ドラマ【都庁爆破!】のキャストとあらすじ!長谷川博己ゴジラの次はテロと対決!

2018年1月2日(火)よる9じTBS系列で放送!

新春スペシャルドラマ【都庁爆破!】のキャストとあらすじ!

主演は、長谷川博己さん。妻と娘を救うためにテロリストに立ち向かう男を演じます。

吉川晃司(米国国防総省の担当情報次官)×渡部篤郎(テロリスト)×寺島しのぶ(東京都庁)×リリー・フランキー(総理大臣)の豪華キャストが集結!

原作は、米国テロが起きた2001年に発表された高嶋哲夫氏の同名小説。『ミッドナイト・イーグル』の映画化でも知られますが、津波や原発によるパニックを3・11以前から小説などで訴えてきた作家さん。著者渾身のサスペンス小説、待望の実写化です。

――東京都庁が爆破され、テロリストに占拠された!……人質は家族!!

1000人規模のエキストラが参加する空前のロケも敢行予定。危機に立ち向かうなかで、親子愛、夫婦愛、友情を描く、愛と感動のエンターテインメント。

今回はSPドラマ【都庁爆破!】のキャストとあらすじ、みどころをまとめます。

スポンサーリンク

SPドラマ【都庁爆破!】の基本情報

放送日:2018年1月2日(火)よる9時~

放送局:TBS

原作:「都庁爆破!」高嶋哲夫 宝島社刊

脚本:山浦雅大/ 丑尾健太郎 / 槌谷 健

演出:平川雄一朗(「A LIFE〜愛しき人〜」「JIN-仁-」)

企画・プロデュース:伊與田英徳(「陸王」「小さな巨人」「下町ロケット」)

プロデュース:佐野亜裕美 内山雅博(オフィスクレッシェンド)

SPドラマ【都庁爆破!】のキャスト

長谷川博己(役:本郷裕二)

本郷裕二………元自衛官。妻と娘のためにテロに立ち向かう

「人の命を守りたい」「国を守りたい」という強い思いで自衛官になったが、PKO活動中に起きた事故により心に傷を負い、本来の職務から離れた。
人生に対し熱意がなくなり失意の中にいる自分が妻と娘を幸せにできるのか、と悩んでいる。自衛隊では爆弾処理隊の隊長だった。

長谷川博己…………1977年生まれ。文学座の座員として蜷川幸雄演出の舞台などで活躍。2008年の「四つの嘘」でドラマデビュー。「鈴木先生」で初主演、「家政婦のミタ」で大ブレイクした。最近では映画での活躍が目立っており「セカンドバージン」で日本アカデミー賞新人賞「シン・ゴジラ」で日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞している。2017年7月期にはTBSでドラマ「小さな巨人」に主演。

【長谷川博己さんコメント】
新年早々、過激で、息もつかせぬエンターテイメント作品をお見せできるようスタッフキャスト一丸となって努力したいと思います。お楽しみに。

吉川晃司(役:ケイン高村)

ケイン高村………頭脳明晰な米国国防総省情報次官

アメリカで生まれ育った日系三世で、米軍、CIAを経て、米国国防総省の担当情報次官。
頭脳明晰。冷静沈着。かつてイラク派遣時に本郷がケインの部下を助けて以来、友人関係が続いている。ある情報を得て、日本にやってきた。

吉川晃司…………1965年生まれ。渡辺プロダクションに自ら手紙を送りオーディションを経て芸能界入りを果たす。1984年「モニカ」で歌手デビュー。その後ヒット曲を連発させ日本歌謡大賞最優秀新人賞、日本アカデミー賞新人賞など歌手と俳優の両部門で8つの新人賞を独占して注目を集める。2017年は『精霊の守り人3』に出演など。

【吉川晃司さんコメント】
このドラマは、国の舵を取る方たちにぜひ見ていただきたいですね。こういう世の中ですから、みなさんがスカッとするようなドラマになるといいなと思っています。

リリー・フランキー(役:御園朔太郎)

御園朔太郎………テロ対策の主導権を握ろうとする内閣総理大臣

政治家一族に生まれる。 都民人気におされた都知事の強硬姿勢に辟易しており、テロ対策の主導権を自ら握ろうとする。

リリー・フランキー………1963年生まれ。作家として「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」が本屋大賞を受賞、映画・ドラマ化もされた。ほかにイラストレーター、ライター、デザイナー、演出家など多方面で活躍するマルチタレント。俳優として『コード・ブルー2nd Season』『モテキ』『銀と金』、映画『シェル・コレクター』『美しい星』『一茶』『パーフェクト・レボリューション』など多数出演する。

寺島しのぶ(役:大池由紀子)

大池由紀子………都民第一の東京都知事

強い女性政治家像を打ち出した人気政治家。
圧倒的な支持率を武器に、常識にとらわれない政策を次々と打ち出している。

寺島しのぶ………1972年生まれ。東京都出身。トップコート系列・アプティパ所属。父は歌舞伎役者の七代目尾上菊五郎、母は女優の富司純子。2000年、『シベリア超特急2』で映画デビュー。2003年の映画『赤目四十八瀧心中未遂』『ヴァイブレータ』で、第27回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞。2010年、映画『キャタピラー』で、べルリン国際映画祭の最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。ほかに『オー・ルーシー』主演など。国際的に評価される本格的女優のひとり。

【寺島しのぶさんコメント】
お正月から危機的なドラマですが、そこの裏にある人間それぞれの模様を視聴者の方に読み取っていただけると幸いです

渡部篤郎(役:エム)

エム………狂信的な支持者を集めるテロリスト。

国際的なテロリスト集団IFの中心人物。
カリスマ的な統率力を持ち、これまでにも数々の国際的なテロを企ててきた

渡部篤郎………1968年生まれ。刑事役に『ケイゾク』『外事警察』『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~』など。1995年『静かな生活』…日本アカデミー賞新人俳優賞・優秀主演男優賞。2017年はドラマ『パパ活』『犯罪症候群』『警視庁いきもの係』に出演。コメディから刑事ものまで、数多の難役を演じる役者であり、映画監督も務める。

【渡部篤郎さんコメント】
日本ではあまり考えられない題材ですが、海外ではよく見かける題材だと思います。
リアリティをどう見せるかが、出演者、スタッフの力の出しどころだと思います。
実際にはあってはならない事ですが、エンターテインメントとして、見ごたえのある作品にしたいと思います。

SPドラマ【都庁爆破!】のあらすじ

2017年12月24日、華やかな賑わいを見せるクリスマスイブの新宿。元自衛官の本郷(長谷川博己)は都庁の展望台を見学に行く妻と娘と別れ、友人で米国国防総省の担当次官・ケイン高村(吉川晃司)と会っていた。かつて紛争地帯で本郷に部下を救われたことのあるケインは、本郷が自衛隊を退官した理由を尋ねる。口を濁す本郷。彼はあることがきっかけで仕事に対して自信を失い、同時にこんな自分が家族を幸せにできるのかという悩みを抱えていた。そのとき、新宿の街に轟音がとどろいた!

外に飛び出した本郷とケインは信じられない光景を目の当たりにする。都庁の建物が爆発したのだ!! パニックの中、都庁へ向かう本郷とケイン。妻と娘の安否は? 焦る本郷は、最悪の事態に陥っていることを知る。都庁はエム(渡部篤郎)と呼ばれる狂信的な支持者を集めるテロリストを中心とする国際的なテロリスト集団IF(アイエフ)により爆破され、展望室にいた本郷の妻と娘を含む一般客が人質にされていた。「パパが助けに来てくれる」と娘が信じていると知った本郷は、ケインと共に都庁に潜入する決心をする。

IFは犯行声明を発表し、日本政府に要求を突きつける。聞き入れられない場合、都庁に仕掛けた爆弾をさらに爆発させるという。大池都知事(寺島しのぶ)は対策本部を立ち上げるが、御園総理(リリー・フランキー)は政府主導で対応を行うと言い、両者は対立。しかしIFは首都・東京を巻き込んでさらに恐ろしいテロを起こそうとしていた…。

SPドラマ【都庁爆破!】のみどころ

長谷川博己がゴジラの次はテロと対決!

本作の主演・長谷川博己さんは、2016年の映画「シン・ゴジラ」では、ゴジラと対決!大きな被害がでるなか、ゴジラを凍結する作戦を敢行しました。

同映画は、テレビ朝日での地上波初放送(2017年11月12日)において、15.2%の高視聴率を記録。

そして2018年の正月、1月2日にスペシャルドラマで、テロと対決します。またも果敢にミッションに挑む姿が見られそうですね。

小池でなく大池知事!?

これは明らかに、小池百合子都知事から取ったであろう大池由紀子都知事。

変更点は小⇒大、ゆりこの「り」⇒き

都民ファースト一⇒都民第一

世界中でテロが起きている現代。放送の2018年にはオリンピックが2年後となる日本です・・・都庁が爆破され、テロリストに占拠されたらというシュミレーションをしておくことは有意義です。

その点では、現実の都知事を思わせる名前もありです。

豪華キャスト×演出:平川雄一朗×P:伊與田英徳

豪華キャストなのはもちろん、「JIN-仁」「天皇の料理番」などの平川雄一朗さんが演出。

プロデュ―サーの伊與田英徳さんもTBS日曜劇場で「半沢直樹」などヒット作を生み出してきた方。

今から期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク