【わろてんか】第45回視聴率は20.9%の大台越え!高橋一生と松坂桃李の相撲に視聴者歓喜

葵わかな主演・朝ドラ【わろてんか】「笑売の道」第45回(11月22日)の視聴率、あらすじ、感想!

  • 20%越えで絶好調の朝ドラ!第8週月・火曜日は19%台も、水曜の視聴率は?
  • てん(葵わかな)の機転が効いて繁盛!そこへ栞(高橋一生)が来て・・・ あらすじをネタバレ紹介!
  • 視聴者の感想は?
朝ドラ【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】…
2017年後期・10月~放送の朝ドラ・NHK連続テレビ小説【わろてんか】は吉本興業の創業者・吉本せいがモデル! ヒロインは葵わ…
スポンサーリンク

【わろてんか】第44回の視聴率

【わろてんか】第45回の視聴率は20.9%!

イケメン2人の効果か、20%の大台突破です。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】第45回のあらすじ

伊能(高橋一生)は斬新な冷やし飴の売り方を考案したてん(葵わかな)の発想力と商才にほれ込み、自分の商売にてんの力を貸して欲しいと頼み込む。そのかわり伊能は藤吉(松坂桃李)と一緒に、寄席の表で客の呼び込みをする羽目になった。昼間の通りには女性や老人がたくさんいることに気づいた伊能は、夜営業だけの寄席を昼にも興行してはどうかと提案する。その読みはぴたりと当たり、女性客や老人客が風鳥亭につめかけた。

「えらい男前や」と女性たちに話題になり、おばあさんの腰も治った(?)

啄子は「やいたらあきまへん」とてんに言うも、「鼻の下を伸ばしてた」と藤吉にむくれるてん。

当時珍しい昼興行を始め、女性客や老人客で盛況だった。

てんは、誰も気づかなくてもいいから、と下駄を磨いた。啄子

藤吉はええ芸人を回してもらうよう寺ギンに頼むが、

寺ギンは「器の問題や、小屋の器もあるが席主の器が問題や」とつっぱねた。

東京でいま大人気の娘義太夫としてリリコが新聞に載っていた。藤吉は栞の家からリリコに電話する。リリコが「帝国座に出られそう」と喜ぶのを聞くと、藤吉は風鳥亭に呼ぶことはできなかった。

「つらいな経営者は」栞と藤吉は相撲を取りあった。

そのころ、風太が浮かない顔で、てんの元へきた…

【わろてんか】第45回の感想

相撲をとる仲のいい藤吉と栞が話題でした。

酔ってケンカのシーンあたりから、栞くん呼びになり、仲良くなっていた2人。

寄席と活動写真の違いはあっても通じるところがあるのでしょう。

ただ、風太の表情が気になりますね。父のことでしょうか…不吉な予感

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク