【わろてんか】第40回視聴率は20.7%で4連続大台越え!高橋一生・栞様の名言がささる!

葵わかな主演・朝ドラ【わろてんか】「風鳥亭、羽ばたく」第40回(11月16日)の視聴率、あらすじ、感想!

  • 第7週も20%越え絶好調!木曜日の視聴率は?
  • てんと藤吉の寄席がピンチ!打開なるか? あらすじをネタバレ紹介!
  • 視聴者の感想は?
朝ドラ【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】…
2017年後期・10月~放送の朝ドラ・NHK連続テレビ小説【わろてんか】は吉本興業の創業者・吉本せいがモデル! ヒロインは葵わ…
スポンサーリンク

【わろてんか】第40回の視聴率

第40回の視聴率は20.7%!

月曜から4日間連続の20%大台越えとなりました。

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】第40回のあらすじ

てんは、文鳥の寄席に伊能製薬が後援になっていると気づき、藤吉に知らせる。

伊能は、辛口好きで知られた文鳥からカレーをもらう、が甘かったことがある。

実は文鳥は甘いのが好きだった。

「コネを使うみたいで迷ったがいい機会だ」と藤吉と伊能は文鳥師匠(笹野高史)に会いに行く。

しかし文鳥は「本当は伝統はどうでもいい、寄席には色がある、あんたの小屋の色はなんや?色をつくってからがスジや」とことわった。

伊能は甘いカレーの仕返しがしたかったのにと悔しがる。藤吉はそれを見て「何でもできる雲の上かと思っていた」と安心した。

「おてんさんは君を選んだじゃないか」伊能は笑って「うまくいかないことばっかり

たったひとつでもやり遂げた生きた証しはほしいよな」

藤吉は頷いた。

相変わらず、風鳥亭はまばらな観客だが、万丈目たちが真剣に取り組み始めた…。

ある夜、てんは縫い物をしていて寝てしまうが、啄子がすませていた。手綱をしめるように激励された。

【わろてんか】第40回の感想

高橋一生さんが今回も話題のようで・・・

寄席の色について問われた藤吉は返答できませんでした。

そういえば藤吉が「笑いの色はなにか」とおてんちゃに聞いてたのに!

寄席の色が固まってないのですね。始めたばかりで色はない時期ですが。

藤吉のダメさはどこまで続くのやら。憎めない真っ直ぐさはあるし、ダメが狙いなのは分かりつつも、そろそろ…。

てんはしっかりしているのに。

ただ、高橋一生さん目当てで見てる視聴者が多いようです。

名言がでましたね。「人生はうまくいかない」

それでもひとつ証しを残していきたい。ただ、物語として本作が描けているのか、この台詞で「ひよっこ」を筆者は思い出しましたが…。記憶喪失も笑い飛ばせ!ってきよさん(柴田理恵)も言ってました。

うまくいかない中で何を残せるか今後に注目です。

スポンサーリンク