【わろてんか】第30回(11月4日)の視聴率とあらすじ!てんの笑顔の破壊力が話題!

葵わかな主演【わろてんか】第30回(11月4日)の視聴率、あらすじ、感想!

  • 第5週の月・火・水曜も20%台で好調!木・金・土の視聴率は?
  • 逆プロポーズのその後は…あらすじをネタバレ紹介!
  • 視聴者の感想は、てんの笑顔の力が話題…
2017年後期・10月~放送の朝ドラ・NHK連続テレビ小説【わろてんか】は吉本興業の創業者・吉本せいがモデル! ヒロインは葵わ…
葵わかなさん主演のNHK連続テレビ小説、愛称:朝ドラ2017年度後期は【わろてんか】 松坂桃李さん、濱田岳さん、高橋一生さん、…
スポンサーリンク

【わろてんか】第30回の視聴率

【わろてんか】第30回の視聴率は18.2%!

3連休の影響でしょうか。1.4ポイントのダウンとなりました。挽回に期待です

「わろてんか」視聴率一覧、単日と週間の平均視聴率ランキング! NHK連続テレビ小説「わろてんか」は、葵わかなさんがヒロインで、…

【わろてんか】第30回のあらすじ

「裸一貫の今だからやれるんとちゃいますか,。一緒に寄席をつくりましょう」
しぶる藤吉に

啄子にもアホな話しと一喝された。藤吉は最後のお願いと頼みこむ。

啄子は家と土地、夫と藤吉の借金を返し、引っ越し代と初期費用をだした。

てんはトキを帰らせた。「トキがいると食い扶持増えて迷惑や」と憎まれ口を言いつつ、てんはトキを「大好きや」と送り出す。

最後の晩餐には、頼子も呼んだ。頼子は幼いころのいけずを話す。母が藤吉を可愛がるから、例えば、おむすびに辛子、布団に蛇を入れた。笑うてんは家族っていいなあと和ませる。

啄子は、里に帰るというが、てんは賑やかな方がいいと一緒にくらしたいと誘った。しかし家がまだなかったてんたち。そこへ万丈目がやって来て家がみつかったと伝えにきた

最後の日、てんたちは雑巾がけをした。…啄子は柱の傷を見て大藤吉がきくなったと実感する。そして北村屋の3か条「始末 才覚 算段」の額を降ろし、ご先祖さまに店をつぶすことをお詫びした。

外に出たてんたちは、啄子にごりょんさん修業をさせてほしい、「北村屋をよみがえらせてもらいます」と願いでる。啄子は「居座らせてもらうわ」
てんたちの引っ越した先は、芸人長屋…貧乏の芸人たちが集まっていた。波乱の幕開けだった。

【わろてんか】第30回の感想

てんの笑顔が話題!

てんの笑顔の破壊力が話題です。

笑顔の解釈には賛否あります。

「都合良い、強引すぎる」あるいは「こちらも笑顔、癒される」どちらにもとれます。

とにかく、てんの笑顔の力は、すごいです。

許嫁の楓さんを撃退し、姑さんの啄子も貧乏長屋へ連れ込みます。

反対していたのに、笑顔で頼んで、あっさりついてくるのですね。

北村屋を再建させる!

てんの根拠のない自信ですが、笑顔と強い気持ちで心が変わりました。

藤吉の姉のいけず話しも笑い話し、家族っていいな、に変換するてんの破壊力。

笑顔がない家族だったという藤吉の話しは一体どこへ……

【わろてんか】は笑顔でのりきるドラマ

これまでを総括すると

「わろてんか」は「笑える」ドラマではないと視聴者は分かりました。(関西人の笑いという問題ではないようです)

タイトルや笑活のキャッチコピー、1日3回笑わせるという脚本家の意気込みで、視聴者とすれちがい、批判が多くなってしまいました。

「笑い」で生き抜こうという生き方は素敵で、てんの満面の笑みは魅力的。W鈴木や栞さま、トキや風太、リリコなどキャラも楽しみに見ている方も多いです。

全般的に展開には視聴者困惑ぎみも、てんの笑顔の本領発揮で、いよいよ笑いを商売に! どうなる第6週・・・評判も挽回に期待です。

スポンサーリンク