【精霊の守り人~最終章~】視聴率と最終回ネタバレ!綾瀬はるか主演の大河ファンタジー完結!

2017年11月25日よりNHK大河ファンタジードラマ【精霊の守り人~最終章~】がはじまります。

2016年3月放送のシーズン1、2017年1月放送のシーズン2「悲しき破壊神」と続いてきたシリーズの最終章となります。

今回はドラマ【精霊の守り人~最終章~】の全話視聴率と最終回ネタバレについて書いています

2017年10月スタートの秋ドラマ情報のまとめ! 篠原涼子、井上真央、綾瀬はるか、小泉今日子、綾野剛、櫻井翔、ディーン・フジオ…
スポンサーリンク

精霊の守り人~最終章~」の視聴率

精霊の守り人~最終章~】の視聴率は、毎週月曜日に更新予定です。

「精霊の守り人~最終章~」1話の視聴率

「精霊の守り人~最終章~」1話の視聴率は6.0%!

放送前から前作の復習となる特別編などを放送し盛り上げていたのですが結果は6.0%と低調なスタートとなりました。

ただ、ファンタジードラマなので好き嫌いが分かれるかもしれませんね。世界観が身近ではないですし共感しづらいのかもしれません。

今後の巻き返しに期待したいですね。

土曜午後9時のNHK大河ファンタジードラマ【精霊の守り人~最終章~】が10/25に満を持してスタートしました。 上橋菜穂子さん…

「精霊の守り人~最終章~」2話の視聴率

「精霊の守り人~最終章~」2話の視聴率は5.7%!

1話に続いての低視聴率となりました。アクションシーンも見ごたえがありますし演出も迫力満点なのですが視聴率に結び付いてこないのが残念です。

後から視聴率が上がってくるタイプのドラマではないと思いますので今後も苦戦が予想されますね。

第1話から迫力のあるアクションがあり見ごたえ十分の「精霊の守り人~最終章~」ですが、視聴率では意外と苦戦していました。 やはり…

「精霊の守り人~最終章~」3話のあらすじ

バルサ(綾瀬はるか)とチャグム(板垣瑞生)は、カンバル王国のヨンサ氏族領で医術師を続けている叔母・ユーカ(花總まり)を訪ねる。突然現れたバルサを姪だと信じられず戸惑うユーカに、バルサは、ジグロに育てられた経緯を話す。そして、ユーカの計らいでヨンサ氏族の長老・ラルーグ(武田鉄矢)にルイシャ贈りの儀式について教えを請う。そんな中、バルサは再び捕われ、カンバル国王・ログサム(中村獅童)に対面する。

引用:公式サイト

精霊の守り人~最終章~】の最終回ネタバレ

【精霊の守り人】上橋菜穂子さんの小説【守り人シリーズ】が原作になっています。第1シリーズでは「精霊の守り人」「流れ行く者」を元にバルサとチャグムの出会いやバルサがどんな過去を背負ってきたのかを描いた作品となっていました。

そして、第2シリーズでは「神の守り人」を元にバルサのその後を描きながらロタ王国の内部事情も描かれていました。
そこへ「蒼路の旅人」「天と地の守り人<ロタ王国編>を加えてタルシュ王国の脅威に立ち向かうチャグムの姿も描かれた作品となっていました。

そして、今回の最終章です。
ドラマ【精霊の守り人】シリーズは原作をただ実写化したものではありませんが、原作者の上橋菜穂子さんの意向をしっかりと組んだ作品となっています。

その上橋菜穂子さんがドラマの最終章に持っていきたいと語っておられるのが「闇の守り人」です。

【精霊の守り人~最終章~】は、女用心棒のバルサと皇太子チャグムが再び共に旅をするところから始まります。原作で言うと「天と地の守り人<カンバル王国編>」です。そして、その後「天と地の守り人<新ヨゴ皇国編>」へと続き最後に「闇の守り人」で最終回を迎えることになりそうです。

「闇の守り人」は主人公のバルサが自分の心と向き合い決着つけるというお話です。

その中でバルサは山の王を守るヒョウル(闇の守り人)と戦います。その中でバルサは、そのヒョウルが自分の育ての親であるジグロであることに気が付きます。

バルサは用心棒として多くの人を殺してきたことに対して心の葛藤を抱いています。ジグロとの再会、そして戦いを通して自らの心と向き合い決着をつけることが最終回になるのではないでしょうか。

原作者の上橋菜穂子さんは原作が親ならアニメやドラマは子供。子供は親のクローンではないと語っておられるので原作とは違った最終回が用意されているかもしれませんが闇の守り人がバルサの心のクライマックス、最後のシーズンに持っていけるのかと語っておられますので最終回が闇の守り人が軸になることは間違いないでしょう。

スポンサーリンク