【トットちゃん!】第1話(10月2日)の視聴率とあらすじ・感想!朝ドラテイストで好評!

【トットちゃん!】第1話(10月2日)の視聴率、あらすじと感想!

昼帯ドラマ第二弾が10月2日ついにスタートしました。

松下奈緒さんが黒柳徹子さんの母、チョッちゃん役を演じてメインとなる第1週。

朝ドラのようなさわやかな雰囲気、出演者で話題です。

【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ!黒柳徹子を大石静が描く
ドラマ【トットちゃん!】の全話あらすじ・感想と最終回ネタバレ! 10/2スタートのテレビ朝日系の『帯ドラマ劇場』第2弾は、黒柳…
スポンサーリンク

【トットちゃん!】第1話(10月2日)の視聴率

初回視聴率は5.8%!

瞬間最高はひる0時42分、チョッちゃんが黒柳守綱と出会う運命のシーンで7.0%を記録。

ちなみに同枠の前作『やすらぎの郷』初回視聴率は8.7%。

前作初回より2.9ポイントダウンとなります。

ただ『やすらぎの郷』全129話平均視聴率も5.8%であり、『トットちゃん!』初回はそれと同じ数字となりました。

【トットちゃん!】第1話(10月2日)のあらすじ

昭和4年11月、門山朝(松下奈緒)は東京の叔父夫婦、井上宏(高田純次)えつ(八木亜希子)の家に下宿して『東洋音楽学校』で声楽を学んでいた。だが、北海道原乃町で医院を営む朝の父・周通(佐藤B作)は年末には朝を呼び戻し、青年医師・児玉久興(本多力)と結婚させ、後を継がせる心づもりだった。
そんな中、朝は帝都交響楽団が主催する第九演奏会の合唱団に参加することとなり、コンサートマスターの黒柳守綱(山本耕史)と出会う。 

出典テレビ朝日

【トットちゃん!】第1話(10月2日)の感想

朝ドラテイストな昼ドラ

素敵なキャスト!古村さん、松下さん、山本さんが話題!

【トットちゃん!】第1話(10月2日)のまとめ

好評の滑り出しです。

朝ドラのような楽しさが溢れていて話題です。

大下アナの落ち着いたナレーションも聞き心地がよい(朝ドラ・わろてんかもアナウンサーで偶然か)

福山雅治さんの主題歌も「泣ける」「贅沢」などの声が多数。

ゲゲゲの女房のイメージがあるからか、古き良き女性が似合う松下奈緒さんも好評です。

山本耕史さんもNHKで植木等さん役を演じている最中ですが、ご本人はバイオリンは苦手だというのに、達者な演技をみせてくれます。

古村さんはNHKでチョッちゃん役だったのがチョッちゃんの母役になっていることも指摘する方が多いです。

と、好評の声ばかり取り上げましたが、本当かと疑う方は一度ぜひ見て欲しいです。徹子さんが生まれる前からのスタートに少々戸惑いはしましたが、好感もてるつくりにはなっています。

前作の良くも悪くも刺激的で話題になったやすらげない作品が好きな方には困惑するでしょうが、前作をリタイアした方もとりこめそうで、今後に期待できます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク