【わろてんか】第33回(11月8日)視聴率は20.6%!てん・葵わかなのギュッが萌え袖!

葵わかな主演【わろてんか】第33回(11月8日)の視聴率、あらすじ、感想!

  • 第6週月曜と火曜も20%越えの視聴率。水曜日8日は?
  • あらすじをネタバレ紹介!
  • 視聴者の感想は?
朝ドラ【わろてんか】キャストとあらすじ!吉本創業者役で葵わかな、松坂桃李、高橋一生ら出演
朝ドラ・NHK連続テレビ小説【わろてんか】のキャストとあらすじ! 2017年後期・10月~放送のNHK朝ドラは吉本興業の創業者…
【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ!葵わかな、松坂桃李夫婦で笑活!
朝ドラ【わろてんか】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ【わろてんか】…
スポンサーリンク

【わろてんか】第33回の視聴率

33回の視聴率は20.6%!

3日連続で20%越えの好調キープです

【わろてんか】の視聴率一覧表と単日・週間平均ランキング!最終回まで更新中
朝ドラ「わろてんか」視聴率一覧表とランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、吉本興業創始者…

【わろてんか】第33回のあらすじ

藤吉「お前にはお前におうた男が必ずいる!粗末にするな!」

リリコは後添えになるため、支度金をもらっていた。藤吉は止めようとする。アサリは外に出たリリコと藤吉を見かける。

翌日、「いやや離して、離さん」とアサリは藤吉の様子を万丈目やキースに話しているところ、藤吉とてんは目撃…

てんは、噂を信じているわけではなかったが、藤吉の袖をつかみ気丈に振る舞って元気に声をかける。「こんな暇あったら今日こそ寄席を探してきておくれやす」

藤吉は亀井に名人の名札を見せてもらう。端席は新しいもんが生まれる玉手箱だという。有名になる前に出て旅立っていくのだ。

啄子「悋気(りんき)は損気やで」

啄子は焼きもちは一銭の得にもならないとてんに諭す。アサリに事情を聴いたらしい。

てんは、二人の自分が知らない関係に焼きもちを焼いていた。

「藤吉を信じた方が得になる」啄子はてんに伝えた。

その頃、てんの父・儀兵衛は体を病んでいたが、しずには口止めしていた。しかし風太は立ち聞きし、大阪へまたも出掛けていた。

てんは裁縫をしていても手がつかない。藤吉を捜しにいくと、藤吉はリリコのところで、「一緒にどっかいこ」と駆け落ちを誘われていた。

藤吉「俺にはおてんちゃん、いや、てんしかおれへん」 とリリコに伝えて断る。

てんが見つかり、リリコはてんに身の上話しをはじめる。貧乏で売られそうだったリリコは、藤吉に守られた。藤吉と一緒になるため頑張ってきた。かなわないならば、後添えになり、楽をする、義太夫の才能もないからと嘆く。

藤吉「(リリコの)義太夫には魂がある、俺の寄席で聴かせてくれ、もっと自分を大事にするんや」

リリコは涙ぐみながらも部屋に戻った。

てんは嫉妬を謝り、「リリコさんに出てもらうためにも頑張りまひょ」 新たな2人の目標のため、藤吉と気持ちを高めていた。

【わろてんか】第33回の感想

てんの袖ギュッが話題!

てんのあごクイ、ならぬ袖ギュッ!萌え袖!

・・・てんの藤吉の袖をギュッとつかむ可愛さがネットで話題です。

あごクイとは、相手のあごをクイッと上に向けるしぐさ。

萌え袖とは、一般的には、女子が長い袖で手が隠れてしまう袖のこと。

今回は萌え袖の変化バージョンですね。

嫉妬でふくれるおてんちゃん。ギュッとしたら冷静になり、「こんな暇があったら…」と旦那さん(候補)の尻を叩くのも、すでにもう奥さんのよう。

てんは、「笑い上戸」や「太陽のような笑顔」が武器で、嫁候補合戦でも勝利する商売の力、貧乏にも負けない根性がある魅力的なキャラクターです。

リリコがかわいそう、でも…

「リリコがかわいそう」という声も多いのですが、

そこは仕方ありません。

人の気持ちをコントロールすることはできないのですから。

けれど、藤吉の優しさが残酷なのは非常に伝わります。

あえてダメな優しい男として描いているのだとしても、あんまりです。

夜中に行かなくてもいいじゃないか!ダメ!

と、てんの気持ちになって思います。

藤吉は手紙で嘘をつくから「信用してはダメ」というのもよく聞くご意見ですが…

勇気や元気を与える嘘をついても、てんへの気持ちを裏切る行為をするようには見えません。

そこは真っ直ぐなキャラです。

能力は全くないけれど夢を持つ藤吉と支えるてん。今後も応援したくなる2人です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク