ドラマ【マチ工場のオンナ】のキャストとあらすじ! 内山理名NHK初主演で2代目社長に!

11月24日(金)よる10時スタート!

ドラマ【マチ工場のオンナ】のキャストとあらすじ!

キャストは、NHK初主演の内山理名さん。父役には舘ひろしさん。

原作は、ダイヤ精機株式会社の二代目社長・諏訪貴子さんが題材の『町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争』

舞台は愛知県の町工場。32歳の専業主婦が、父の急死で町工場の2代目社長に!経験ゼロから主婦目線で奮闘する、サバイバルヒューマンドラマです。

今回はドラマ【マチ工場のオンナ】のキャストとあらすじ、みどころまとめ!

スポンサーリンク

ドラマ【マチ工場のオンナ】の基本情報

放送日:11月24日(金)よる10時スタート

放送局:NHK総合

原作:諏訪貴子『町工場の娘 主婦から社長になった2代目の10年戦争』

脚本:大島里美(大河ドラマ「花燃ゆ」、ドラマ10「四十九日のレシピ」、土曜ドラマ「太陽の罠」以上NHK、「1リットルの涙」フジテレビ、など)

主題歌:松田聖子「新しい明日」

音楽:澁江夏奈(NHKドラマ10「わたしをみつけて」など)

演出:末永 創、佐藤 譲、小野見知

制作統括:吉永 証

制作:NHK名古屋放送局

ドラマ【マチ工場のオンナ】のキャスト

内山理名(役:有元 光 )

有元 光 ………須藤家の一人娘。幼くして亡くなった兄の代わりに、父・泰造から男の子のように育てられた。
同じ会社に勤めていた大と結婚後は、専業主婦として息子と三人で暮らす。

内山 理名(うちやま りな)………1981年11月7日生まれ。神奈川県出身。 スウィートパワー所属。 2005年10月の『大奥〜華の乱〜』で連続ドラマ初主演。ほかにドラマ『嫌われ松子の一生』主演、今野敏サスペンス「確証〜警視庁捜査三課」ヒロインなど出演多数。

【内山理名コメント抜粋】

舘ひろしさん演じる父親が亡くなり、倒産寸前の父の会社を立て直していくところから始まるストーリーですが、物語が進み父親の会社に触れることによって、今まで知らなかった父の姿を知っていくという、実は父と娘の話でもあります。
名古屋での撮影、キャスト・スタッフ皆で素敵なメッセージを届けられます様、精一杯頑張っていきます

永井 大(役:有元 大)

有元 大 ………光の夫。自動車部品メーカーに勤務している。
明るい性格で人あたりが良く、家族思い。時々大胆な行動をとったりする。アウトドア派で釣りが好き。

永井 大(ながい まさる)………1978年5月20日生まれ。新潟県出身。ケイダッシュ所属。妻は女優の中越典子。2000年に『未来戦隊タイムレンジャー』主演で、芸能界デビュー。2017年はドラマ『トカゲの女 警視庁特殊犯罪バイク班3』『遺留捜査』などに出演している。

山田 羽久利(役:有元 航太)

有元 航太………光と大の息子。
山田 羽久利(やまだ はくり)………テアトルアカデミー所属。 出演作に大河ドラマ『おんな城主 直虎』第11回に竹千代 役、再現ドラマ『痛快TV スカッとジャパン』など。

柳沢慎吾(役:花田 純三 )

花田 純三………ダリア精機のベテラン職人。会社の創業時からのメンバー。人情派でかつおしゃべりな性格。実は離婚歴があるらしい

柳沢 慎吾(やなぎさわ しんご)………1962年生まれ。一人○○シリーズや”あばよ!”などで知られ、バラエティには無くてはならない存在。特に一時期はウッチャンナンチャン冠番組にほとんど出演していたイメージ。1979年の『3年B組金八先生』でドラマデビュー。1980年代~90年代には主演も数多く務めた。

村上 淳(役:長谷川 隆史)

長谷川 隆史………愛知東西銀行の銀行員。
やや強面で、銀行マンらしからぬ雰囲気があるが、仕事に対してはきっちりしている。

村上 淳(むらかみ じゅん)………1973年7月23日生まれ。ディケイド所属。モデルを経て、テレビ・映画にも進出。長男に俳優・村上虹郎がいる。2017年出演作は『北斗 -ある殺人者の回心-』『居酒屋ふじ』『わにとかげぎす』『全力失踪』など。

忍成修吾(役:打越 和哉)

打越 和哉………ダリア精機の経理担当社員。元は銀行員だった。
クールで感情をあまり表に出さないが、内に情熱を秘めている。

忍成修吾(おしなり しゅうご)………1981年3月5日生まれ。ジャャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。1999年、ドラマ『天国に一番近い男』で俳優デビュー。2001年、岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』への出演で注目された。

吉村 界人(役:一ノ瀬 翔)

一ノ瀬 翔 ………ダリア精機の若手職人。
金髪がトレードマーク。ぶっきらぼうに見えて、実は人懐っこい。
吉村界人(よしむら かいと)………1993年2月2日生まれ。オフィス作所属。2016年、主演作『太陽を掴め』が東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にノミネート。2017年くりいむしちゅー有田主演ドラマ『わにとかげぎす』(TBS)での雨川勇 役の鬼気迫る演技は注目された。

渡辺 佑太朗(役:川口 大樹)

川口 大樹………ダリア精機の若手職人。技術系の高専出身で、おとなしい。
パソコンが得意。

渡辺 佑太朗(わたなべ ゆうたろう)………1994年3月14日生まれ。新潟県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。2013年映画「5つ数えれば君の夢」で映画デビュー、「アゲイン!!」でドラマデビュー&初レギュラー、2015年、ドラマ「となりの関くん」で初主演を果たした。

苅谷俊介(役:三枝 文雄)

三枝 文雄………ダリア精機の社長付きの運転手。元は職人だったが体調を崩し現場を離れた。まじめで実直。泰造を人一倍慕っている。

苅谷俊介(かりや しゅんすけ)………1946年11月26日生まれ。俳優のほかにアマチュア考古 学者、日本考古学協会会員でもある。テレビドラマ『大都会』シリーズ、『西部警察』シリーズなどにレギュラー出演。2017年『おんな城主 直虎』 新野左馬介役で出演。

市毛良枝(役:須藤 百合子)

須藤 百合子………泰造の妻。常に穏やか、ちょっと天然っぽいところも。
会社の経営は泰造に任せ、自身は家族を優しく見守っている。

市毛良枝(いちげ よしえ)………1950年9月6日生まれ。静岡県出身。アミューズ所属。特定非 営利活動法人日本トレッキング協会理事。1971年『冬の華』でデビュー。代表作に『ライオン奥様劇場〜嫁姑シリーズ〜』 『オレゴンから愛〜オレゴン日記’89』 など。2017年は『釣りバカ日誌〜新入社員浜崎伝助〜』などに出演。

竹中直人(役:勝俣 勉 )

勝俣 勉 ………ダリア精機のベテラン職人。泰造・純三と会社を創業、技術の腕は会社で随一。
頑固で気難しい。妻・敏江には頭が上がらない。

竹中直人(たけなか なおと)…1956年生まれ。1992年の『シコふんじゃった』と1996年、の『Shall we ダンス?』でアカデミー賞最優秀助演男優賞受賞。1996年NHK大河ドラマ『秀吉』で主演の豊臣秀吉役。映画監督でも活躍。2017年は『トットちゃん!』でトモエ学園小林宗作校長役で出演など。

舘ひろし(役:須藤 泰造)

須藤 泰造………町工場・ダリア精機の社長。 ワンマンだが、社員を家族のように大事にしている。 娘・光を厳しくしつけた反動で、今は娘と疎遠な状態にある。競馬が趣味。

舘 ひろし………1950年生まれ。石原プロモーション所属。1975年バンド「クールス」ボーカルでデビュー。翌年、映画「暴力教室」出演・「男組少年刑務所」初主演。ドラマ「西部警察」シリーズ、「あぶない刑事」シリーズ、大河ドラマ「功名が辻」、映画「免許がない」など出演多数。2017年の出演作はドラマ『クロスロード2声なきに聞き形なきに見よ』主演など。

ドラマ【マチ工場のオンナ】のあらすじ

専業主婦の有元 光(内山理名)は、夫・大(永井 大)と息子の3人暮らし。ある日、過労で倒れた父・泰造(舘ひろし)の様子を見にいくと、医師からガンで余命4日と告げられる。

幼くして亡くなった兄の代わりに光を社長にしようと育ててきた泰造に反発、専業主婦となった光。しかし、町工場を守ろうとする父の思いを知り、ついに社長を継ぐと決意。その言葉を聞いて、泰造は息絶える。

社長になると宣言した光に次々試練がやってくる。頼るつもりでいた夫は単身赴任で渡米。光をお飾り社長として見る幹部社員の勝俣(竹中直人)や純三(柳沢慎吾)たちは、光がやることに猛反発。取引先の銀行からは、女性と軽くあしらわれ、別の工場との合併を迫られる。果たして、光は、町工場を立て直すことができるのか?

第1話のあらすじ

2004年、32才の専業主婦の有元光(内山理名)は自動車部品メーカーに勤める夫・大(永井大)と息子・航太の3人で名古屋郊外に暮らしていた。ある日、光の父で町工場の社長の泰造(舘ひろし)が突然倒れる。余命数日のガンだった。ショックを受ける母・百合子(市毛良枝)や職人の勝俣(竹中直人)・純三(柳沢慎吾)たち。光は会社存続のため重要書類や印鑑を探すが、光に社長を継がせる気がない泰造は、教えようとしない。

ドラマ【マチ工場のオンナ】のみどころ

内山里名のNHK初主演!

内山理名さんがNHK初主演で注目を集めています。

地上波の連続ドラマとしても『生徒諸君!』以来10年ぶりの主演。

単発ドラマやネットドラマ、映画では主演があったものの、ついに地上波連ドラに帰ってきました。

先日、11月6日放送の『今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課』でもヒロイン役を務め、吉田栄作とのコンビが公評でした。

二代目社長はモデルがいる!

今回は原作があり、32才で二代目社長になった諏訪貴子さんの『町工場の娘』をモデルに描きます。

諏訪貴子社長は、その功績が認められ各界でもっとも活躍した働く女性に贈られる「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2013」を受賞しメディアでたくさん取り上げられました。

制作統括 吉永証さんがみどころをコメントしています。

今回のドラマの見どころは、ズバリ二つあります。これほどたくさん町工場で撮影をした連続ドラマは恐らくないでしょう。

もうひとつは、娘と父の微妙な関係です。反発してても、実はよく似ている(!?)二人。その二人の心の襞を内山さんと舘さんが見事に演じてくれています。もちろん二人と関わる魅力的なキャストの方々の力も絶大です。

原作は大田区ですが、ドラマの舞台は2004年、名古屋郊外の町工場に変更。

設定は同じ“ただの主婦”の奮闘記となります。

スタッフがみどころのひとつという町工場のロケ地とは…

ロケ地は…三重県桑名市!

ドラマ【マチ工場のオンナ】は11/24(金)10時スタートです。

お見逃しなく。

スポンサーリンク