【奥様は、取り扱い注意】1話視聴率は11.4%!綾瀬はるかの夫に言えない秘密が凄かった!

日本テレビ水曜10時の新ドラマ【奥様は、取り扱い注意】が10/4(水)にスタートしました。

主演の綾瀬はるかさんが演じるのはセレブな専業主婦の伊佐山菜美。料理も洗濯も苦手な菜美ですが正義感が強く怒らせると超凶暴。そして彼女には夫にも言えない秘密が。

また、主婦友を演じるのが本田翼と広末涼子。生まれて初めての女友達と友情を育んでいきます。

ホームドラマでありながらアクションも融合させた新感覚ドラマです。

それでは、【奥様は、取り扱い注意】1話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【奥様は、取り扱い注意】1話の視聴率

【奥様は、取り扱い注意】1話の視聴率は11.4%。

初回視聴率は2桁スタートと順調な滑り出しでした。綾瀬はるかさんのアクションシーンや本田翼さんの初の主婦役など話題が多かったので、初回は注目が集まったと思います。

また、次回以降も見たくなるドラマなので、今後も安定した視聴率が期待できそうです。

【奥様は、取り扱い注意】1話あらすじ

特殊工作員の島田優子(綾瀬はるか)は、これまでのすさんだ生活から脱したいと考えていた。そこで任務の途中で敵に追われ川に身を投げ死んだように見せかけました。

そして名前を片山菜美に変え一流商社の受付嬢としての生活が始まりました。そして同僚に誘われ一流セレブの集まる合コンに参加します。

そこで菜美は伊佐山勇輝(西島秀俊)に出会い一目ぼれをし、3か月後2人は結婚しました。
新居に引っ越した菜美は近所の主婦・大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)と出会います。

そして半年後、料理が苦手なことを大原優里と佐藤京子に相談したところ一緒に料理教室に通おうと言われます。

料理教室で菜美は水上知花(倉科カナ)という女性が気になります。夫からDVを受けていることに気づいたのですが肝心の知花が本当のことを話してくれません。

大原優里と佐藤京子と相談し、まずは友達になることから始めることにしました。まずはランチ会に招待しました。他愛もない話をしていく中で少しずつ打ち解けていく知花。

それから数日後、知花はついに夫・喬史(近藤公園)のDVについて打ち明け「助けて」と懇願します。

菜美たち3人は知花を救うため喬史に会いますが「知花には虚言癖がある」と言われ知花も認めてしまったため失敗に終わります。

3人は諦めずに知花に連絡を取り続けることを決めました。

そして、1か月が経ったとき知花は喬史に離婚を切り出します。しかし喬史に刺されてしまいます。

病院に駆けつけた菜美は主婦として解決することを諦め力で解決するために喬史の元へ向かいます。クマのぬいぐるみにカメラを仕掛けてあったことを伝え喬史に知花と離婚するように伝えます。

菜美に襲い掛かってきた喬史を返り討ちにし、ついに知花と離婚することを認めさせました。

【奥様は、取り扱い注意】1話の感想

【奥様は、取り扱い注意】1話のまとめ

いきなりから予想を裏切られました。「菜美には夫に内緒の秘密がある」ということでしたが、いきなり秘密の中身が出てきましたね。まさか特殊工作員だったとは。

また、問題の解決も主婦として解決するのかと思えば、力での解決ということで必殺仕事人のような感じのドラマでしたね。

ただ、勧善懲悪で非常にスッキリする内容だったと思います。DV夫がクズ過ぎるのが逆に最後は気分がすっとしますね。

また、綾瀬はるかさんのアクションシーンも迫力があり、見ごたえ十分でした。
親友の大原優里と佐藤京子にも問題があるようで、次回以降どうなっていくのか展開が楽しみです。

【奥様は、取り扱い注意】視聴率と最終回ネタバレ!西島秀俊の正体が判明?
日本テレビ系の2017年水曜・秋ドラマ「奥様は、取り扱い注意」が10月4日に始まります。 ホームドラマでありながら、主演の綾瀬はる…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク