SPドラマ【地味にスゴイ!DX】視聴率とあらすじ!続編はまたあるのかと思わせる結末!?

日テレで、2017年9月20日(水)にSPドラマで放送された【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】。

2016年秋に連ドラで放送された、地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子がSPドラマで待望の復活を果たしました!

今回は、『Lassy』の編集者として働く中の様々なピンチに奮闘するお話です!

SPドラマ【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】の視聴率あらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】視聴率

平均視聴率は10.4%でした!

2016年の連ドラのときも、全話2桁超えを達成しています。

SPドラマを待ち望んでいた視聴者の方も多かったみたいです!

【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】あらすじ

悦子(石原さとみ)が校閲部から『Lassy』編集部に異動して一年。

幸人(菅田将暉)との交際も順調で、充実した毎日を送っていた。

そんな中、『Lassy』に凄腕の新編集長・二階堂(木村佳乃)がやってくる。

彼女は、出版社を渡り歩いて数々の雑誌を立て直してきた凄腕編集者。

出版不況の波にさらされて部数が低迷する『Lassy』のテコ入れのため、呼び寄せられたのだった。

二階堂に逆らわない方がいいと言う森尾(本田翼)の助言を聞かず、悦子は「奥多摩オトナ遠足」という特集記事の矛盾を二階堂に指摘。

しかし二階堂は、ファッション誌に厳密な校閲は必要ないと言い切る。

悦子はストレスのあまり、久しぶりに校閲部に顔を出す。

茸原(岸谷五朗)ら校閲部の面々は、悦子を温かく迎える。

悦子は記事の内容を確認するため、米岡(和田正人)、藤岩(江口のりこ)と一緒に奥多摩観光をすることに。

そこで悦子は、事実確認をしただけでなく新企画を思いつく。

その企画が採用され、悦子は二階堂から期待を掛けられるようになるのだった。

一方、幸人は貝塚(青木崇高)から、新人編集者の花恋(佐野ひなこ)を紹介される。

貝塚が景凡社創立50周年記念本の編集責任者を任されて多忙になり、代わりに花恋が幸人の担当編集を務めるという。

幸人の大ファンだという花恋は、幸人の身の回りの世話をするように。

幸人と花恋の急接近に、気が気ではない悦子。

そんな中、二階堂が『Lassy』廃刊とウェブへの完全移行を発表する。

しかし、悦子は、二階堂の方針に反対。すると、二階堂からクビを言い渡され…。

その場にたまたま居合わせた校閲部の部長に「1週間預からせてくれないか?」と提案し、悦子に1週間、『Lassy』の編集部で働くか校閲部に戻るか、考える猶予をくれたのだ。

悦子は早速校閲の仕事に取り掛かった。

その校閲をしていく中で、悦子は暗号があると説いたのだった。

過去作も踏まえ、全部調べていくと全てハート型が関連している観光名所が浮上してきた。

そして悦子は、作者の元妻の二階堂と結びついたのだ。

二階堂に元夫の想いが伝わり、気持ちも改めることができた。

そして、校閲部に戻る事を決意した悦子に二階堂は、新しく雑誌の校閲の仕事があると話し、晴れて悦子は校閲部の雑誌を担当する事になったのだった。

【地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子DX】感想

2時間のSPドラマでしたが、沢山の悦子のファッションにも注目でしたね!

石原さとみさんの可愛さが際立っていましたね!

また、続編!?もあるのか気になりますが、ドラマでまた悦ちゃんが見れる事を待ち望みたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク