【トットちゃん!】20話のあらすじと感想!青森と呉へ…「この世界の片隅に」思い出して話題

【トットちゃん!】第20話のあらすじと感想!

  • 黒柳徹子さんの半生を描く昼帯劇場「トットちゃん!」第3週 第20話がテレビ朝日系で10月27日(金)に放送されました
  • 前回、守綱と駅で別れた朝。青森への疎開を決めて…あらすじをネタバレ紹介!
  • 感想で校長先生が話題。そして、あの大ヒットアニメ映画も……
2017年10月スタート!帯ドラマ劇場『トットちゃん!』(毎週月~金曜:ひる12時30分~12時50分)のキャストとあらすじ! ヒロインは清野菜名さん!「私だと思った!」――黒柳徹子さんもビックリ? W主演の母・朝役は松下奈緒さん、父・守綱役に山本耕史さん、黒柳徹子さんの子ども時代を豊嶋花さん。ほかに竹中直人さんら豪…
スポンサーリンク

【トットちゃん!】第20話のあらすじ

昭和20年3月20日の東京大空襲
以降、市民も巻き込まれていく
4月の沖縄戦
8月の原爆と続いた。
(松下奈緒)は、リンゴをおくってくれた親切な佐々木伸夫(宮川一朗太)がいる青森へ疎開の準備をし、ソファーから風呂敷をつくる
大切なものひとつを持っていくことにするが、徹子(豊嶋花)は選べないと騒ぎ、朝は大きな声で叱ってしまう。

朝と徹子は校長先生の小林宗作(竹中直人)に挨拶する
戻って先生になると伝える徹子だった。

『乃木坂上倶楽部』には立ち退きが迫られていた
上原かなえは撮影所に寝泊まり
華子とエミーは、広島の呉市に海軍のまかないの仕事があり行く方向になった。

朝と徹子は列車で、水も飲まず大豆10粒だけで24時間かけて青森県へ
徹子は鉛筆を落とし必死に探した。
八戸からローカル線で北戸へ…。佐々木信夫が走って来てくれて家に呼ばれた。 久しぶりのお米、卵、野菜、食事だった。徹子は人の話しを聞かず食べ続けた。

そのころ、トモエ学園は火で燃えていた…小林先生はつぶやく「今度はどんな学校を作ろうか」

【トットちゃん!】第20話の感想

校長先生が燃えるトモエ学園を見つめるカットは胸がつまります。

つらい時代なのに、明るい徹子、たくましく娘を守る母。

お子さんに見せる(勝手に見てる?)ツイートも上に紹介させて頂きました。戦争を考えるドラマとなりますね。

血を流す悲惨な場面がなくても生きることの過酷さを表現する秀逸なドラマですから。

「10月まとめ」が関東地方で放送され、ネットで動画配信もありますが、もっと宣伝してほしいくらい良いドラマです。

ほかの話題は…。広島の呉に行く華子・エミー。「は行っちゃダメ」のツイートも連発。

それもそのはず、大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」で描かれた「呉軍港空襲」の地ですから。

西(広島)と北(青森)に別れた朝と華子たち…。

最後のお別れなのでしょうか。次回以降も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク