【刑事7人】第7話の視聴率は8.9%!天樹(東山紀之)が追った父娘の真相に視聴者涙!

ドラマ【刑事7人】第7話のあらすじと視聴率!

東山紀之・主演の刑事ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」第7話が8/23(水)にテレビ朝日系で放送されました。

第2話で山下巧(片岡愛之助)が拉致!第3話の“吸血鬼”、第4話の“笑う男”。第5話は死んだ男の謎。第6話は天樹(東山紀之)の妻子の事故の真相が判明。二桁の視聴率はキープ中。

臨海エリアの黒幕との対決、山下の生死と今後も注目。

今回は【刑事7人】第7話の視聴率、あらすじ、感想をまとめます。

【刑事7人】第6話視聴率は13.0%!復讐に共感?天樹(東山紀之)の妻子の死がひどい!
ドラマ【刑事7人】第6話のあらすじと視聴率! 東山紀之・主演の刑事ドラマ「刑事7人 第3シリーズ」第6話が8/16(水)にテレ…
ドラマ【刑事7人第3シリーズ】のキャストとあらすじ!東山紀之ら7人が臨海エリアに再結集!
7月12日スタート!!ドラマ【刑事7人第3シリーズ】のキャスト・あらすじ・みどころ テレビ朝日系で2015年、16年と続い…
スポンサーリンク

【刑事7人】第7話の視聴率

第7話の視聴率は8.9%!

前回より4.1ポイント減!

【刑事7人シーズン3】の視聴率と最終回ネタバレ!東山紀之が対決する闇の存在は内部か!?
ドラマ【刑事7人シーズン3】の視聴率と最終回ネタバレ! 東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが帰ってくる!…

【刑事7人】第7話のあらすじ

大地主・馬久根恒義(山本學)が強大な力を持つ臨海エリアでは、マンション投資会社が“新たな勢力”として台頭。その会社が所有する空き地で、女性の白骨死体が見つかった。当初、被害者は頭頂部を殴打されて即死したとみられていたが、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)の見立ては違った。なんと、被害者は土に埋められた後、一度蘇生していたというのだ! 天樹悠(東山紀之)ら「第11方面本部準備室」の面々はさっそく捜査を開始。公開捜査用に遺留品の写真を撮った水田環(倉科カナ)は、服装にそぐわない“子供っぽいペンダント”に違和感を覚える。

まもなく、被害者はすでに死亡扱いとなっている富樫弘美(菅井玲)だと判明する。弘美は7年前に失踪。富士の樹海近くに遺書が残されていたが、遺体はとうとう見つからず、この春に失踪宣告がなされていた…。天樹はすぐさま弘美の実家を訪問。弘美は女優を目指し、オーディションを受け続けていたが、ついに夢は叶わなかったことを知る。しかしその直後、当時の交際相手・笹本豊(比留間由哲)から矛盾する証言が飛び出す。天樹らは笹本が怪しいとにらみ、捜査を続けるが、“予想外の事態”が発生し…!

そんな折、女優・泉千穂(青山倫子)が所属する芸能プロダクションに、笹本が電話をかけていたことが発覚する。なんと、千穂と弘美の間には“浅からぬ接点”があった! 天樹は聞き込み対象を広げ、捜査を続行。どういうわけか、川添雄二(北見敏之)という工場勤務の男性にただならぬ興味を示し…!?

引用テレ朝

【ネタバレあり】

「矛盾する証言」とは2点。

1つは、笹本の評価。富樫弘美の母によると笹本は樹海で一緒に弘美を探してくれた方なのに、高校の友人の証言では笹本は弘美にしつこくつきまとっていたとのこと。

2つ目は、自殺の動機。母は娘は女優の夢がやぶれたというも、行方不明直前に大きな舞台の主演に合格したのに(母には誕生日サプライズのため秘密)自殺したこともおかしい。

「“予想外の事態”が発生」とは犯人候補・笹本が殺害されたこと。一体だれが?

白骨死体で発見された富樫弘美。彼女の母の元へ行った天樹は、女優・泉千穂が弘美の親友であると聞き、泉の実家の住所も聞く。

泉千穂の母は下村姓で、夫・川添の暴力で離婚していた。夫が出所後に娘をつけていたので娘に芸名をつかってもらった。

天樹は川添の勤める工場へ行ったがオーディションのためいなかった。しかし娘の写真や絵、泉千穂のスクラップブックを発見。同僚によると川添の宝物だという。

オーディション会場にて…

泉千穂「あなたの人生で一番後悔していること何ですか」

川添「自分の弱さに向きあえず家族を失ったことです」

笹本が富樫弘美を殺害し、泉千穂のペンダントと一緒に埋めた。

その笹本を殺害したのは川添。父の犯罪をマスコミにばらすと脅された娘・泉千穂を守るために。

泉千穂「あなたの存在は誰も苦しめない。娘はとっくに許していると思いますよ。お父さん」

泉は高校入学祝いの父からのペンダントを思い出す。しかし、川添はオーディションの審査員に辞退を告げて、立ち去り、天樹たちが逮捕する。

涙し見送る泉千穂に天樹は「生きていればまた会える」と告げるのだった…。

【刑事7人】第7話の感想

泣く人続出? 好評ツイートまとめ

つっこみあり!? 不評ツイートまとめ

【刑事7人】第7話のまとめ

泣かされた視聴者多数。

父と娘の想いが通い合うシーンは胸が詰まります。

しかも、「生きていれば…」を天樹が言うと重いです。

妻子ともう会えない天樹さんですから。

全体は良かったのですが、疑問点としてあるのは、娘を守るなら笹本を口封じに殺害しないで警察にいけばよかったのではという点。

笹本は富樫弘美の殺害犯なのだから。

泉千穂をゆする際に笹本が白状してしまっていて(父・川添も立ち聞き)驚きです。

あらすじでは省きましたが富樫弘美殺害は登頂部を殴打。笹本殺害は後頭部を殴打。泉千穂の身長では不自然。その身長差も推理のヒントで面白かったです。確実な証拠にはなりませんが。

富樫弘美が自殺と見せかけられたのは、台本の台詞を書いて持ち歩いていた!? なんという仰天な偽装工作。推理ものが好きな方は役者という点で予想できたようでしたが。

そして土の中でまだ生きていたことは何だったのか。伏線として生かされてなかった、ミスリードにもなってないような…。

笹本は7年前、小劇団を渡り歩いていて主役に受かった富樫弘美をねたんでの殺害か。そこは展開が速すぎて動機がわかりにくかったです。

と残念な点もありますが、川添がオーディション形式で人生を語りながら告白する構成は引き込まれましたし、主役を殺害してブレイクのきっかけとなった女優さんが一番得をするのであやしすぎでした。開始30分で女優・泉千穂で犯人は決まりと視聴者にも思わせてからのどんでん返し、よかったです。犯人っぽい人は犯人じゃないパターンです。

勝手に行動して父・川添の行動を突き止めた天樹・青山コンビ。いつのまに当時の台本を調べたのか。遺書とおなじ台詞があるなんて。高円寺の防犯カメラに川添も発見。

高円寺といえば2023kc5の暗号もあって興味深かったです。それで笹本と泉千穂が会う場所も突き止めたのですが、20日23時K=高円寺、c5=地図での場所=小劇場近辺…笹本の勤め先・不動産屋のホワイトボードにヒントがあって天樹が推理。

天樹たち活躍したのかと疑問のツイートもありましたが、前述のように活躍していました。勝手な行動ですが。

視聴者のつっこみも多いですが、謎あり、どんでん返しありで見応えはある第7話でした。

全部で何話かはまだ不明ですが、前2シーズン同様全9話ならば残り2話。大詰めです。山下さんの行方がそろそろ気になります。今後も注目です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク