広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ)】Motherの坂元裕二脚本で冬ドラマ大本命!

2018年1月の日本テレビ水曜ドラマ【anoue(アノネ)】(仮タイトル)

主演は、広瀬すずさん。10代最後の連ドラ主演です!

脚本は、坂元裕二さん。同局のヒット作「Mother」(2010年)、「Woman」(2013年)の脚本を務めて以来、日テレドラマを5年ぶりに担当。

ニセモノから始まり、真実の人間愛を見つけるヒューマンドラマ。

「舞妓Haaaan!!!」「ゆとりですがなにか」などの監督:水田伸生さんが、「先に生まれただけの僕」に続いて次屋尚プロデューサーとタッグを組むので品質保証は間違いなし!

今回は広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ)】のキャストとあらすじ、みどころをお伝えします!

スポンサーリンク

広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ)】の基本情報

放送時間:毎週水曜日22時~

放送局:日本テレビ系

放送開始日:2018年1月スタート

脚本:坂元裕二(『カルテット』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など)

主題歌:未定

演出:水田伸生

プロデューサー: 次屋 尚

広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ)】のキャスト

広瀬すず(役:辻沢昴)

辻沢昴(つじさわ すばる)………人間嫌いでネットカフェに引きこもっている。そこで出会った林田亜乃音(田中裕子)に引き取られて偽装家族を装い共同生活をはじめる。スケートボードが得意。

広瀬 すず(ひろせ すず)………1998年6月19日生まれ。静岡県静岡市出身。フォスタープラス所属。実姉は女優の広瀬アリス。2012年『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」のグランプリを受賞しデビュー。以降、映画・ドラマ・CMに活躍中。

田中裕子(役:林田亜乃音)

林田亜乃音(はやしだ あのね)………林田印刷の未亡人。辻沢昴(広瀬すず)を引き取って共同生活をしている。

田中裕子(たなか ゆうこ)………1955年生まれ。明治大学在学中の1978年に文学座に入り、女優活動をスタート。1981年映画『ええじゃないか』『北斎漫画』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、新人俳優賞を受賞。1983年の、連続テレビ小説『おしん』で主役を演じた。ドラマ「Mother」「Woman」にも出演し存在感を発揮した。

広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ)】のあらすじ

全てをってしまった少女は、
それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。
そして、ある老齢のとの運命的な出会い
それはある事件がきっかけだった

このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上でほんとうに大切なものはなにか?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語です。

家族を失い社会からもはぐれ、生きる方法を見失った少女(広瀬すず)が、一人の老齢の女(田中)と出会います。

裏切られ、人を信じる心を失った2人が、何かを感じ、老女は少女をかくまいます。

ニセモノの家族、人生、記憶を育んで、真実の愛をみつけていく物語です。

広瀬すず主演ドラマ【anoue(アノネ】のみどころ

 引き込まれる坂元裕二さんの世界観

「生きていく上で本当に大切なものって…何?」

気になる問いかけで迫ってくる坂元さんの脚本ドラマ。

坂元さんは、いまやドラマ史に残るヒットメーカーで、いまもっとも次回作が待たれる方。

2016年の『カルテット』も話題になりました。同作は第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞(オリコンエンタテイメントの雑誌主催)作品賞を受賞し、専門家からも高い評価。

もちろん「Mother」「Woman」に続く日テレドラマ×坂元裕二×水田監督の第3弾としてドラマファン必見です。

坂元さんならではの台詞や比喩もみどころ。たとえば…

『最高の離婚』の「つらい。とにかくつらいです。結婚って、人が自ら作った最もつらい病気だと思いますね。…結婚って長い長い拷問ですよ」

『カルテット』の「唐揚げにレモンかけるか問題」など隠喩の効いた展開。

あげればきりがない脚本家さんです。

もちろん、「Mother」「Woman」も手掛けた水田伸生さん演出で質の高い映像も期待されますね。

広瀬すずが10代最後を飾る!

今回のお話を聞いた瞬間に、すごくうれしくて、楽しみで仕方がないです!何かゾクゾクするというか、どんな作品になるのか楽しみです。

とコメントする広瀬すずさん。

最新作の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』に続く主演作はなんとドラマ!

近年は「海街diary」「ちはやふる」「四月は君の嘘」「怒り」「チア☆ダン〜」「三度目の殺人」とすっかり映画女優でした。

ドラマは2016年1月期「怪盗 山猫」以来の2年ぶり!

主役としては、2015年、まだブレイク前の16歳で日本テレビの「学校のカイダン」以来3年ぶりです。

1998年6月生まれなので4月期があるとはいえ、まるまる出演は今作が10代最後となります。

ちなみに広瀬すずさんは「花より男子」リメイク主演の憶測が飛びかいましたが、原作者が否定し沈静化。一部ではもうドラマには出ないかもと噂されていました。しかし、ここにきてのキャスティングにネット騒然です。ファン必見まちがいなし!

出演俳優の出世作?

出演した俳優が知名度をあげて以後の活躍につなげているのも特長です。

「Mother」で芦田愛菜(以降「マルモのおきて」出演)、尾野真千子、綾野剛、ほか

「Woman」で満島ひかり、 鈴木梨央(以降「あさが来た」出演)、髙橋來(以降「ひよっこ」出演)ほか

どんな俳優さんが出演するのかも注目ですね。

※くわしい情報がわかり次第更新していきますが、

脚本坂元裕二×広瀬すず主演のドラマ。今からとても楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク