【過保護のカホコ】6話あらすじと視聴率! カホコが麦野初に出した2つのお願いとは?

スポンサーリンク

【過保護のカホコ】6話の視聴率

【過保護のカホコ】6話の視聴率は10.9%。

前回より1.2ポイントダウン。前回が過去最高だっただけに大きく落ちた感じがしますね。
3話でカホコがキレるシーンが話題になりましたが、その後の展開が大きく進展しないのが少し物足りないかもしれませんね。

【過保護のカホコ】6話あらすじ

母・泉(黒木瞳)が突然家を出て行ったことでカホコ(高畑充希)と父・正高(時任三郎)は家事がうまくできずに家はメチャクチャになっていました。

そんなとき、祖母・初代(三田佳子)から電話があり、泉が実家に帰っていると連絡を受けました。泉が出て行ったのは自分が必要ないと感じ母親として寂しかったからだと伝えます。

そのことを麦野(竹内涼真)に相談したところ「いずれ戻ってくる」と言われます。一方、麦野からも前回交際宣言をしたことを確認され麦野に2つのお願いをします。

一つは「下の名前で呼ぶこと」もう一つは「好きだということ」でした。しかし麦野は照れてしまって、はっきりということができません。

その後、泉を説得するために正高は泉の実家を訪ねました。しかし口をきいてもらうことさえできません。そこに泉の妹・節(西尾まり)が現れます。夫・厚司(夙川アトム)が娘の糸(久保田紗友)が自分たちに反抗したのは自分の育て方が悪いと言われたということでした。
結局説得するタイミングを逸した正高は、そのまま家に帰ってきました。
翌日、再度泉の実家を訪ねた正高ですが、また口をきいてもらえません。そこへ泉の妹・環(中島ひろ子)がやってきました。そこに環の夫・衛(佐藤二朗)と節の夫・厚司がやってきて結局ドタバタになり、またしても説得するタイミングを逸した正高でした。
カホコに報告をしていた正高でしたが、今度は正高の父・正興(平泉成)がやってきました。娘の教子(濱田マリ)のことで祖母・多枝(梅沢昌代)に怒られて家を出て来たようです。
家族関係がギクシャクしていることを麦野に相談するカホコ。「お前の家族のことだから、sぐに元に戻る」という麦野。
前回カホコにお願いされた下の名前で呼ぼうとしていた麦野ですが、そこにカホコの従姉妹の糸がやってきました。
糸に家族と仲直りしてほしいというカホコに「初くんを譲ってくれない」と言います。「ごめん、譲れない。モノじゃないしカホコも初君のこと好きだし」とカホコが言うと糸は麦野にも「カホコちゃんが好きなの?」と詰め寄りますが麦野ははっきりと言えません。
あきれた糸は出て行ってしまいます。
カホコが家に帰ると自宅に厚司と衛が来ていました。そこに祖父・福士(西岡徳馬)までやってきました。話をしている中でカホコに奥さんに戻ってきてくれるように話してほしいという男性陣。
それを聞いたカホコは「こうしてウジウジしている皆は嫌い」と言い全員で泉の実家に行きました。
女4人でくつろいで昔話をしている泉たち。話の中でカホコだけは自分を必要としてくれていたと話す泉。話を聞いていて出にくくなった男性陣を祖母・初代が呼びます。
泉に対して「ママも私と同じ女の子だったんだね」と言って謝るカホコ。「せめてカホコのメッセージぐらい見てくれ」という正高の言葉でカホコのメッセージを読む泉。
そこには、「ママ、大好きだよ」のメッセージがたくさんありました。涙ぐんだ泉は部屋から出て行ってしまいます。追いかけようとするカホコと正高を初代が止めて「明日になれば必ず帰る」と宣言します。
麦野に報告をするカホコですが、まだ帰ってこない母にメッセージを送ります。そのときに麦野が耳元でささやきます。「大好きだよ、カホコ」。心の準備ができてなかったからもう一度言ってというカホコに対して「付き合おう」と麦野に言われて喜ぶカホコ。
そして、家に泉が帰ってきました。テキパキと家を元通りにする泉。そして「これからはお互い自由にやりましょう」と宣言します。そこでカホコも「わかった、ママに認めてもらえるように頑張る」と宣言します。
母が帰ってきたことを祖母に伝えに来たカホコですが、そこで電話の内容を聞いてしまいます。祖母・初代が間もなく死ぬということを・・・。

【過保護のカホコ】6話の感想

今回、一番意外だったのは麦野が好きだという言葉をはっきりと言えなかったことです。たしかに日本人男性は照れ屋が多いので苦手な人も多いでしょう。

ただ前回、両親の前ではっきりと交際宣言をした麦野だったので意外でしたね。

逆にカホコは麦野に対しても母に対してもはっきりと「大好きだよ」という言葉を言えますね。純粋培養で育ったカホコだからこそ余計なことを考えずに自然に言えるのかもしれませんね。

カホコのメッセージで気持ちが通じて帰ってきたと思った泉でしたが、まだまだ意地を張っているのでしょうか。

また、家族のまとめ役だった祖母・初代の死が近いというショッキングな展開でしたが、これからどうなっていくのでしょうか?

【過保護のカホコ】6話のまとめ

日本人は「大好き」という言葉を使うことが苦手ですよね。それは恋人同士だけじゃなく家族に対しても。

今回はカホコが麦野に「好きと言ってほしい」と言ったことや泉に送ったメッセージから「大好き」と伝えることがテーマだったのではないでしょうか?

心で思っていても言葉にしないと、はっきりとは伝わりません。「言わなくてもわかるだろう」と思っていても言葉にすることが重要だということだと思います。

ドラマ【過保護のカホコ】全話視聴率と最終回ネタバレ!過保護に育った箱入り娘が家族を救う
日本テレビ系の2017年水曜夏ドラマ「過保護のカホコ」が7/12に始まりました。 主演は演技力に定評のある高畑充希さん、脚本は「家…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク