【陸王】視聴率と最終回ネタバレ!最終回SP“陸王まつり”で悲願の20%超えを達成できるか

2017年10月16日

ドラマ【陸王】全話視聴率と最終回ネタバレ!

池井戸潤の小説をもとにした企業再生物語。骨太の人間ドラマが胸を打つ日曜劇場らしい感動のストーリーは早くも話題です。

ここではドラマ【陸王】全話視聴率とあらすじをまとめ、最終回までネタバレしていきます。

毎週更新しますので、毎話チェックしてください!

スポンサーリンク

【陸王】1話の視聴率とあらすじ

【陸王】1話の視聴率は14.7%! スタートダッシュは好調です。

【陸王】2話の視聴率とあらすじ

【陸王】2話の視聴率は14.0%でした。日本シリーズとテレ朝ドラマ【BORDER-贖罪】と重なった割には、かなりの高視聴率!

【陸王】3話の視聴率とあらすじ

【陸王】3話の放送は11/5(日)。1・2話に続き15分拡大での放送です。

【陸王】3話の視聴率は15%! ついに15%の壁を破ることができました。

【陸王】4話のあらすじと視聴率

【陸王】4話の視聴率14.5%! 裏番組の強敵「シン・ゴジラ」は15.4%。

「陸王」で生き残りをかけてアトランティス社、銀行、そして商品開発の壁と戦う「こはぜ屋」は、「シン・ゴジラ」との戦いには惜しくも敗れましたが、好調キープ!

【陸王】5話のあらすじと視聴率

【陸王】5話の視聴率は16.8%! 自己最高記録を更新しました。

トラブル続きで窮地に陥った「こはぜ屋」を救ったのは大地(山﨑賢人)と美咲(吉谷彩子)の若い力。でも、そんなふたりの視線がちょっと気になる! 茂木(竹内涼真)が選ぶのは「陸王」か「RII」か? 「こはぜ屋」が茂木を応援するように、視聴者も「こはぜ屋」と茂木を応援する結果が高視聴率に繋がってるんですね。

【陸王】6話のあらすじと視聴率

【陸王】6話の視聴率は16.4%! 前回より0.4%ダウンです。裏に高視聴率バラエティ「池の水をぜんぶ抜く」があった影響か?

【陸王】7話のあらすじと視聴率

【陸王】7話の視聴率は14.7%。「M-1グランプリ」の裏だったせいか、少し下がってしまいましたが、なんとか安定の高視聴率をキープ。

【陸王】8話のあらすじと視聴率

【陸王】8話の視聴率は17.5%で自己最高! 最終回に向けて20%の大台へのステップアップ! 20%超えができるかどうかに注目ですね!

【陸王】9話のあらすじと視聴率

【陸王】9話の視聴率は15.7%でした。最終回のラストランは悲願の20%超えなるか?

【陸王】最終回のあらすじと視聴率

【陸王】最終回の視聴率は20.5%! 最終回にしてようやく悲願の大台にのせることができました。結末がハッピーエンドとわかっていても、「この目で最後まで見届けたい」という視聴者が多かったと思います。素直な感動に心を揺さぶったのと「勝利を信じて」きたのが勝因でしょうか。

【陸王】過去の日曜劇場ドラマ視聴率

質の高いドラマで高視聴率枠となっているTBSの日曜劇場。

近年のTBS日曜劇場の平均視聴率を見てみると…

  • 家族ノカタチ…8.99%
  • 99.9…17.15%
  • 仰げば尊し…10.58%
  • IQ246…10.66%
  • A LIFE…14.55%
  • 小さな巨人…13.6%

同じ池井戸潤さん原作の「下町ロケット」は16.1%からスタートして、最終回は22.3%。

全話平均視聴率は18.54%でした。

【陸王】視聴率まとめ

14.7%からスタートして、20%に向けてジワジワと視聴率を上げていった【陸王】。

途中、「シン・ゴジラ」や「池の水〜」「日本シリーズ」「M1グランプリ」などの高視聴率番組と戦いながらも15%前後の高視聴率をキープ。

最終回の12/24クリスマスイブには、午後から総集編、最終回直前にはスピンオフ特別企画も放送し、「陸王祭り」でガッチリかためた甲斐があって、ついに20%の大台を超えることができました。

全話平均視聴率は15.98%最高視聴率は最終回の20.5%となりました。

下町ロケットの全話平均視聴率は18.54%。最高視聴率は22.3%だったので、「下町ロケット」に勝てませんでしたが、「下町ロケット」が放送された当時とくらべると現在ではTVerなどによる動画視聴組が増えているので、なかなかいい勝負だったのではないかと思います。

すでに「陸王ロス」になっている視聴者も多いので、続編が期待されるところですね。

ただ原作はほぼ同じところで終わっているので、ドラマオリジナルのスピンオフになるのか、池井戸潤さんが原作を手がけ、茂木とこはぜ屋の今後が描かれるのか、続報を待ちましょう。

【陸王】最終回ネタバレ

ドラマ【陸王】は、池井戸潤さんの同名小説が原作となっています。

「こはぜ屋」は数々の難題に立ち向かううちに、いろいろな出会いがあり「陸王」シューズを開発。

1話でランニングシューズ「陸王」開発の決意を決めた宮沢(役所広司)は、茂木(竹内涼真)に試作品を届けます。

2話では、宮沢は「陸王」のソールに最適だという「シルクレイ」の特許使用を開発者の飯山(寺尾聰)に直談判。アトランティス社に見放された茂木は、ミッドフット着地を習得するため、ついに「陸王」を履いてみることに!

しかし3話では、ソールの弱点が露呈して!? 第一線で活躍していたランナー・茂木が履いて走ってみることで「陸王」シューズも洗練されていく。茂木と「陸王」、そして「こはぜ屋」は一緒に成長していきます。

4話では茂木がついに「ニュー陸王」で復活! しかし、アトランティス社の悪代官がこれを見逃すはずもなく、5話では茂木と宮沢の絆を裂こうと悪巧み。ラストで茂木が選んだシューズを目に、役所広司さんと一緒に泣いた視聴者が多かったことでしょう。

6話ではついに陸王がニューイヤー駅伝で公式戦デビュー。茂木選手の復活と平瀬のラストラン! 茂木の快走で陸王のヒットを夢見た「こはぜ屋」の前に新たな困難が!

7話ではタチバナラッセルに裏切られ、シルクレイ製造機も鉄くずに。「こはぜ屋」は「陸王」が作れなくなりました。8話では、フェリックスの買収話に生き残りを賭けるかどうかというところで終了。

9話では、ただでは起きないこはぜ屋がフェリックスに「業務提携」を持ちかけました。アトランティス社との忖度?もあり、交渉決裂か?とハラハラするラストに・・・。

最終回では、茂木が本当の復活をかけてフルマラソンに出場! アトランティスとのサポート契約をぶっちぎり「陸王」で優勝!

つぶれかけの老舗足袋屋「こはぜ屋」をバカにしてきた銀行の支店長、アトランティスの悪代官をぎゃふんといわせることに!

原作のネタバレはこちら!

Posted by RD