【奥様は、取り扱い注意】7話視聴率は12.7%!綾瀬はるかが感じた西島秀俊の嘘とは?

【奥様は、取り扱い注意】7話が11/15に放送されました。

前回は玉山鉄二が登場しなかったので肩透かしを食らった視聴者も多かったのではないでしょうか?ただラスボス候補が西島秀俊だったのが玉山鉄二も加わり、ますます楽しみになってきましたね。

それでは、【奥様は、取り扱い注意】7話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【奥様は、取り扱い注意】7話の視聴率

【奥様は、取り扱い注意】7話の視聴率は12.7%。

初回から7話連続で2桁視聴率をキープ。好調の要因は勧善懲悪のわかりやすいストーリーと謎めいた綾瀬はるかや西島秀俊の過去でしょうね。

小出しにしたり視聴者に考えさせることで飽きさせない内容になっていますね。

【奥様は、取り扱い注意】7話あらすじ

菜美(綾瀬はるか)は優里(広末涼子)と京子(本田翼)と一緒に主婦友の友恵(霧島れいか)のチェロの演奏会に参加していました。

そこで友恵に人探しをしてほしいと頼まれます。京子が「話が見えない」というと友恵は3人が探偵のような仕事をしていると噂になっていると話します。

菜美が以前に探偵事務所に勤めていたことがあると話したことが尾ひれがついて広がったようです。

話を聞くと友恵は余命半年と宣告を受けていて死ぬ前に大学時代の恋人に一目会いたいということでした。友恵の話に共感した優里と京子に押される形で引き受けることにした菜美。

しかし、手掛かりが少なく見つけることは困難でした。そこで昔の仕事仲間である小雪(西尾まり)に調査を依頼することにしました。

菜美は優里と京子に自分の手には負えないので知り合いの探偵に依頼したと報告しましたが京子が落ち込んでいます。話を聞くと夫・渉(中尾明慶)が浮気をしているというのです。

夫のスマホを見たら特定の女の子と残業の話題が多いので残業=デートだと疑いを持ったのですが決定的な証拠がなく、しばらく見て見ぬふりをすることになりました。

また、優里も夫・啓輔(石黒賢)の態度に腹を立てママ友に誘われた合コンに参加することを決意しました。

そんな中、小雪から友恵の元恋人・幸平(渋川清彦)の居所が分かったと連絡が入ります。幸平は前科持ちで住所を転々としているそうです。

気になった菜美は1人で幸平に会いに行きます。そこで友恵は幸平に前科があることを知っているはずだと聞かされます。友恵に会うことをためらっている幸平に菜美は友恵が余命わずかであることを伝えます。

幸平の居場所を友恵に伝えた菜美ですが、友恵から夫婦でお互いのことをしっかりと話したほうが良いと言われ、夫・勇輝(西島秀俊)との電話の中で好きな音楽や昔感動した映画の話などを聞くのでした。

そして、友恵と幸平の会う約束の日、幸平を迎えに行った菜美ですが怪しい男に幸平が連れて行かれそうになっています。やむを得ず得意のアクションで男たちを倒し幸平を連れ出し友恵のところに連れていきます。

友恵に会った幸平が「なぜ俺に会いたかった?」と聞くと友恵は今の自分は豊かな生活をしているけど決して幸せじゃない。昔、幸平と付き合っていたときのようにハラハラさせてほしいと語ります。

その後、友恵は離婚し幸平と一緒に街を出ていきました。

そして、出張から帰ってきた勇輝を迎える菜美ですが「寂しくておかしくなりそうだった」という言葉に初めて嘘の匂いを感じたのでした。

【奥様は、取り扱い注意】7話の感想

【奥様は、取り扱い注意】7話のまとめ

いよいよ展開がクライマックスに近づいてきましたね。福岡に出張に行ったはずの西島秀俊が東京のホテルに泊まっていました。先日、警察に行ったときに話し込んでいたことと言い、秘密があることは間違いありませんね。

またラストシーンで綾瀬はるかが西島秀俊の嘘を感じましたので今後何か探りを入れていくのかもしれませんね。

一方で今回の本題の方ですが人間の幸せとは何なのかを感じさせるものだったと思います。セレブな専業主婦は何不自由ない暮らしをしているようなイメージですが実際には金持ちゆえの制約などもあるんですよね。

お金があるほうが絶対に幸せとはいえないということですね。今回、友恵がくだした決断が正しかったのかどうかの結論は出ていませんし人によっても違うかもしれません。

今回は夫婦の在り方を考えさせられる話だったと思います。

日本テレビ系の2017年水曜・秋ドラマ「奥様は、取り扱い注意」が10月4日に始まります。 ホームドラマでありながら、主演の綾瀬はる…
スポンサーリンク