンサスペンス小説の実写化です。

演出は木村ひさし氏。「99.9―刑事専門弁護士―」などの小ネタまじりの演出でしられています。

大友花恋、落合モトキ、柳ゆり菜、夏菜、田口トモロヲらキャスト陣にも注目。

今回はWOWOWドラマ【名刺ゲーム】のキャストとあらすじまとめ!

スポンサーリンク

WOWOWドラマ【名刺ゲーム】の基本情報

放送日:2017年12月2日(土)よる10時スタート《全4回》

放送局:WOWOWオンライン

原作:鈴木おさむ「名刺ゲーム」(扶桑社文庫)

監督:木村ひさし(『劇場版 ATARU-THE FIRST LOVE & THE LAST KILL-』 「民王」 「99.9―刑事専門弁護士―」)、瀧悠輔 (「アラサーちゃん 無修正」)

脚本: 渡部亮平 (『3月のライオン 前編・後編』 「時をかける少女」)

音楽:フジモトヨシタカ(「連続ドラマW ヒポクラテスの誓い」)

WOWOWドラマ【名刺ゲーム】のキャスト

堤真一(役:神田達也)

神田達也………人気クイズ番組「ミステリースパイ」のプロデューサー。敏腕で、スタッフへの態度は冷酷。番組の視聴率を上げるためなら手段を選ばない。ある日突然、謎の男Xに監禁され“名刺ゲーム”に強制参加させられることに。

堤真一(つつみ しんいち)………1964年7月7日生まれ。兵庫県西宮市 出身。シス・カンパニー所属。 テレビドラマ『ピュア』『やまとなでしこ』などでブレイク。ほかに映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ『舞妓Haaaan!!!』『クライマーズ・ハイ』『容疑者Xの献身』などで賞を受賞する活躍。2018年12月9日公開の三丁目の夕日スタッフ・山崎貴監督作『DESTINY 鎌倉ものがたり』も主要キャストで出演。

※堤さんと岡田将生さんの共演は、映画「プリンセス・トヨトミ」(2011年)以来、約6年ぶりとなります。

岡田将生(役:謎の男X )

謎の男X………神田と美奈を監禁し“名刺ゲーム”を仕掛けてくるが、その目的は不明。神田と何らかの関係のある男女3人を、ゲームに参加させる。

岡田将生(おかだ まさき)………1989年8月15日生まれ。東京都出身。 スターダストプロモーション所属。2006年、『東京少女』(BS-i)でドラマデビュー。以降、主演多数の活躍。2017年夏は連ドラ続編の特別ドラマ『ゆとりですがなにか 純米吟醸純情編』や日曜劇場『小さな巨人』に出演し話題を集めた。

大友花恋(役:神田美奈)

神田美奈………神田の一人娘で高校1年生。神田と共に謎の男Xに監禁され、人質となる。

落合モトキ(役:B太 /松永累)

B太/松永累………  謎の男Xが連れてきた“名刺ゲーム”参加者の1人。「ミステリースパイ」総合演出・片山が立ち上げた制作プロダクションで働くディレクター。

柳ゆり菜(役:大原マイカ )

大原マイカ……… 売れないグラビアアイドル。母と妹のために何としてでも売れたいと、自称「崖っぷちアイドル」として「ミステリースパイ」に出演する。

河井青葉(役:A子/大木真琴 )

A子/大木真琴……… 謎の男Xが連れてきた“名刺ゲーム”参加者の1人。「ミステリースパイ」と契約している弁当屋。番組からの大量受注で経営が上向きに。

夏菜(役:C子 )

C子………  謎の男Xが連れてきた“名刺ゲーム”参加者の1人。芸能事務所マネージャー。「ミステリースパイ」に崖っぷちアイドル・大原マイカを売り込む

田口トモロヲ(役:片山章二 )

片山章二 ……… 制作会社のディレクター。面白い番組を作るために全力を尽くす、熱い男。「ミステリースパイ」がゴールデンタイムに昇格する際に、神田からのたっての頼みで総合演出を引き受けた。

堀部圭亮(役:峰田きよし)

峰田きよし………「ミステリースパイ」の司会者。決めゼリフは「サクセス!」

梶原善(役:足達)

足達………売れっ子の放送作家。「ミステリースパイ」にも関わり、神田との関係も深い。

最上もが(役:不明)

写真左:最上もが(もがみ もが)……女性アイドルグループの「でんぱ組.inc」元メンバー。『重版出来!』『恋する香港』でドラマにレギュラー出演の経験あり。

WOWOWドラマ【名刺ゲーム】のあらすじ

地下のボイラー室。人気クイズ番組「ミステリースパイ」のプロデューサー・神田達也堤真一が目覚めると自分の首に謎の首輪がはめられていることに気づく。床には大量の名刺が散乱し、室内には同じ首輪をはめられた
娘の美奈大友花恋の姿も…、2人は密室に囚われていた。

そして、神田の前に突如として謎の男X岡田将生が現れる。男が神田に仕掛けるのはタイムリミット2時間の【名刺ゲーム】。完全なる密室で、神田は娘を救うために【名刺ゲーム】に挑むが、そこには驚くべき秘密が隠されていたー。

人気クイズ番組のプロデューサー・神田達也堤真一が地下室で目覚めるという、映画「SAW」シリーズを思いだす始まりです。

なんと娘も首輪が!

SAW第1作でも2名が手錠かけられていましたね。死体が1体ありましたが、犯人役ははじめは登場しません。

SAWの不気味さとはちがい1話から謎の男X(岡田将生)が登場。悪役です。

ゲームにはルールがあります。

●自分がもらった名刺を、その持ち主に「正しく返す」こと。

●持ち主を間違えれば、自分か娘の首が爆破される

善悪や目的がはっきりした構図で見やすいサスペンスです。

しかしWOWOWでは地上波とちがいある程度の残酷シーンもあるのでドキドキ展開がありそうです。秘密があるということは、意外な結末も!?

第1話「ゲーム?」あらすじ

見知らぬ地下室。人気クイズ番組「ミステリースパイ」のプロデューサー神田達也(堤真一)が目覚めると首に謎の首輪がはめられていた。床には大量の名刺が散乱し、室内には同じ首輪をはめられた娘の美奈(大友花恋)の姿。やがて神田の前に謎の男X(岡田将生)が現われ、神田に[名刺ゲーム]を提案する。それはもらった名刺を「持ち主」に正しく返すことができなければ、自分か娘の首が爆破されるという残酷なゲームだった……。

WOWOWドラマ【名刺ゲーム】のまとめ

鈴木おさむさん原作のテレビの裏を描くヒューマンサスペンス!

堤真一×岡田将生でおくるwowowオリジナルで、注目必至です。

【名刺ゲーム】を視聴するには…

WOWOWオンライン

で視聴できます。毎月オリジナルドラマを制作予定で織田裕二主演ドラマ「監査役 野崎修平」、伊坂幸太郎原作ドラマ「バイバイブラックバード」など今後もラインナップ豊富です。

スポンサーリンク