【民衆の敵】6話視聴率は6.5%に下降!智子=篠原涼子が市長に!迷走&急展開は打ち切りの前兆か?

月9ドラマ【民衆の敵】6話のあらすじと視聴率!

市議会議員としてお仕事を始めたばかりなのに、いきなり第2章「市長編」に突入(笑)。

市長(余貴美子)は汚職に関わっていたのか?

智子(篠原涼子)が市長に立候補した理由は?

ワタナベ(高橋一生)と莉子(今田美桜)の関係はどうなる?

今回は、月9ドラマ【民衆の敵】6話の視聴率とあらすじ、感想について!

スポンサーリンク

【民衆の敵】6話の視聴率

【民衆の敵】6話の視聴率は、6.5%。前回より0.4%ダウンしました。

いきなり第2章「市長編」に突入した6話。

5話ではいきなり市長秘書が自殺したり、雑な急展開に視聴者は置いてけぼり?

【民衆の敵】6話のゲスト

歌手で女優の藤原さくらさんがゲスト出演! 主演を務めた月9ドラマ「ラヴソング」以来、久しぶりに月9に帰ってきました。

制服姿がよく似合っていてかわいい!

ラヴソングのヒロイン【藤原さくら】が月9に帰ってくる! フジテレビ月9ドラマ『民衆の敵』の第6話(11月27日放送)に、シンガ…

【民衆の敵】6話のあらすじ

【民衆の敵】6話/汚職疑惑で市長(余貴美子)が辞任!市長の再選挙へ!

5話で佐藤智子(篠原涼子)が追及したあおば市議会の汚職疑惑。

河原田晶子市長(余貴美子)が汚職に関与したのではないかと騒動になるが、秘書の望月守(細田善彦)が「全部自分のしたこと」という告白動画を残して自殺。真相は闇のなかへ。

河原田は市長を辞職し、市長選で市民に問うことに。

犬崎和久(古田新太)は智子に立候補するように勧めるが、智子は裏があると断る。それを聞いた平田和美(石田ゆり子)は智子に犬崎に操られないようにと忠告する。

【民衆の敵】6話/やりたいことをやるには市長になるのが近道?

智子(篠原涼子)は市民の陳情を聞いて回っていたが、役所の対応はたらい回し。藤堂誠(高橋一生)は智子に市長になればいいという。

犬崎(古田新太)は、話を早く進めるには福祉課の部長・富田恭一(渡辺いっけい)を通したほうがいいといい智子に紹介する。市民の陳情は福祉課ですぐに実行され始める。

しかし犬崎が智子に協力するその裏には、智子を市長にするというもくろみがあった。

市長選では、犬崎派か前田康(大澄賢也)が出馬。和美(石田ゆり子)らマスコミの記者、小出未亜(前田敦子)や岡本遼(千葉雄大)など新人議員たちも困惑する。

【民衆の敵】6話/無所属で市長選に出馬した智子だが…

犬崎(古田新太)派を離脱し、政治の毒を飲む覚悟で無所属で出馬した智子は、市長選で勝利をおさめるが、実はそれも和美(石田ゆり子)の忠告通り、犬崎が描いた絵の通りだった。

副市長は前田(大澄賢也)など側近は犬崎派のメンバーでかためられてしまう。

犬崎派を離脱して選挙に勝ったのに、犬崎派ばかりで牛耳るなら結局智子は犬崎派で、市民を騙したことになるのではないか? と和美が鋭く追及。智子は答えることができない。

月9ドラマ【民衆の敵】6話の感想

莉子と別れなければならないワタナベさん=藤堂(高橋一生)がせつない!

藤原さくらの登場シーンがまるで「スカッとジャパン!」でかっこよかった。

前回から急展開しすぎ! やはり当初の予定通り市長になるお話だったんですね。。

【民衆の敵】6話のまとめ

5話から急展開で、やっと市議の仕事を始めたかと思ったら、もう市長に!

あと3〜4回でどう収束していくのでしょうか?

いろんな要素を詰め込みすぎて、なんだかゴチャゴチャしてきましたね。

何をゴールとして目指しているのかがさっぱりわからない。

言いたいこととやりたいことが、よくわからなくなってきました。噂にのぼっている「打ち切り」を視野に駆け足で物語が進んでいるのか?

智子は政治の毒を飲んで、どうやって世の中を変えていくのでしょうか ?

【民衆の敵】1〜6話スペシャルダイジェスト動画を配信中!

放送後1週間以内は最新話と6話までのスペシャルダイジェストをTVerで配信中!

前半を一気見するならFODプレミアムで!

月9ドラマ【民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?】の視聴率とあらすじ! 篠原涼子主演の痛快政治エンターテインメント【民衆の…
2017年10月期のフジ月9は、【民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~】に決定! 主演は、篠原涼子。 学歴…
スポンサーリンク