【ひよっこ】134話視聴率は21.5%!由香(島崎遥香)、富(白石加代子)の変化が泣ける

朝ドラ・NHK連続テレビ小説【ひよっこ】第23週(8/28~9/2)「乙女たちに花束を」

第134話(9月5日火曜日放送)の視聴率、あらすじ、感想!

有村架純さん主演、岡田 惠和(よしかず)氏脚本、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」

前回、昔の恋人の告別式に行く富(白石加代子)に、付き添うことにした鈴子(宮本信子)。代わりに、みね子(有村架純)が由香を連れてきます。よけいなお世話を思い切ってした背景にはヒデの言葉がありました。その頃、川本世津子(菅野美穂)さんは大変なことに…

今回は「ひよっこ」第134話(9/4放送)の視聴率、ネタバレあらすじ、感想をまとめます。

【ひよっこ】133話視聴率は21.5%!みね子(有村架純)の恩返しに視聴者は成長実感!
朝ドラ・NHK連続テレビ小説【ひよっこ】第23週(8/28~9/2)「乙女たちに花束を」 第133話(9月4日月曜日放送)の視…
【ひよっこ】のキャストとあらすじ!有村架純がNHK朝ドラ主演に抜擢された理由とは?
2017年春から放送となった連続テレビ小説【ひよっこ】。 東京オリンピックの時代、父が出稼ぎに行ったまま帰ってこなかったことを…
朝ドラ【ひよっこ】後編の追加キャストとあらすじ!竹内涼真×ぱるる×菅野美穂ら豪華競演!
朝ドラ【ひよっこ】後編(7月~9月)の追加キャストとあらすじ! 朝の連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」も4月スタートから早や…
スポンサーリンク

【ひよっこ】第134話(9月5日放送)の視聴率

134話視聴率は21.5%!

朝ドラ【ひよっこ】全話視聴率と最終回ネタバレ!みねヒデ、有村架純と磯村勇斗の恋の結末は?
朝ドラ【ひよっこ】の全話視聴率と最終回ネタバレ、あらすじ! 2017年前期(4月~9月)のNHK朝ドラはヒロインに有村架純さん…

【ひよっこ】第134話(9月5日放送)のあらすじ

留守の鈴子(宮本信子)に代わり、すずふり亭のランチタイムを手伝った由香(島崎遥香)。みね子(有村架純)や省吾(佐々木蔵之介)が、疲れ果てた由香をねぎらっていると、鈴子が帰ってくる。久しぶりに会った由香に、鈴子は「家族の話」をしようとするが…。昔の恋人に別れを告げた富(白石加代子)は、若き日を思い返しながら、ある決心をする。そのころ、世津子(菅野美穂)はスキャンダルが原因で窮地に立たされていた。

出典NHK

疲れすぎて「家族の話しはまた今度」とそらす由香。助っ人としてお礼をいわれる。

なぜ近所にいたのか。由香はつまってイチコに会いにきたとごまかして外へ。

みね子は気にかけて追いかけて声をかけた。みね子は本当に働き者だと褒めた。由香はおへそが脇についているという。

みね子「意味がわかんない」由香「へそまがっりってこと」

「やっぱしわかりにくい」「ありがとう」

お団子を渡せばよかった、と鈴子は悔やむ。・・・「大丈夫ですよ、柏木堂で働いてんですから」みね子は思わずばらしてしまった。

鈴子と省吾は2人きりになり、柏木堂までは戻ってきてくれたことにしみじみと思う。由香が小さいころ、店を手伝ってくれたことを回想する。楽しかったかと鈴子に問われうなずく省吾。今度はこっちの番だと2人は話す。

富(白石加代子)のある決心とは、新しい私。緑色のワンピースを着て「恋でもしようかしらね」とおどける。「まっかに燃えた太陽だから~♪」あかね荘のみんなで歌うのだった。

富を見て人は変われるのだとみね子は思い…、世津子を助け出す決意をしていた。

【ひよっこ】第134話(9月5日放送)の感想

【ひよっこ】第134話(9月5日放送)のまとめ

こんなにも人は変われる!

富さんが明るい服と笑顔で、由香と家族の関係が修復されそうで…でも元治さんが変わってないのは、それはそれでいいのか。

富さんの前に愛すべきマイペースな男、元治さんについて

「まぁな。成長止めてるかならな。オレが成長しないことで、この店はバランス取れてんだよ」

以前、「人と比較しない」と元治さんは自慢していました。成長しないことは悪いように思われるけれど、向上心むき出しも重い。過去のつらいことを抱えているようですが、ひょうきんでいることは実はすごいこと。

前回はみね子に「何もないです」とオチにつかわれていましたが、いつも場をなごませてくれる貴重な存在です。

今回は何といっても富さんが話題でした!

綺麗な緑色のワンピース。そのまま「あさイチ」にもゲスト出演されていました。

人生はいつだって変われる!と朝からほっこりした視聴者は多数です。

鈴子さんが「大丈夫、おそばおかわりしてたから」って、「泣きながらごはんを食べたことのある人は生きていけます」というドラマ「カルテット」を思い出した人も多いのでは。

ああ、回想シーンでも蕎麦屋シーンが観たかったところです。

変わることと変わらないこと――

由香がオムライスを美味しそうにみつめるのは変わらない。

元治も働き方が自分のペースなのは変わらない。

由香は無理矢理、すずふり亭にはもどりませんでした。(もどれなかった)…自分ができる精一杯の距離が柏木堂さん。

ある一部上場企業の社長が「『無理』というのはですね、嘘吐きの 言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんです」と持論をテレビで述べたことがあります。視聴者から批判が殺到したわけですが、スポ魂のような世界も成長には必要です。

けれど変わるときはその時がそれぞれあっていいし…

由香のようにできる努力をすれば、いつか見てくれているみね子のような人との縁があるんだな、とひよっこの流れから、縁や出会いを感じます。

要するに、個人的には無理していない元治さんに癒され、ちょっとだけ無理した由香にホッとさせられしまうのです。(甘いといえば甘いのですが)

さて、5日にクランクアップの会見があって、ひよっこ全体を総括するツイートも多くなりました。

素敵な優しさにあふれた物語に惹きつけられます。最終回まで見逃せません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク