ドラマ【陸王】1話視聴率は14.7%のスタートダッシュ!感動のたすきを全話繋げられるか?

日曜劇場【陸王】が10/15にいよいよスタートしました。

試写会での前評判通り、1話からして感動の連続、涙腺が弱くなる!

多くの人が涙したその感動シーンとは?

今回は、日曜劇場【陸王】1話の視聴率、あらすじ、見どころ、感想、2話予告について。

スポンサーリンク

ドラマ【陸王】1話の視聴率

ドラマ【陸王】1話の視聴率、14.7%。これからどこまで伸びるでしょうか?

ドラマ【陸王】1話のあらすじ

【陸王】1話・老舗足袋屋「こはぜ屋」が倒産寸前!融資打ち切りか?

埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」。その四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は、年々先細る足袋の需要から今日も資金繰りに頭を悩ませていた。 そんなある日、メインバンクである埼玉中央銀行へ、追加融資の相談に訪れた宮沢。なんとか今回の稟議は受け付けてもらえたが、融資担当の坂本(風間俊介)から、新規事業に踏み出してみてはどうかと提案をされる。

【陸王】1話・宮沢(役所広司)は新規事業に再建をかける

突飛な話だったためその場は軽く応えた宮沢だったが、「こはぜ屋」の存続がかかっているテーマだけに、真剣に考えはじめると、ほどなく、あるきっかけで新規事業について閃く。それは、足袋製造会社としてこれまで培った技術が活かせる“裸足感覚”を追及したランニングシューズの開発だった。

早速動き出した宮沢は、スポーツ用品店の店主でランニングインストラクターの資格を持つ有村融(光石研)を坂本から紹介されると、有村は愛知県豊橋市で行われる国際マラソン選手権を見に行こうと宮沢を誘う。学生時代にライバルとしてしのぎを削っていた実業団ランナー・茂木(竹内涼真)と毛塚(佐野岳)が出場することで話題となっている豊橋国際マラソンだ。宮沢は息子の大地(山﨑賢人)とともに豊橋へ向かった。

ドラマ【陸王】公式HPより

【陸王】1話・人気ランナー茂木(竹内涼真)との出会いでランニングシューズ開発を決意!

茂木(竹内涼真)は、豊橋国際マラソンの最中、サイラス・ジュイとのトップ争いで無理をしたため、ひざを痛めて転倒。

倒れながらも「まだいける! いける!」と走ろうとする茂木を先輩ランナー・平瀬(和田正人)が止めに入る。

もう終わったんだ!

肘の故障で野球を諦めたものの、マラソンに命をかける茂木に憧れを抱き、茂木の頑張る姿に就活がうまくいかない自身の希望も照らそうとしていた大地(山﨑賢人)は落胆する。

どんだけ努力したって、できないことってあんだよな・・

しかし、茂木の走りと転倒を間近で見た宮沢は、逆に「ケガをしにくい靴」「裸足感覚の靴」として足袋型ランニングシューズ開発を決意する。

試作品を作り、みずから試してみる宮沢。大地にも新商品開発を手伝わないかと声をかけるが、就活がうまくいかない大地は叫ぶ。

足袋屋にランニングシューズなんてできるわけがない!

もと長距離選手だったドライバーの江幡(天野義久)も協力する。

失敗作は200足。

試作品第2号を試した有村は、ソールはシューズの命。ソールの厚さのバランスはいいが、ランニングシューズとして売り出すには耐久性不足と指摘。

ただしミッドフット着地を習得するための矯正用シューズとして売り出したらどうかと提案する。

宮沢は、試作品を茂木に履いてほしいと考え、ダイワ食品陸上部へ。しかし茂木を実験台にするのか?と監督(音尾琢真)に断られる。

故障した茂木はフォーム修正の必要がある、とシューフィッターの村野(市川右團次)。走法を変えても茂木に再起の見込みはないと睨む佐山(小藪千豊)。

【陸王】1話・「陸王」開発への厳しい道のり

埼玉中央銀行・家長と馬場から追加融資を断られ、新規事業よりリストラを検討したほうが現実的といわれる宮沢。

「こはぜ屋」では誰がリストラされるのかで戦々恐々となり、思わず「リストラなんてしなくてもいい方法を考える」といってしまう宮沢。

そんなとき、有村(光石研)が東京の高校での体育シューズのコンペの話を持ち込む。

宮沢はコンペ会場で「日本の伝統産業を伝え続けたい」「日本人が履くべきシューズ」と思いを伝えるが、ライバルは大手のアトランティス社。

アトランティス社が提示した価格は倍以上だったが、結局「実績がない」という理由でコンペに惨敗、頼りの坂本は異動になってしまい落ち込む宮沢。

坂本(風間俊介)の異動は、「こはぜ屋」への融資の件で支店長とやりあったための左遷だと耳にした宮沢に悔しさがこみ上げる。

そんなとき、ヤス(内村遥)が倉庫であるものを発見する。

ドラマ【陸王】1話の見どころ

ドラマ【陸王】1話の見どころ①エキストラ約1万人の豊橋ロケ!

国道を封鎖しての大規模ロケには、エキストラ約1万人が参加!

ドラマ【陸王】1話の見どころ②竹内涼真×佐野岳のデッドヒート

竹内涼真のなが〜い美脚と精悍な走りっぷり! ライバル・佐野岳とのデットヒートも必見!

ドラマ【陸王】1話の見どころ④「こはぜ屋」美術にこめられた日本の伝統文化!

撮影の舞台となった「こはぜ屋」の倉庫は、埼玉県行田市の、昭和30年〜40年代に建てられた、ある個人宅の倉庫だそうです。

「かつて実際に足袋を作っていた工場で当時のものが撮影の飾りとして、そのまま撮影に使われている」(こはぜ屋日誌より)というから、まさにリアルな雰囲気なんですね!

池井戸潤さんのサイトからも「美術の素晴らしさ」に注目! とお墨付き。

ドラマ【陸王】1話の見どころ⑤奇跡のランニングシューズ「陸王」が生まれたきっかけとは?

宮沢が娘のあかねに頼まれたシューズを買いに行った靴屋で、たまたま5本指のランニングシューズが人気と知り、足袋のランニングシューズ開発を思いつく。

ドラマ【陸王】1話・試写会で涙する人続出! 竹内涼真も“涙でズブズブ”の感動シーンとは?

原作者・池井戸潤さん? 池井戸潤さんの事務所の方? さえ何度も泣かせたとは!

竹内涼真も「涙でズブズブ」って! どんだけ泣けるドラマなんでしょう?

【陸王】1話・茂木(竹内涼真)がレース中に転倒!

「まだ行ける」「走れる」と何度も立ち上がろうとする茂木(竹内涼真)。「もう終わったんだ」と止める平瀬(和田正人)の熱演。茂木の苦しい思いが伝わってきて切ない!

【陸王】1話・役所広司が「こはぜ屋」への思いを爆発させる!

埼玉中央銀行の大橋(馬場徹)が「こはぜ屋」にやってきて、リストラを迫るとともに新規事業をそそのかしたと、坂本(風間俊介)に謝らせようとする。

宮沢(役所広司)は「こはぜ屋の同志(=坂本)をバカにしないでもらいたい!」と大橋を一喝。

ヤス(内村遥)が倉庫から発見した、先代が作った「ランニング足袋」の試作品を持ち、「こはぜ屋は、伝統を守りながらずっと新しいことに挑戦してきた」「社員たちひとりひとりがたすきをつなげるランナー。誰ひとり欠けてもゴールできない!」「一度もウチの足袋を履いたことがないヤツに何がわかる!」

宮沢の熱い思いを聞いていたヤス、あけみ(阿川佐和子)ら従業員たちも感動して、ランニング足袋の製作を続けることに賛同する。

ドラマ【陸王】1話のまとめ

試写会でみなさんが何度も泣いていたという理由がわかりました。

純粋に感動できるドラマですね。

主人公が失敗を重ねながらも、困難に打ち勝っていく、いわば王道の感動ヒューマンドラマですが、それでいい。

役所広司さん、山﨑賢人さん、内村遥さん、風間俊介さん、ヒール役のピエール瀧さんや小藪千豊さんらキャストもみなさん、ハマり役!

とくに阿川佐和子さん、連ドラは初めてということですが、さすがの存在感に驚きました。

日曜劇場らしいドラマで、この先も楽しみです。

ドラマ【陸王】2話の予告動画

来週は選挙報道のためお休み。次回は10/29です! 

ドラマ【陸王】のキャストとあらすじ!実在の会社がモデル!「下町ロケット」を超えるか?
TBSの日曜劇場、2017年10月期のドラマは、池井戸潤原作の【陸王】。 老舗の足袋製造会社が、会社の生き残りをかけて、靴の開…
【秋ドラマ】2017年10月期ドラマ一覧![65番組掲載中]
2017年10月スタートの秋ドラマ情報のまとめ! 篠原涼子、井上真央、綾瀬はるか、小泉今日子、綾野剛、櫻井翔、ディーン・フジオ…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク